ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~


神戸発信女流書家小阪美鈴です✨



a0098174_08520691.jpg

又大きな震災が発生してしまいました。

1995年の阪神淡路大震災の被災者として、

心に涙が滲みます。


平穏な何でもない「日常」を、
いとおしく(愛おしく)思います💖



✴️
愈々、ハワースへ発つ日が明日になりました
✈️

UKのartistの皆様と出会いから1年🌠

a0098174_08434862.jpg


エミリーブロンテの生地、ハワースで、

イギリス人artist達と、

創作作業を試行錯誤しながら

どんな作品が生まれるのか今から心躍りワクワクしています。

現地での様子を発信したいと思います。






https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=955455264632303&id=100005035148851



[PR]
# by shobirei | 2018-06-20 08:31 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

今日は3才から小阪美鈴書道教室に通い、
師範を取得しているMちゃんの結婚式でした。

戦前の神戸で財をなした英国人ジェームスの旧邸宅です。

今は神戸市指定有形文化財になっています。



新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


日本の結婚式によくある馬鹿馬鹿しい程過度なイベントチックな演出はなく、


華美でなく、彼女らしく知的で余分な演出を排除した、心暖まる結婚式でした。


国会議員やナンチャラ議員もいないし、形式張らない、私は大好きな結婚式でした。


a0098174_20592567.jpg


彼氏は本当に優しく、

3歳から聡明で賢いMちゃんを知っている私は、

「彼女は何故、彼に決めた、惹かれたか」

彼を見て納得しました。

a0098174_21004991.jpg




↓花嫁の父の心境はどんな心境なのでしょう~💖

a0098174_21012078.jpg


「娘の決めた彼氏」を受け入れるご両親も大好きです。

私は↑この写真が好きです✨


きっと、「恋愛」を知っておられるのだと思います。



a0098174_21021127.jpg

彼女を後ろから、抱く手を離さないでね👰💖

a0098174_21024593.jpg


この写真も私の心に深く映ります。


淡路島を臨む広大な敷地の式場は、彼女らしい選択でした。

a0098174_21040672.jpg


a0098174_21050241.jpg


Mちゃんの「しあわせ」を、親身に願っています。


彼女は、私の事を

「第2の母と思って、あこがれているんです❤️」

と、第1の母が仰り、お父様も頷いておられました。
a0098174_21065234.jpg



Mちゃんは、色白で細くて、本当に綺麗だった~👰💖😍


私のテーブルは、4人の「恩師席」でしたが~

私も含めて皆様「先生」なのですが、

会話は軽妙で楽しい😃💕

a0098174_22132908.jpg


お一人は、
クラッシックソプラノを披露され、

素晴らしい歌声と共に写し出される「新郎、新婦の軌跡」の映像に、
うるうる致しました🌠

ワイン🍷を沢山いただいたからかな~👰

お酒って楽しいよね~😃

「恩師席」の皆様と意気投合😃

ソプラノのリサイタルで会いましょう🎵や、

三宮での飲み会を約束しました~👰


賢くて気の合う新しいお仲間が繋がるって、

「生きる」、生きてるからこそ❤️



Mちゃんの結婚式で
3歳から彼女と関わってきた、

「小阪美鈴」の感性と、彼女の持っている感性が、

「合わさった」かも~🖌️😃👰😍👀😃🌠

と、思うと、

長く関わった責任、影響みたいなモノを感じるやら~👰💖


Mくん、Mちゃんを末永くよろしくね~👰💖😍💖😍✨💏💑💏





凄い雨☔️になるという天気予報も、

めでたくハズレ😃
「持ってる方々💪」の集まった

「強運」の結婚式でした~👰💏💑💖😍


ご結婚おめでとうございます~💖

a0098174_22160670.jpg




あ、

挨拶に出られたイケメンシェフの、お料理は、

中々美味しかったですよ😌❤️😋🍴💕

眺望も良く、staffもよくて、

ランチに行こうと思ってます~🎵












[PR]
# by shobirei | 2018-06-10 20:57 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

6月に入って連日の暑さ~💥

巡り来る真夏を思うとうんざり~😎

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


書道教室の毎月末月初の競書出品事務作業、

これが、気合いのいる作業で、ほぼ発狂したくなります。←苦手!

一枚一枚に、出品券、バーコード券を貼ったり~😂

今日も気がついたら大声で発散してました~😅


各自が精根込めて書き上げた「とっておきの一枚」を選びます。

この作業に時間がかかるんだわ~


パッと一目で、「この作品!」と目に飛び込んでくるのもあれば、

「ウーン、どれが良いかな~」と
長考しちゃう時もあります(将棋かい😂)


特に6月号は、年に4回ある昇段試験なので、

私も生徒さんも気合いが入ります💪

数百枚の作品に目を通しました👀


a0098174_20440158.jpg


漢字半紙、条幅、ペン、千字文、仮名、など書道のあらゆる分野に対応しています。


a0098174_20444109.jpg


やれやれ┐(´∀`)┌、

終わったわ~(^^)v

安らぎのワインと灯りに心を労りたいと思います。

気分に合ったMusicを選ぼう~🎵



a0098174_21183240.jpg

安らぎを~🌠
a0098174_21160620.jpg


この作業を終えると、

後、2日、教室があるけど、

渡英の為に、

教室は長期休暇になります。


ちょっとひと息ついてる、


Misuzu Kosakaです💖







[PR]
# by shobirei | 2018-06-04 20:42 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

a0098174_23595239.jpg
もうすぐ6月、

21日から7月6日迄、

呪性を孕む小阪美鈴書作品、書活動を、
イギリスのアーチストとのインスタレンーション映像化のため、
イギリス、ハワース、ロンドンに滞在します。

7月1日は、
エミリーブロンテ博物館での書道と「嵐が丘」について、
ホワイトストーンアーツのアーチスト、
著名な文筆家、評論家ダミアン フラナガン氏とのトークショーとワークショップ、
書のデモンストレーションが企画されています。

7月3日は、
ロンドン大和foundationでの

「呪性を孕む書の力、」に関する

ダミアン フラナガン氏とのトークコラボレーションが開催されます。

渡英に準備したリーフレット

a0098174_00110514.jpg


a0098174_00112661.jpg


本格的に準備にかかります😃

書道教室は、

皆様のご理解とご協力を頂き、
日程を調整いたしました🖌️🖌️🖌️🖌️🖌️


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=942302195947610&id=100005035148851


[PR]
# by shobirei | 2018-05-30 23:57 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

ご機嫌如何ですか~💖

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

今日神戸大丸museumで吸い込まれるように
ミロ版画展画廊に入りました。

a0098174_21330371.jpg
会場の空気が清々しくて綺麗な魂を感じました。


明日が最終日
a0098174_21362493.jpg

会場風景
a0098174_21364199.jpg



この作品は、日本の土佐和紙に描かれています。
a0098174_21332794.jpg

書の無限を孕んでいると感じ、

ずっと眺めていたい魅力があります。

思いきって購入を決めました。


イギリスから帰国する7月6日以降に自宅に届きます。

帰国の楽しみ~💖



Today, I went into “Miro prints exhibition” at Kobe Daimaru Art Gallery.

These engravings are printed on Japanese traditional paper called ”Tosa washi“.

Miro prints hold such an eternal charm of calligraphy that I could not resist my desire to purchase one.

I immediately made up my mind and purchased one of the Miro prints.

This work will be delivered after July 6th, the day I'm going to be back from the U.K.

I'm really looking forward to it!







[PR]
# by shobirei | 2018-05-28 21:31 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)