ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

BS朝日昭和偉人伝・森繁久弥


昨日のTV「昭和偉人伝」を拝見致しました。

良い番組でした。じっくりと見入りました。

若き日の森繁久弥氏は男前で、セクシーで、スマートで、私が思っている「森繁久彌氏」が画面の中に存在しておられました。

俳優であり、文人であり、品があり、崇高な「存在感」に魅了されています。


今回の番組構成には、ご子息の建氏が多く携わられたのだろうと思っています。

奥様がお亡くなりになった時の森繁氏のコメントは当時の私の心に突き刺さりました。
「この世にこんな悲しみがあるとは知らなかった」

恐縮ながら「書」にさせて頂き、所属書道会展に展示いたしました。

番組の中で印象に残ったコメントはやはり、加藤登紀子氏です。
「知床旅情」を歌った彼女の一言、一言は情がこもっていて、心に響きました。
森繁氏は彼女の声質に関して、良く見抜いておられる~と納得致しました。

私が思い描いている「森繁久彌氏」に会うことが出来ました。

良く考えられ構成された見応えのある番組内容であったと、一視聴者として思っています。

多くの方に見て貰いたいと思っています。


a0098174_22372162.jpg

大阪なんば高島屋「森繁久弥生誕100年展」

小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-03-06 23:05 | 書家 | Comments(0)