ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

日本がん楽会美術展

3月29,30日に県民会館2F大ホールで第6回日本がん楽会美術展が開催されました。

患者、家族、支援者らによって書、絵画、写真、工芸品等が展示されました。
a0098174_0555173.jpg


私もお誘いを頂いてチャリティー作品2点を出品しました。
a0098174_0564681.jpg

購入して下さった方があって、少しでもお役に立てたかも・って思っています。

絆がこんな形でも繋がっていくのですね~


愈々4月 春の到来ですね~
私は花粉症で、薬で抑えているんだけど、お目目が痒くて~~~

どうやら檜花粉らしいので、ゴールデンウイーク辺りまで続きそー。

今週はお花見の予定&居酒屋飲み会。。。

皆様も色々計画をしておられるのでしょうね(*^^)v

ワクワクの「春」をお過ごしくださいね(^^♪


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-31 01:16 | 女流書家 | Comments(0)

桜の開花宣言

桜前線開花予想が上昇し、関西方面でも開花宣言が始まったようですね❀

2月23日個展最終日のパフォーマンスの様子です。
「桜」です。

お客様から、「何を書きましょうか?リクエストがあれば嬉しいですが・\(^o^)/」と申し上げた処、「春を待つ・桜・陽気」の三つのお言葉を頂戴し、揮毫致しました。

元、宝塚歌劇団員様のバンドの音楽とのコラボレーションとなりました♪


2年振りの個展にも関わらず、多くのお客様にご来場を頂き揮毫できたことは、書家冥利でございました。

正直、昨年は、「気」が乗らず焦る気持ちもあったんだけど、私をよく知る優しい友人、知人は 「今まで走り続けて来たからきっと、休憩の時なのよ、そんな時期もあるもんよ~ 美鈴さんの事だからきっと、気分が{ムム!}ともたげて来ると思うよ~」と、私の苦悩を聞いてくれました。

思い返せば有り難い事に毎年、3~4回、否、誘われるままにグループ展も含めて毎月のように予定の詰まる日々を過ごして来ました。

だからこそ今回の2年振りの個展に、「自分の最高の新作」を発表することが出来、「作品の評価・成果」を実感できた事は、大きな自信になりました。

チョッと精神的に参った時期もあったけど、「旅・グルメ・音楽」で、癒され、初心を思い出す事が出来たと思っています。


人間、やっぱり 「ゆったり  ゆっくり にっこり 深呼吸 que sera sera 」ですね。

a0098174_1315166.jpg



もうすぐ須磨区でも桜の開花間近❀

「桜」には女流書家として特別な思いがあります。
島根県奥出雲の実家跡地には毎年、見事な桜並木が見られます!
a0098174_13414087.jpg

ご先祖様の植えた「桜の風流を愛でる精神」は、美鈴の書活動の根源となっています♡❀



小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-26 12:31 | 女流書家 | Comments(0)

数日前に、ダミアン フラナガン氏から絵葉書が届きました(*^_^*)今度の絵葉書は、オーストリアから~
a0098174_1311610.jpg

スキーの一人旅を楽しまれたご様子(*^^)v
5年振りのスキーでご本人曰く「へたくそ」になった事、高校時代に覚えたドイツ語を忘れた事等、未知の世界を感じさせてくれる近況でした。

私も昨年、クロアチアのドブロクニクから絵葉書をマンチェスターへ出しました。世界の旅行先から絵葉書を交換するって、素敵な事ですよね!

又、三島由紀夫の伝記を書かれたこと、三島事件に関しても書いておられる事、日本映画の歴史の依頼等、文筆活動は充実しておられるようですね~

日本の近代文学・文化なら、「Damian Flanagan!」 ですね!♡

a0098174_1323137.jpg


2006年にKOBEで出会ってからのお付き合いですが、凄い人に出会った! といまさらながらに実感しています\(^o^)/

4月にはご家族で来日されるので、お会いできる日を楽しみにしていま~す♡


小阪美鈴オフィシャルHP



[PR]
by shobirei | 2014-03-24 13:05 | 女流書家 | Comments(0)

