ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

(3) 追悼・母へ

8月28日は、母の誕生日だった。

生前は、マメに誕生日プレゼントをする訳でもなく、自分の親不孝を今更ながらに、 「もっと、キチンとしておけば良かった」 と懺悔の念を覚える。

死んでからでは遅い!とわかりつつも実家へ行った。

運転しながら「私を産んだ母が生まれた日」に思いが翔んだが、「遠い奥へつながる細くて長い道」 のように思われた。
こうして「命」は続いていくのですね。

一人で両親を祀ることになった妹が、母の好物だった「竹虎」の上巻寿司、レンコン、ナス、リンゴ、出汁昆布などを祭壇に供えていた。
父と建てた家の和室は、八畳・六畳の回り廊下になっていて、「炉」がきられていた。
父は幼少の頃の屋敷を再現したかったのだと思う。

お気に入りの「我が家」から旅立てて良かったね。

大切な人、かけがえのない人が、当たり前に身近にいると思い込んでいることの傲慢さ・・・・・
母はいつも当たり前に存在していると、何の不安も持っていなかった。  この馬鹿さ加減・・・・・

人、否、私は、「当たり前」と、タカをくくりすぎていたと思う。
母がこの世からいなくなるまで、ある意味「ノーテンキ」に暮らしてきたのかも知れない・・・・・

書活動でいつも「忙しく」している私に母はいつも、「いい加減にしなさいよ、体をこわしたらアカンよ・」
と気遣ってくれた。
いつだったか、私の体調が良くない時、母は教室に付き添ってくれた。その時母は、教室の隅で本を読みながら時間を過ごしていた。

若い頃は短歌にも親しんだらしい。
亡くなる数日前まで、日記をつける人だった。

8月29日、ひと月の休暇後、初めての書道教室の帰りに、御影のなだ番に寄った。

「なだ番」は、東京ミッドタウンの超有名店「HAL YAMASITA東京」のルーツ店である。
この日も2F,3Fとも満席であった。

HALさんのお母様であるR子さんが、温かく迎えてくださった。

母の死を伝えると、涙ぐんでくださり 「やっと一人前やね」と言った。
「やっと一人前・・・・」  涙が溢れた。

この言葉に救われた・・・・・そんなとらえ方もあるんだ・・
そう、「やっと一人前」なのだ・・・・・ そうかも知れないと思った。

美しいR子さんに「生きて来られた深さ」を感じた。

帰路、向かい風に吹かれながら 「やっと一人前・・・」  と何だか前向きな気持ちになれたと思う。    


「やっと一人前」 ・・・・・いい言葉ですね。  

身近な人を失って、「やっと一人前」

精一杯、楽しく生きて行くよ!


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2009-08-30 01:55 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

(2) お葬式

18日に死亡診断がくだされると、後はエスカレーターのように段取りを決めなければならない。

早速、妹はラミネート加工された「葬儀社一覧」を病院から渡され、泣いていた。  今の時代の現実に直面することになる。

昨年の父の時も、病院から自宅に戻り、安置された父の亡骸の横で葬儀の内容を決めなければならなかった。
要するに費用の決め事である。
伊丹十三監督の映画「お葬式」の様だわ・・・・と思った覚えがある。

床の間を頭にして祭壇の横で、まだ「寝って」いるように横たわっている父の横で、棺や衣装の打ち合わせを、葬儀屋と妹と3人でした。

奇妙な光景だと思う。
もっと、自然に葬儀を執り行う手筈はないのだろうか?

昨年は何も分からないまま、ただただ精一杯、親類縁者に失礼の無いようにと葬儀を済ませた。


そんな去年の光景が思い出されたが・・・・・
母の葬儀は
******お花で一杯にして、母を送ろう!******
と、姉妹で決めた。

喪服の準備に自宅へ帰った。
生前、母は私に「喪服一式」を持たせていた。 
夏物の「絽」の喪服が見当たらない。確か、帯、着物とも用意してくれてた筈・・・

「お母さん、あのね、夏の喪服どこにあるの?」  といつも聞けていた母にもう聞けない・・・・
お母さん、お母さん、おかあさーん・・・・・・・悲しみが襲った。

実家の母の和ダンスにキチンと仕舞われていた。  夏の着物と帯は、まだしつけがかかったままだった。
母が作ってくれていた絽の喪服一式を始めて、母の葬式で着ることになってしまった。
形見として、この思いを閉っておきたい。


お葬式は神社神道の祭儀で行う為、 明石魚住の住吉神社を訪ね、通夜、葬儀の祭祀の依頼をした。

死亡したその夜、鳥取から母の弟ら3人が突然の訃報に驚いて駆け付けた。
宮司である叔父はたった一人の姉が亡くなり、言葉が少ない・・・


19日納棺の時が来た。
湯灌で、身を清めてもらった。

シャンプーを2度してもらい、体も泡とシャワーで清めてもらった。
香もたっぷり香らせてもらった。

「美」につながることは、妹も私もいとわなかった。

ただ、昨日の腹部の手術痕は、見る勇気が無かった。

死に化粧をして「美人」が戻った。
私は昨日霊安室で見た、まだこの世の名残りの「微笑み」を見せた母とは、顔が違っていることに気づいた。
死後の顔も変化する・・・・と思った。

妹と選んだ「真白な絹の装束」をまとって、「真白な棺」におさめられた。→   「納棺」
生前楽しみで習っていた「日本舞踊」の扇子、着物などを納めた。
向こうの世界でも舞ってね。

通夜の儀式が終わった。
黄泉の国へ旅立つため、御霊を体から霊璽に移す祭祀である。

その晩、母の棺のそばで眠った。
「美鈴、来てくれたんか?」と、いつも待っていた母。 もっと母の元に見舞えば・・・・と悔いが残る・・・・・

20日 遂に葬儀の日が来た。

妹と「お花に包まれて、送ろうね!」と決めていた。
色とりどりの綺麗で可愛いお花たちに包まれて逝けたら怖くないのではないか、と 日頃から何となく思っていた。!   絶対そうよ!

