ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

バレンタインデー

今年もバレンタインデー狂想曲の鳴り響く時期がやってきました。

「LOVE&PEACE」は世界の願い・・・

「愛」は全ての源・みなもと・・・

「花と爆弾」の小橋かおるさんのBLOGをご紹介します。

神戸大丸、中華街界隈風景
a0098174_22203483.jpg

a0098174_22223158.jpg


雪の舞う日々ですが、「愛」で温かくなってね。
[PR]
by shobirei | 2008-01-28 14:02 | 神戸の女流書家 | Comments(1)

白い冬

神戸でも雪が降りました。
温かい部屋で降ってくる白い雪を、シーンとした気分で眺めていると、気持ちが落ち着くのです。

何でかなー???って自問してみました。

多分、記憶には無いのですが、

鳥取の母の実家の霞神社で幼い頃、おばあちゃんと室内から人待ち顔で誰かの帰りを待っていたのだ思っています。

白川郷の真っ白な景色に心ひかれるのも、過去のDNAなのだと思っています。

雪篭もりしながら、愛のある暮らしをおくりたい・・・(コレ、潜在意識)

震災の頃も雪が舞っていました。
心には、ガーネットクロウの「この冬の白さに」がながれます。

*数えきれないやさしい思い出を
 この街で君がくれた幸福な時
 まだ色あせずに胸をさす
 強く生きるよ 
 旅立つ君がためらわないように
 強く生きるよ
 最後の雨が虹に変わるよ

 彼女の声、詩、凄いです。
ハートのある優しい男声かと思いました。
魂に響きます。

 いつかお知り合いになって「書」にできるかなー。

三菱UFJ信託銀行ショーウインドウに「震災の記憶・寒椿 この木も震度七を知る」を発表しています。
a0098174_1104449.jpg


小阪美鈴オフィシャルサイト
[PR]
by shobirei | 2008-01-27 11:14 | Comments(0)

13回めの2008,1,17
神戸六甲アイランド「オルビスホール」へ「KOBE MEETING」ライヴに友人7人ででかけた。
愛理さんとは2年前の長田アスタでの「震災復興KOBE MEETING」に、協力を申し出て以来のご縁です。

SUN-TV・「女流・神戸からの発信・LOVE&PEACE」を、愛理さんのコーナーで取り上げて頂きました。

拙宅での収録に立ち会ってくれた友人達は、愛理さんが「聡明で、アーチストならではの繊細な鋭い感性の持ち主」って、共感し、7人でライヴに行くことになりました。

当日は感動しました。
友人の一人はこんなメールをくれました。

[愛理さんのライヴは感動しました。
CDとは違った生のステージはパワフルで声量も
素晴らしく、また演出も流石ですね。
彼女はやはりプロです、一言一言にユーモアを
交え、観客を飽きさせません。
何事も続けるには、プロ根性と体力が必要であると
感じました、病気を持ってる事を感じさせない
気遣いなども感じました。]

また別の友人は

後半は愛理さんに、何か上から降ってきたね***
愛理さんの顔が変わっていたもの***
凄い声量とパワーで感動したわー

私も輝きたい・・・って本音もチラリ。
この友人は・・・見える人なんです。

心を動かす、感動を覚える・・・アートって素晴らしいですね。

又、別の友人も感動したから
4月11日の大倉山ホールも行こうねー って楽しみにしています。

「神戸の歌姫」を応援しましょう!!!!!

収益金は東灘区のレインボーハウスに寄付されました。

震災以来ずーっと続けるって凄いエネルギーです。
その生き様に私は、感動しています。

a0098174_111381.jpg


a0098174_112733.jpg

平松愛理オフィシャルサイト

小阪美鈴オフィシャルサイト
[PR]
by shobirei | 2008-01-21 11:29 | Comments(0)

SUN-TVニュースシグナル

新年5日からの新春書展「女流・神戸からの発信・LOVE&PEACE」の搬出を終えました。
多くの方々の貴重なお時間を割いて頂き、ありがたく、温かく、書生活冥利を体感させていただきました。

最終日の今日は、本当に「久しぶり」にお会いできた、感動の日でした。
20年も前からの書仲間が奈良から来てくれました。良きお仲間があってこそ、厳しかった修行時代をやり過ごせたのかも知れません。千字文の三体を徹夜して提出したこと、原稿用紙40枚の論文、高野切の再編、臨書、泊まり込みの錬成会など、若かったから、好きだったから、又周囲の協力があったから、何とか地味な書の鍛錬を積み重ねられたのかも知れません。友人も5月にはグループ展を40人で開くとか。奈良まで出かけていきますね。

被災したマンションの15年来の友人も訪ねてくれました。

佐野京子さんはじめ、新しいご縁、出会いをたくさん与えられました。
画家のk氏もお寄りくださいました。
感動の一日でした。

ーSUN-TV放映ー
17:00から「ニュースシグナル」平松愛理さんのコーナーで拙宅、拙書、インタヴューが放映されました。
新聞のTV紹介欄には「見どころ」としてpick upされました。大きな扱いに驚きました。
a0098174_22382039.jpg
a0098174_22385182.jpg


今日は「震災の記憶・4」の搬入、Tor Galleryの搬出と、時間勝負の中、17:00の番組は見ました! 搬出の梱包をH堂さんにまかせ、「すみません、TV見てきていいですか?」

3軒南の「木馬」の駆け込み、「すみませーん、TV見せてくださーい;」
マスターの小西氏は快くTVをつけてくれました。
特別美味しい「木馬」のコーヒーを飲みながら、食い入るように画面に見入りました。
a0098174_22484551.jpg
a0098174_22493266.jpg


a0098174_22514837.jpg
小橋さんも美しく映っていました。

愛理さんは拙書を「書の中にオーケストラを感じた」と音楽家としての感性から感じて頂きました。
聡明で繊細で純真な愛理さんは魅力満載の女性でした。
1月17日の平松愛理・震災支援チャリティーライヴには収録に立ち会ってくれた友人ら7人で行きます。(ワクワクしています)

女流展の報道もありました。
a0098174_2304457.jpg


ご尊敬申し上げる山本忠勝氏のご来場がありました。
初個展以来の恩人です。
時間をかけてゆっくり、拙書と対話してくださいました。お話をさせていただく中で、確かなバックボーンを実感することになりました。
私の書の道はまだまだ続く::::!