18日、大阪フェスティバルホールの2cellos,JAPANツアーコンサートに行って来ました。

館内は撮影禁止なので、始まり前のこの写メを。
a0098174_172687.jpg


ハードで熱く、セクシーだったわ~♡♪
美しい音色には聞き入りました♪ 綺麗な音でした。
クラシックの鍛錬もかなりの経歴ですものね。

DVDはNETで購入済みなので、goodsでTシャツ購入!
a0098174_112236.jpg


ジャケットのインナーとか、一年中、着まわしが出来そー(^^♪

私は、映画でも、音楽でも、移り気なのか、「この人のファン!」って言うのが無くて、その時々に琴線に触れた人に心動かされるみたい。

彼らのこれからの活動を見守りたいわ~♡

ステージ衣装がジーパン、Tシャツ、スニーカーで通し、ラフで良かったけど、かっこいいスーツ姿も見たかったな~(^_-)-☆

小阪美鈴オフィシャルHP

桜の便りもちらほら・・・ 

お花見のご予定はおありですか?\(^o^)/

 PINK色の春をお迎えくださいね♡
[PR]
by shobirei | 2014-03-21 01:27 | 女流書家 | Comments(0)

昨年の9月にクロアチアを旅して、文化、風景、人々の温かさにすっかり魅せられた私♡

明日は楽しみにしていた2cellos大阪フェスティバルホールでのコンサート♪

2cellosは、3.11日に仙台を訪れ、東北大学で「東日本大震災復興支援コンサート」を行い、冒頭日本語で心のこもったスピーチをしました♡♪

2月の個展以来、慌ただしく一か月が経過しましたが、明日は、心おきなく、楽しんで来まーす(^^♪


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-17 18:07 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

a0098174_23355159.jpg


2月17日~23日の拙書展「生きるって素適なこと」、、大きな充足感と共に終了させて頂きました(*^^)v

2年振りの個展でしたが、多くの方々が「小阪美鈴」を覚えてご来場頂き、又、嬉しくも新しい「ご縁」を繋がせていただいた方々もありました。

a0098174_23592544.jpg


人生は「出会い」の道ですね。

2年振りの個展で頂いたご厚情とご支援を大切にして、 「古典を礎として、言葉の心象を書に表す作業」
を、「私の書の道」との確証を新たに致しました。

初心に戻らせて頂きました。

心からの感謝を込めて

ありがとうございました

又、お会い出来る日迄、必ずお元気で~


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-14 00:00 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

明日は、3,11,

a0098174_2136476.jpg
a0098174_21381142.jpg

方丈記より。
現代も何ら変わることのない「自然と人間の営み」に、今を生きる人間として深い落胆を覚えますね。



明日は3回目の3.11東日本大震災の発生日です。
1995,1,17阪神淡路大震災を体験している神戸人として、辛さと悲しみがこの胸を一杯にします。
TVでは各方面からの特集が満載ですね。

でも、各々の心情は決して癒されないでしょう~
心よりお見舞いを申し上げます。


~下記文は、3年前に書いたものです~

私はこの未曽有の大震災を運転中のFM765で聞いた。

阪神淡路大震災を経験している阪神間の人間は「震度00」と聞いても鈍感になっていたが、「津波の高さ10メートル!!?」に、これは尋常では無い、と直感した!

瞬時に1995.1.17当時の記憶と映像が重なった!

そして連日、「地獄」のような「TUNAMI、原発、家屋倒壊等の現実」を突きつけられる事となる!


NHK.BS1、22日のF2のフランス人男性記者のレポートは興味深かった。

「西洋では自然は人間に服従するが、日本では神道文化の精神性から、自然は天、神であるとして、敬い、畏れるという畏敬の念を持っている。 天のもたらした災害だから仕方のない事としてとらえ、そこから光を見出し進んで行く。」 こんな内容であったと思う。

悲惨な現状を本国に送るだけでなく、日本人の精神性にまで考えを巡らせている記者に、「魂に芸術の心を持っている人なんだわ!」と、神社に生まれた私の心と共鳴した!

