ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

日曜美術館と草枕

いつもご訪問頂きありがとうございます。

今朝の日曜美術館は、とっても興味深かったです。
漱石と絵画について・主に「草枕」との考察でしたね。

2010年に漱石研究者であるダミアン・フラナガン氏が 「草枕」を、
アラン・ターナーの名訳として名高い「The Three-Cornered World」を紹介されました。

その英語版の著書に拙書がタイトル字並びに、中扉ページに採用されています。

a0098174_2343524.jpg



かの個性的なピアニスト・グレン・グールドも「草枕」を愛読していたと考えられています。彼の死の枕元には、「聖書」と「The Three-Cornered World」があったのは良く知られている事実ですね。

何度も「草枕」を読んで、「漱石の芸術論」と認識していた私ですが、

非人情の世界に一滴の人情をたらすことによって芸術・美術が完成されるといったご指摘に納得しました。


漱石はあらゆるジャンルの絵画に造詣が深く、「漱石には脳内美術館」があるそうで、ご自身も画をかかれたようです。

書、画、文学、英語・・・・・真の文人ですね。


小阪美鈴オフィシャルHP 
[PR]
by shobirei | 2013-06-02 23:29 | 神戸の女流書家 | Comments(0)