どんな感想を述べられるのか、黙って帰ってしまわれるのか、、、ドキドキしました。

なんという書の日々を与えられた事でしょう!
心臓の鼓動の高鳴りの内に「女流・神戸からの発信・LOVE&PEACE」の幕を下ろします。

幕の内側は、書家・小阪美鈴の「命・精神」が潜んでいます。

小阪美鈴オフィシャルサイト
[PR]
by shobirei | 2008-01-10 23:44 | 書家 | Comments(0)

SUN-TV収録風景

5日からTOR GALLERYに於いて「新春書展・LOVE&PEACE・神戸からの発信」展を開催しています。

「発信」が現実になりました。

初日5日11:00から、SUNーTVの取材がありました。14:00まで収録、インタヴューがありました。
予定されていた10日17:00からの「ニュースイヴニング」での放映と思っていましたが・・・

何と、収録当日の17時半から放送するとの連絡をいただき、驚くやら、あわてるやら;;;

「木馬」のマスターの小西さんの善意もあり、TVの前に駆けつけた時、すでに遅し;;;

見た人からのからの情報によると、17時半から40秒程、個展のニュースが映ったそうです(良かった)

早速、映像を送って頂きました。
a0098174_22565080.jpg

a0098174_22573971.jpg
a0098174_22583582.jpg
a0098174_22592284.jpg


DVD録画してもらいました。感謝です。

WEBからの発信、TVの発信、ほんとに感謝です。

明日からの4日間、お時間を頂き、ご来場くださる皆様との善きご縁を信じ、書の中に身を置いて「愛と平和」を実感したいと思います。

そして、書による発信の可能性を体験してみたいと思っています。

これまでは「内面、内観」を書に表してきましたが、
社会性を孕んだ言葉も、女の体を通過、ろ過された言葉、すなわち「内面、内観」の発露だと思います。

ご来場ください。

美鈴HP
[PR]
by shobirei | 2008-01-06 23:13 | shodou | Comments(0)

LOVE & PEACE


新年明けましておめでとうございます。
良き新年をお迎えの事とお喜び申し上げます。

新春個展のお知らせです。

1月5日~10日までTOA GALLERYに於いて「女流・神戸からの発信・LOVE & 
PEACE」書展を致します。
歌人であり神戸大学等3大学で英語を教えておられる小橋かおるさんと、「青玄」の
若き俳人(青玄終刊後、球、同人)叶夏海さんのご協力を頂き、珠玉の言葉を書にさ
せて頂きました。
かおるさんは「花と爆弾」歌集を詠まれ、アフガンの傷ついた子供たちを痛んで、宝
塚の西垣氏らと純粋にチャリティー活動をしておられます。2年前に知り合い、協力
をしています。無垢な短歌に感動いたしました。
かおるさんは、昨年夏に、友人である文筆家のダミアン フラナガン氏を紹介しました。
神戸大学、漱石でご縁があります。
「縁」って、繋がってますね。
良いご縁の連鎖って、見えないものを感じずにはいられません。

夏海さんは深淵な女の愛を17文字に凝縮される「海と香水の抒情俳人(伊丹美樹彦
評)」です。
彼女の言葉にかかると、私は「女の痛み」を感じずにはいられません。
私の大好きな女性です。

どうぞご来場頂きご高評の程、お願い申し上げます。

10日からの「震災の記憶・VOL4」(大丸西南角三菱UFJ信託銀行・菱の実ギャラ
リー)に叶氏句

  寒椿  この木も震度  七を知る

 を発表します。

5日初日はSUN-TVの取材がはいります。
小橋かおるさんとご一緒に「女流・神戸からの発信・LOVE&PEACE」を世界に発信したいと話しています。
世界の戦火の中の子供たちに一人一人の小さな善意が大きなパワーになりますように(願、祈)


a0098174_16301312.jpg

    

小阪美鈴HP

花と爆弾

TOR GALLERY
[PR]
by shobirei | 2008-01-02 16:27 | shodou | Comments(0)

2008,お正月

あけましておめでとうございます。
希望に満ちて新しい年をお迎えですか?

1月5日からの
小阪美鈴書展の前の・静けさ・の中に身を委ねています。
a0098174_15202878.jpg

a0098174_1516193.jpg



TVもお笑いが多いですね。

私は4日、5日放送の
「のだめカンタービレ」を楽しみにしています。

4日、TOR GALLERYへの搬入をすませたら、一杯やりながら、見ます(wakuwaku)

学校行事の「書初め」、みんながんばってたから、良い評価をもらいたいな。
真剣に「書」に取り組むのは、子供から大人まで、素敵で、美しいですね。

世の中のあらゆる事象に「美しさ」を見つけたいです。

今年も、もうひとがんばり:しよーっと。

頂く多くの「愛」を、何らかの「愛」で 還元したいって 新年に思っています。

美鈴HP

花と爆弾


TOA GALLERY
[PR]
by shobirei | 2008-01-02 15:42 | 書家 | Comments(0)