ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

a0098174_23201429.jpg2008、6月にスタートした伝統文化子供書道教室をが、新年1月11日の発表会を以て終了しました。

最終回をどんな「発表会」にすれば、私の意図した「書く」という作業のもつ社会との関わりを、子どもたちに印象づけられるかという点を考慮してカリキュラムを考えました・・・

21世紀を生きる未来ある子供たちにどんなメッセージを伝え、そしてこの日に書き遺してもらおうかと・・・

TVの映像から連日のように戦火の中の様子が流れていますね。
今は日本で当たり前のように平和に暮らしているけれども、これから大人になって、どんな事が平和の為にできるか考える人になって欲しい、そして‘夢’を持って実現のために鍛練をしてください・・・・と、伝えました。

リレー書道:一人一画を交代で書き、一字を完成させる。
*まず、4人ひと組で、色紙に‘夢’を四枚仕上げる。ローテーションで自分の色紙一枚を書いてもらったことになる。裏に四人の名前が入り、皆が書いてくれた一枚!と温かい気持ちになった。
*最後にふすま大の鳥の子和紙に‘平和’‘夢’と全員のローテーションで完成させた。各自の名前を書いて、大きな作品が出現した。
a0098174_23292572.jpg


a0098174_22371769.jpg
a0098174_2317584.jpg


a0098174_23232714.jpg


a0098174_2321760.jpga0098174_23252178.jpg
a0098174_2326572.jpg
a0098174_23265068.jpg

発表会終了後、お母様方から感謝の言葉をいただいた。
あるお母様は「自分も書道を習っていたが、いわゆる決まったお習字でした。こんなに色んな書道の世界があるなんて、びっくりしました。私が習った書道とは全然違って、本当に身近で楽しい書道を教えていただきありがとうございました!」と話してくださいました。

私も初めての文化庁委嘱事業経験でしたが、一人一人の心の中に、将来に繋がる何か・・・を残せたと思います。

無事に意義ある事業を終えることができましたのは、
小、中学校のご協力と、お手伝いいただいた、多くの善意のお陰・・・と深く感謝しています。

私ひとりでは、決してできなかったでしょう!

温かい善意、愛を教えていただきました。

  感謝。

日本書道教育学会
美鈴HP
[PR]
by shobirei | 2009-01-31 23:45 | 伝統文化 | Comments(0)

毛筆で手紙を作成する

a0098174_21424335.jpg
26日は手紙の文章と宛名書きの決まりを学習しました。

前もって、誰に出すのか、、大体の文章を考えてくるように伝えていましたが…

まずは、手紙の歴史・・・
難しいけれど、外せません。

書く前に相手、要件、目的をハッキリと持って、手紙文作成の順番を示しながら、自分なりの言葉を紡いでいきました。

(1) 時候の挨拶
(2) 安否の挨拶
(3) 感謝の文
(4) 本文…伝えたいこと
(5) 末文、伝言

*手紙は後に残るもの
*基本を心得て、相手の立場を思い、まごころを込めて、書きましょう
*きっと、相手の心に届くでしょう

と・・・以上の前置きをしていよいよ、自分の文章を考えていきました。

気候の挨拶等、中々、思いつかないので、多くの例文をしめしました。すると、次々と、
名文が表れてきました。
ホッと、するやら、感心するやら・・・
子供たちの潜在能力に大いに期待を持ちました。
やっぱり、指導者の大切さを思いました。


住所とか、揚げられないので、一部の文章を、掲載します。
どの子も、もうすっかり、小筆に慣れています。教育って大事ですね。
これは、一生の財産になりますよ。

a0098174_21425872.jpg
a0098174_21431396.jpg


今年、文化勲章を受けられた、ドナルド キーン博士は、「毛筆教育を最優先させるべきである・・・と、戦後の教育に本気で提言したが、受け入れられなかった。」と、NYのコロンビア大学でお会いした時に、私に語ってくださいました。
話は飛びますが、そんな経緯もあって、ダミアン フラナガン氏を通して存じ上げている、キーン先生の文化勲章ご受章を本当に素晴らしく、偉大な先生とお食事もできました事を、光栄に思っています。

日本書道教育学会
小阪美鈴HP

[PR]
by shobirei | 2008-11-06 21:48 | 伝統文化 | Comments(0)

魚崎の歴史文化を学ぶ

19日は郷土の歴史に詳しいN様に魚崎の歴史跡を教えていただきました。
いつも歩いている道が、いわれのある街道だったり、魚崎小学校発祥の覚浄寺も行きました。
震災で倒壊し、寺はありませんでした。

国道43号線は、魚崎の昔の「本通り」でした。今は震災で壊れたが、新しい阪神高速3号神戸線が頭上を走り、阪神間でも、交通量の多い道路です。
a0098174_2152079.jpg
a0098174_21545850.jpg
a0098174_21554259.jpg
a0098174_21562235.jpg
a0098174_2157180.jpg
a0098174_21573434.jpg
a0098174_21581948.jpg
a0098174_2158567.jpg
a0098174_21592640.jpg
a0098174_2202383.jpg
a0098174_2211346.jpg
a0098174_2215648.jpg

a0098174_2245654.jpg


熱心にメモを取る子もいて、難しいけど、何らかの思いは、各々の胸に残ったようです。

感想を、小筆で書きました。
かなり小筆に慣れて、配置もよく考えられるようになってきました。

潜在能力は学習によって、芽生えてくるのですね。

快く、案内を引き受けてくださった、N様ご夫妻、ありがとうございました。
良いお天気で、気持ちのいい一日でした。
 感謝。
[PR]
by shobirei | 2008-10-20 22:27 | 伝統文化 | Comments(0)

住所と名前を書く

10月12日は小筆で自分の住所と名前と文章を練習をしました。


小筆に「慣れる」事が目標です。
小筆で文章はもちろん、住所氏名を書くことは、大人になっても「敷居」の高いことだと思います。
故に、子供の頃から、小筆に慣れ親しんでおくと、大人になっても小筆が怖くないですよ・・・と指導をしています。

今回で6回目
a0098174_21161123.jpg
a0098174_2117344.jpg
a0098174_21173383.jpg
a0098174_2118083.jpg

a0098174_21235210.jpg

a0098174_21341629.jpg


今回は決まった文章を書きました。
だんだん慣れてきましたよ。


小阪美鈴サイト
[PR]
by shobirei | 2008-10-20 21:46 | 伝統文化 | Comments(0)