祭壇のお花たちが、手向けのため切られていく。

棺の中がお花で一杯になって、お顔だけが眠っていた。

最後に誰かが私に、薄紫色のラン?  カトレア?  とユリの花を手渡してくれた。
この世で最後の「お花」だと思った!!!!!!!

私は一瞬考えて、まっ白いユリをお顔の右顎のあたりに、そして薄紫のお花を母の額の上の「髪飾り」にした。

この一瞬の思いつきに私は思わず、泣きながらも微笑んだと思う。
母が華やいだからである。

そして、「もう何も聞けない・・・・・」と呟いた。

母が逝ってしまって、「悔い」は沢山残るけれど、
霊安室での母の安らかな微笑みと、この世の最後のシーンで、母に髪飾りを付けてあげた事で、少しは自分を慰めている。

住吉神社の宮司様は心を込めて司ってくださった。
叔父も「神社本庁そのままで、自分が祭祀をしても、あの通りになる」 と言っていた。

神社の娘として生まれたが、「小説になるくらいの一生」を明るく、気位高く、情愛を持って精一杯生き抜いた母・・・


焚きあげ後のお骨の無機質さ・・・・・・
仲のいい夫婦は一年で追うという・・・・・

母は追った・・・  最愛の父を追った。

続きます

小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2009-08-23 23:18 | 書家 | Comments(0)

母が死んだ  (1)

母が死んだ。

焚きあげ後の骨の無機質さ・・・・・


生前、「私の人生は小説になるわ」  と話していた。

晩年、体が不自由ながらも頭脳は鮮明で、記憶力もかなりのものだった。
そんな母の容態が17日(月)一変した。

妹がいつもと違う母の様子に119番をした。

やって来た救急車の隊員は、「タクシー変わりに使われたら困る!」と妹に投げつけたらしい。
「言われた!」と思ったが、介護タクシーを呼んでいては、間に合わないと判断し、こっちは弱者、黙って救急車に乗った。
結果として、母は死んでしまったわけだから、心無い言動は謹んでもらいたいと強く願う。
落ち着いたら、消防署に、伝えておきたいと思っている。


夕方には「腹部大動脈瘤破裂」で大量の腹部出血がCT検査により判明した。
母は、「手術はかんにんして欲しい、頼むわ、これ以上私を苦しめないで、お父さんの所へ逝かせて!」  と懇願した。

このまま放置すれば確実に死がくる。

私と、ずっと母の介護をしてきた妹は、緊急手術を決行するべきか、決断を迫られた。
生存の可能性は五分五分という・・・・

私は、苦しまずに逝けるのなら手術をしないで母の言うとおり、自然に逝くのもいいのではないか?と思ったが、母の介護を背負って来た妹は「手術をしてもらう!」  と毅然と言った。
私はそんな妹を余り見たことが無かったので、少々驚いたが、長年母を見てきた妹の判断に任せるのが、良いと思った。

明石医療センター血管外科で緊急手術が始まろうとしていた。

担当医師が私達に病状説明をしようとしたその時、「容態急変です!大量の出血です! 先生!  急いでください!!!!」 看護師の緊迫した声に医師も、走って手術室へ・・・・

今思い起こすと、まさに映画のシーンのようであった。
手術中、待合室で4時間待機した。  ちょっとした足音にも「終了の知らせか?」と不安がつのり、ビクついた。
19:30~23:30 の手術。 
18日1:00ころ母に対面できたが、管を多数刺された母の痛々しい姿を目の当たりにして、辛かった。
怖がりの母からは、想像もできない姿だった・・・・・・辛かった。

18日(火)10時、帰らぬ人となった。
全身麻酔をしたまま、目を覚ますことは無かった・

担当医が「力に成れずすみませんでした」 と言った。
「ありがとうございました。」とだけ、応えた。
「死因に疑問のある場合、解剖がありますが・・」と小声でもう一人の医師が言った。
「いいえ、要りません」と私は答えた。


医療ミスの多い死亡時の解剖の重要さは、認識していたが、高齢であり、あの美しかった母の体をもう切り刻みたくは無かった。

どんな死顔か? と私は怯えた。

霊安室に入った。
思いもしないくらい清清しい空気だった。

無粋な管は取り除かれていた。

母は安らかで美しかった。
「お母さん、お父さんに会えた?  三途の川を渡って、お父さんに会えた?」と母に語りかけた。

母の目元、口元が微笑んだ!!!!!!!!
聴こえているんだ!
そして、父に会えたんだ!
そう、私は確信した。
愛を抱いて死んで行った女の、美しさと強さに感動した!

一緒にいた知人も「?!?!   笑ったよねー」と二人で顔を見合わせた。


母は「情愛の深い女」だった。
昨年最愛の父が亡くなって、1年4か月だった。


続きます・・・


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2009-08-21 01:21 | 神戸の女流書家 | Comments(0)