ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

ミモザの日のパーティーと河東碧梧桐

3月8日はミモザの日。
国連で定められた「国連女性デー

a0098174_02313.jpg


この日に神戸ポートピアホテル31Fトランテアンでの華やかなパーティーに参加しました。31Fから神戸港、六甲山が一望!
マナー、ワイン、シャンパンのお話とともに、綺麗で美味なアミューズランチ。

多方面で活躍されるパワー溢れる方々と多くのご縁を戴きました。


そんな雰囲気の中私は、川西に縁のある俳人河東碧梧桐の滞欧作「羅馬雑詠」のリズムが脳裏に流れてきました。


ミモーザの咲くころに来た ミモーザを活ける
ミモーザを活けて一日留守にしてベッドの白く
ミモーザを売る春撫子ハ踏ミくだかれて
美毛佐活けてベッドに遠かった  (一部抜粋)


俳人に留まらず書の世界にも新傾向派の風を吹き込んだ碧梧桐。

このミモーザの詩と書体は、当時書を学んでいた私は、梧竹の書と共に新しい感慨を覚えた。

でも、それらは明治、大正、昭和に亘って創作された革新的な作品であって、

やはり、「伝統こそ最新」を胸に、平成の新しい書表現を模索している私が佇んでいる。。。

平成の革命の書とは何か❗

小阪美鈴オフィシャルHP

HPただいま更新作業ちう(^_-)-☆
[PR]
by shobirei | 2015-03-09 00:49 | 神戸の女流書家 | Comments(0)