芸術は根底に深い精神性と心を合わせ持つからである。

こんな時だからこそ「情」を感じたい。
ARTの可能性を求めたいと思う!
ARTは精一杯の情熱だからである。


多くの善意が報道される中、

原発関係の情報を無表情に読む人たち、自分は政治家と思っている人たちは何の魅力も感じさせてくれない。
こんな時だからこそ、政治の情熱の限りを見せてほしいのに。
 心が乾いて行く。


阪神淡路大震災発生から10年目より神戸在住書家として「震災の記憶」書作品を発表してきましたが、
故森繁久弥氏が神戸新聞に寄稿された慈愛に満ちたメッセージ「我を育てし兵庫の里よ 友よ」を昨年15年目の年に揮毫させて戴いたのを機に、私の中で「震災の記憶」の区切りとしていましたが・・・

3,11を目の当たりにしてそれから以降も毎年1月から一ヶ月間、「震災の記憶」を展示しています。(神戸・元町大丸西南角・三菱UFJ信託銀行ショーウインドウー・菱の実ギャラリー)
ARTの力を信じて。

森繁久彌氏が御存命なら、この度の惨状にお心を痛められ、きっと東北地方の友人、知人にメッセージを送られたことでしょう。


震災直後の22日ニュース7で被災地の中学校の卒業式が報道されていました。
答辞を読む男子中学生は、
「天はどうして僕たちにこんな試練を与えたのか、 乗り越えれば天は本当にあるのか・・・!」   
と涙ながらに、何かに訴えるように語った。
天を仰ぎながら「天」を何度も繰り返す若い男子中学生の魂に思いを馳せた。

あの中学生は今はどんな思いを抱きながら暮しているのかしら。。。



3年目の今日も悲惨な当時の報道を目の当たりにしました。  
 原発のメルトダウン当時の対応には疑問???がいっぱいですね。
原発の再稼働問題もありますね。

福島から関西へ、大変な思いと体験をして避難して来られた親子の集会に参加した事がありますが、東北特有の複雑な事情を感じました。


一日も早く一人一人の心が軽やかになれますように♡


フラナガン氏の震災のブログ1  2

 小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-10 22:24 | 神戸の女流書家 | Comments(0)


昨日のTV「昭和偉人伝」を拝見致しました。

良い番組でした。じっくりと見入りました。

若き日の森繁久弥氏は男前で、セクシーで、スマートで、私が思っている「森繁久彌氏」が画面の中に存在しておられました。

俳優であり、文人であり、品があり、崇高な「存在感」に魅了されています。


今回の番組構成には、ご子息の建氏が多く携わられたのだろうと思っています。

奥様がお亡くなりになった時の森繁氏のコメントは当時の私の心に突き刺さりました。
「この世にこんな悲しみがあるとは知らなかった」

恐縮ながら「書」にさせて頂き、所属書道会展に展示いたしました。

番組の中で印象に残ったコメントはやはり、加藤登紀子氏です。
「知床旅情」を歌った彼女の一言、一言は情がこもっていて、心に響きました。
森繁氏は彼女の声質に関して、良く見抜いておられる~と納得致しました。

私が思い描いている「森繁久彌氏」に会うことが出来ました。

良く考えられ構成された見応えのある番組内容であったと、一視聴者として思っています。

多くの方に見て貰いたいと思っています。


a0098174_22372162.jpg

大阪なんば高島屋「森繁久弥生誕100年展」

小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-06 23:05 | 書家 | Comments(0)

ひな祭り・春を待つ

2月23日のライブパフォーマンスの動画をUP致します。
        ~春を待つ~

YuoTubeのUPに関して、T様にお力を頂きました。
厚く感謝とお礼を申し上げます

今日は3月3日、ひな祭りですね。
a0098174_23523552.jpg
a0098174_23532355.jpg


又々、寒さが戻った一日でした。

個展後には作品を配達したり、宅急便で送ったり、K氏が一切を取り仕切ってくださいます。

そんな中、お客様が拙宅に作品を受け取りに来られました。
楽しいひと時でした。

皆様、拙書をかけられる季節感、心模様を楽しんで頂けるようですね(*^^)v



まだまだ個展後の慌ただしさの中にいますが、昨日の「ヒレ酒」のヒレの焦げ具合といい、フランべといい、あー癒されました~♡
a0098174_054067.jpg



「生きるって素晴らしい」という「個展」を心から実感致しました。
次回からの個展は「生きるって素晴らしい (2)」になるような気がしています(^^♪

多くのご支援とご厚情にお答えできるよう、「心映えよく暮したい」と思います。

「心映えよく暮したい」は、私の座右の銘です♡

小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-04 00:05 | 女流書家 | Comments(0)