ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

カテゴリ:女流書家( 52 )

受賞式記念品

6月23日に東京に日本書道教育学会の授賞式に参列し、立派な記念品を戴きました。

a0098174_23492868.jpg

a0098174_23495928.jpg


権威的な事柄は好まない私ですがが、長年の地道な書道教室が功績として認められたことは、自分の長い書人生を振り返るという意味で感慨深いモノがありました。

書道教室では、教え子二人が私の教室の一つを引き継いでくれたり、志望通り小学校教師として書道を活かしていたり、書家として海外で個展をするという希望をもっていたり、、、♡

希望が叶うようにと出来る限りの指導、指南をアドバイスしますが、彼女らの人生に関わってしまっている、と思うと、重い責任感を覚えずにはいられませんね。

「小阪先生のようになれるように頑張ります!」と聞くと、私は若い彼女らの人生に「私の書の道のあり様がどのように映っているのかしら、影響を与えたのかしら~と多々考えずにはいられません。


書道が好き♡」・・・それだけで良いと思います!

人生に於いて「好きなもの」が見つけられるって、本当に素敵な事だし、頑張れると思うな~\(^o^)/

好きな事を頑張れるのは「才能」ですね!(^^)!


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-07-09 23:45 | 女流書家 | Comments(0)

書友クラブ奈良

梅雨と言うのに、神戸では雨らしい雨は降っていないですね~

天気予報が当たってないですね~

全国的には豪雨、雷雨の激しい地域もありますね。
お見舞いを申し上げます。

6月も明日は20日、
やっぱりカレンダーが満杯になりました(゜o゜)

何でかな~

23日の東京での書学院表彰式に着る和服の用意、コーディネイト、ホテル、新幹線の手配等を含めて、

結局自分のやりたい事で日程が詰まっているんだけど、書道に関しての自分の神経も煮詰まって、、、、、

本当に毎日を一杯いっぱいですごしてる・って感じ。。。。。

そんな中での楽しみは?
やっぱり「書」。だけど、正直、音楽、旅行、グルメ、ショッピングで息抜き。。。。。

それと「お花」♡

お花は疲れている人の「気」を吸って、枯れて行く「儚く優しすぎる存在」

a0098174_1652457.jpg


そんな優しい人になりたい。。。♡♡

a0098174_16534057.jpg


BS3で「ベランダー男子」って番組があって、チョッとこだわりがきつくてしんどい面もあるけど、クスッと笑えて面白い。


明日は大阪書学院時代の書友が奈良で「書友クラブ奈良・書道作品展」に出品されるので拝見に行って来ます。
彼女は文部科学省認定通信教育実施団体・日本書道教育学会通信教育部」の役員をしていて、書作と会展の運営に奔走している、パワフルで美しい女性です。
私の個展にも必ず来て「美鈴さん、すごいわー、刺激になったわ~!(^^)!」と言って奈良へ帰って行きます。
大好きで、尊敬しています。

「書」を続けて来た私の人生に思いを馳せています。
色んな方々と出会い、助けられ、阪神タイガースの藤波君の言葉を借りれば、「必死のパッチ」で走って来ましたね~

明日は旧交を温めてきます♡

近鉄奈良迄は、阪神電車の直行便があるから、便利になったわ~\(^o^)/


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-06-19 17:21 | 女流書家 | Comments(0)

レモンの花

嬉しいことに白いレモンの花が1輪咲きました♡

カイガラムシに取りつかれた枝に薬剤を吹きかけ、枝を切り落とし、長い冬の間、寒さにかまけて放ったらかし状態になっていたレモンの木~
本当に一本の棒状態になってしまっていました(-"-)  
レモンの木様、ごめんなさーい。。。

a0098174_17472683.jpg


咲いてくれてありがと~♡
大きな黄色いレモンの実を見せてくれる迄、ずーっと気に掛けるからね~♡

小阪美鈴オフィシャルHP

スマホでmisuzu-ismのHPを見ていてくださる皆様、いつもありがとうございます。
フラッシュ対応が出来ていなくてHPの TOP PAGEフラッシュ映像が見れなくなっています。

iフォンでは元々対応してなくて見れなかったのですが、アンドロイドでもそうなっているようなんです。

私も先日、新しいスマホ、AQUOS ZETA SH-04Fに変更して気付きました^_^;
パソコンで見て頂ければ嬉しいです♡
[PR]
by shobirei | 2014-06-08 18:06 | 女流書家 | Comments(0)

