ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

宋・米芾の書「葉」

a0098174_23471013.jpg

            ~ 米芾の葉~


新緑が美しいですね。
風に木の葉が揺れて、様々な感情を運んでくれます。

宋時代の書家、米芾の「葉」が脳裏をかすめました。
米芾は晋唐の書の鍛錬をよくし、その上で溌剌とした鮮やかな書風を確立しました。

私が書を専門的にはじめたころに魅了され、その書体と技術を会得したいと頑張った当時を思い出しています。
凄く難しくて困難を極めた思いが残っている。自分の未熟さを思い知らされた書のひとつである。

最近又気になっている「米芾」で、臨書に励みたいと思う。



初夏らしい今日、ベランダにクレマチスの花が咲きました(*^_^*)
a0098174_0101415.jpg


a0098174_0111495.jpg

一輪挿しで楽しんでいます。

因みに一輪挿し花器は、倉吉市白壁土蔵群にある宮内庁御用達創作工房「中野竹芸」さんのものです。



小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2013-05-18 00:21 | 神戸の女流書家 | Comments(0)