ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

2014,10,8 皆既月食

時期がすっかりずれてしまって「何で今頃?」って感じですが、稚拙な写真だけど、自分で撮った皆既月食の感動・美を残しておきたいと思った。

10月8日 自宅から見た皆既月食の一部
a0098174_20542724.jpg

a0098174_20542639.jpg



「月」には深い思いを抱いている。1999年、初個展で書家お誕生のきっかけとなったのは、自作散文「心地よい水や風の音が流れる
銀色の月明かりの中の身を置き 静かに揺れてみる  美鈴」  屏風作品。
a0098174_21395076.jpg


この作品を画廊で見られた当時神戸新聞文化部記者、山本忠勝氏が、拙書評論記事を神戸新聞文化欄紙面に掲載して下さった。
厳しくも温かい作品評論で高名な山本氏に取材をしていただき、幸運にも「書家」として認められる事となった。
正に私の書の道の恩人であり、その後は、山本氏の厳しい審美眼によって、芸術の世界に導かれるきっかけになった!


スーパームーンとか、満月と言う日には、深夜でも必ず稚拙ながら写真撮影をしている。
そして、月光の中に身を置いて静かに揺れている。。。

月光の明るさ、美しさは、「女」を美しくしてくれる・・・と信じているから~♡

小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2014-10-26 20:58 | 神戸の女流書家 | Comments(0)