そらはれわたる

今日から6月。季節の移ろいは早く感じられます。

カレンダーをチェックすると、月初は、空欄が多いのに、アッという間に日々の予定が詰まってしまう。

教室の事務、手本書き、挨拶状を書いたり等、室内作業が主ですね。
依頼を頂いている作品の構築、資料の研究、ネタ本を読みなおす。
毎日、筆と格闘ですね~

そんな中、今私を和ませてくれる作品は、賢治の辞世の句、「そらはれわたる」です。
a0098174_0575292.jpg



22日~24日は、東京へ行きます。23日に所属している日本書道教育学会から「優秀支部長・総務」の表彰をしていただけます。
数年来、ご案内をいただいていたのですが、今年は月曜日なので行けますね~
ついでなので、東京を歩いて来たいと思っています。

勿論、HAL YAMASHITA 大手町に行ってきま~す。拙書2点が掛けられていますから♡

こんな感じで、またもや、予定満載の予感。。。!

入梅も近いとか・・・・・

新緑のあおぞらを見上げてみましょう~\(^o^)/

小阪美鈴オフィシャルHP

HP更新、遅れててごめんなさい。
soon,みてくださいね!(^^)!
[PR]
by shobirei | 2014-06-01 01:26 | 女流書家 | Comments(0)

外ご飯

家族、友人、知人、仕事関係の方々との外ご飯は結構ありますね~

神戸は「食」に関しては凝縮されていると思いますよ(*^^)v

先日、須磨大丸で、明石、淡路でとれとれの「鯛」を奨められました。
鯛一匹を半身をお刺身に、半身を切り身にしてもらいました。
お刺身と、煮付け、勿論あらだきも!(^^)!

美味しかったわ~  これぞ「鯛の刺身」って感じ♡

水曜日にホテルオークラ神戸のお寿司「はま磯」でランチしました。
神戸は明石、淡路が近く、ここでも美味しい鯛に遭遇しました(*^_^*)
身がねっとりしていて、鯛の味って「これ!」

a0098174_2333049.jpg

空気感が綺麗で、リラックスして戴きました。
リピーターが多いと思いますよ。

明日は、神戸市立博物館「北斎展」に行きます。

NYのコロンビア大学での「倫敦塔」受賞記念式でお会いした方と久しぶりに再会します。

その後、「なだ番DINING」でランチの予定。
なだ番DININGは、HAL YAMASHITA 氏の神戸店で~す♡

皆様、美味しい日々を~\(^o^)/

小阪美鈴オフィシャルHP

只今HP更新工事中、乞うご期待♡♡♡
[PR]
by shobirei | 2014-05-29 23:48 | 女流書家 | Comments(0)

5月13日神戸新聞夕刊「がんよろず相談承ります」のコーナーで拙書が掲載されました。

このコーナーは毎週火曜日の夕刊に連載されています。

甲南病院病理診断科部長・がん相談外来担当の 村尾眞一先生が,患者さん一人一人に温かい目を持って記事を書かれています。
a0098174_23354737.jpg

「ゆったり ゆっくり にっこり  que sera sera」

この拙書は3月「第6回日本がん楽会美術展」にチャリティー出品した作品です。
ご購入して下さった方がいらして、少しでも協力できたかも・と思っています。


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-05-17 00:58 | 女流書家 | Comments(0)

母の日

昨日は母の日

5年前に母を亡くしましたが、今でも実家に帰ると妹と「母のしぐさ、言動、所作」の話になると二人で涙ぐんでいます。

妹は一人になって、やっと平常の精神を取り戻したように見受けられます。

ささやかな白と紫のカーネーションを持って実家に帰りました。
a0098174_12485959.jpg


母が死んだ1,2,3」として2009年8月にブログに書き残していて良かった・・・と思っています。

母は、二度も未亡人になりながらも、父を愛し続け、父を亡くしてからは「早くお父さんの処へ行きたい・」と何度も言っていたのを覚えています。
後を追うように、1年4か月で父の元へ。
今は二人の夫、ご先祖様と、奥出雲の小高い丘にあるお墓に眠っています。
チョッと、羨ましいです。

母の生涯は娘の私から見ても「情愛が深く、気位の高い女」でした。
母自身は、「わたしの一生は小説になる。」と言っていましたね~
詳しくは話してくれませんでしたが・・・・・・・


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-05-12 13:15 | 女流書家 | Comments(0)

書のある器

今日は、自作の文字をあしらった器をUPさせて頂きます(^.^)

a0098174_23353414.jpg
a0098174_23354971.jpg


ちょっと深みのあるこの器は、お惣菜を入れたり、果物を置いて、コンフォートとしても品よくおさまってくれます。書いてある文字は「歓」です。

次は「集」の文字のあるお皿です。
このお皿は、取り皿として、毎日活躍しています♡
a0098174_23412388.jpg

a0098174_2342158.jpg


「歓び」や「集まり」のある日々って素敵だと思います(*^^)v

書のある空間を現代の暮らしに取り入れることは、「落ち着いた」感をもたらしてくれています。


お気に入りに囲まれて暮らす・良い感じですねー

花瓶とかにも、釉薬を考えながら絵付け、デザイン、書付けに苦心しながらも、焼きあがると嬉しかったり、イマイチだったり。。。

気に入らないと展示したり、使ったりは出来ないですね!
「美意識は心」ですからね!(^^)!


美について、長文ですが、引用させていただきます。
1]『美』

美とは、価値観念、価値認識の一つである。人類において普遍的に存在する観念であり表象であるが、文化や個人の主観の枠を越えて、超越的に概念措定しようとするとき、明確に規定困難であり、それ故、美には普遍的な定義はない、とも形容される。しかし、美は感性的対象把握において、超越論的に人間精神に刻印された普遍概念であるとも解釈できる面を持っており、美の定義は発散するが、美の現象・経験は世界に遍在してあるという存在自体が成立する。・・・・・

美という言葉の多様性:哲学における「美」の概念と、それがいかなるものであるのかの議論は、・・・・「美しい」とは何を意味しているのか、「美」という言葉が持つ「意味範囲」のある程度の明確な把握を前提とする。

例えば、古典ギリシャ語における「美(Kalon)」という言葉は、通常の国語としての日本語で使う「美」の意味とは異なる意味範囲を持っているのであり、同様に、ラテン語の「美・美しいこと(pulchrum)」も、古典ギリシャ語の「カロン(美)」とは、また違う意味範囲を持っている。異なる言語のあいだで、まったく同じ意味内包を持つ言葉はそもそも存在しないのであり、プラトンが「美」について何かを論じている場合、それは古典ギリシャ語の「カロン」について語っているのだということは重要である。

「美」に関連した概念として、「徳」という価値概念が、プラトンによって論じられているが、「徳」に当たる古代ギリシャ語「アレテー」は、日本語の「徳」にはない特殊な意味があり、それは英語のVirtueにもまたないものである。しかし、ラテン語のVirtusは、「アレテー」の含意とほぼ重なる意味範囲を備えている。

このように、言語において同じ意味内包の言葉はないのだという自覚なしに、異なる言語での「美」に相当する言葉について論じられた思索や議論に言及することは、そこに危うさを伴っている。・・・・

漢字における「美」の含意:日本語で使われる「美」の文字は漢字であり、中国において二千年以上前に発明されたものである。この「美」という漢字は、「義」や「善」と同様に、一種の要素合成によって造られており、それぞれ上半分は、「羊」という文字である。「羊」と「大」の合成が「美」であり、「羊」と「我」の合成が「義」である。孔子の『論語』の中にも記されているが、「羊」は宗教的祭式において献物として利用された動物で、「犠牲の動物」の意味があり、そこから「羊」を要素とする合成漢字には、「犠牲」の意味が含まれている。あるいは、「犠牲」の意味を持つ概念を表現するために、これらの漢字は合成され造られたとも言える。

「義」とは「我の責任の限りの犠牲」という意味があり、「善」は、「儀式の祭具に盛る限りの犠牲」という意味があるが、「美」とは「大いなる犠牲」である。この場合の犠牲とは、「自己犠牲」であり、共同体の運命などに対し、人間として行える最大限の犠牲、つまり己が命を献げるという含意があり、言い換えれば、人の倫理の道において、最も崇高な行いが「美」であったのである。
(以上、Wikipediaより)

2]美学

検索辞書:大辞林には、

美学とは、美の本質や諸形態を、自然・芸術などの美的現象を対象として経験的あるいは形而上学的に研究する学問。現在では芸術学ないし芸術哲学が主であるが、もとは感性的認識を論ずる哲学の一分野であった。補足として明治期には「審美学」とも言った

と出ています。

現在わが国の芸術学部などでは、美学概論として美学の基礎を築いたドイツの哲学者イマヌエル・カント(1724-1804)の『判断力批判』から学ばせるところも多いようです。そして『美学』という本を最初に出版したのは、同じドイツの哲学者アレクサンダー・バウムガルテンで1750年のことであるとされています。

日本語Wikipediaの『美学』の項の中に、『日本の美意識』の説明がありますので引用したいと思います。

近代以前の日本には、西洋のような一貫した形での思索の集大成としての「美学」はない。しかし、いき、わびなどの個別の美意識は、古くから存在しており、また茶道や日本建築、伝統工芸などを通し、さまざまな形で実践されてきた。

また、歌論、能楽論、画論などの個別分野での業績はあるものの、孤立した天才の偉業という色彩が濃く、一枚岩の美学ではない。これらの美意識は、自然と密接に関連しているが、西洋美学は、近代以前はもっぱら「人間」を中心にすえた「芸術」のために発展した。

そのため、日本の美意識は、西洋美学の視点からは、十分に記述・説明することができない。近代以前の日本のものごとについて、「芸術」という視点を持つ美学から論じると、学問的文脈を無視した議論となり、慎重を期すべきである。日本人自身も、日本の美意識を、明快に定義・説明することが困難なのが現状である。今後、複数の視点を活かした研究が待たれる 。

以上、引用しましたが、一般的に書かれていますね。


個人、個人の「美意識の世界観」があると思います。
身も心も環境も「美」を持って尊し、としたいですね。

チョッと堅くなりましたか? ごめんなさい、でも、とっても大切な「心」なんですよね。





小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-05-09 00:06 | 女流書家 | Comments(0)

筍をいただきました

昨日、友人が姫路の太子町で掘った、新鮮な筍を頂きました~♡
a0098174_121844.jpg


早速茹でて、一晩放置して、寝かせました。
a0098174_1221815.jpg



さてと、どんな調理にしよーかな~

王道の筍ご飯と、わかめとの炊き合わせは、外せませんね。

あとクックパッドで検索してみようと思っています!

昨夜は、新装開店のお寿司屋さんに行ったのですが、ビール、ワイン、冷酒、ワイン、冷酒・と調子に乗って飲みすぎてしまいました。

帰宅してからは・・・・・御想像におまかせいたします~(>_<)
こんなの、何年振りかしら~~~~~
深夜目覚めたら、頭痛ガンガン、あー明日は久しぶりの「二日酔いかー」と覚悟して、再度就寝.。o○○o。.

目覚めてみたらあらら、以外と私、スッキリしてるわ~(-"-)

朝食もいつも通り、美味しい食パンを頂きました(今朝は、いすずの山食

でもまだ、アタマはボンヤリモード。。。。

そろそろ、スイッチをONにいていきまーす(*^^)v


書家は自分ペースで仕事が出来るから、何とかなってるねー(感謝)

臨書は勉強だから外せないけど、

創作は、ストイックに「多少の狂気を孕んだ創作モード」

ONとOFFを私なりに着替えてます。




小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-05-06 13:06 | 女流書家 | Comments(0)

くまもん苺・さがほのか

今日のデザートは、くまもんのパッケージに惹かれて買った「熊本いちご・さがほのか」

a0098174_038835.jpg


予想外(ごめんなさい^_^;)に甘ーくて、酸味が全くって言っていいほど無くて、「さがほのか」のファンになりました。
苺とリンゴは、高価でも中々「甘くて美味しい」って思える物に出会って無いのですが、お値段の割には満足でした~♡
アンデスメロンも丁度食べごろで、甘かったわ~(^^♪

それにしても、このコンデンスミルクって、なんでこんなにずーっと好きで飽きないのでしょうねー♡
この甘味、クセになりますよね~ 大好き!(^^)!

ゆるキャラってものすごい数があるみたいですね。

だけど、くまもんと、ふなっしーがサイコーーー♡

くまもんって、熊本県とは関係ないと思われる商品にも使われていますね」。
誰からも愛されて、癒されるオーラがいいね~

皆、疲れているのかも^_^;

日本列島GW狂想曲も、あと2日。

今夜は何か、気温が低く感じられます。
ご自愛くださいませ。

小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-05-05 01:12 | 女流書家 | Comments(0)