人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

三島由紀夫憂国忌

すっかり寒くなって来ましたね。

晩秋と言うより初冬という感じの今日でした。

神戸の女流書家小阪美鈴です。


唐突に思われるかも知れませんが、、、

今日25日は三島由紀夫が市ヶ谷自衛隊駐屯地にて割腹自殺した命日ですね。

三島事件と言っても没後45 年が経過し、メディアでもほとんど取り上げていなかった様です。

昨日のニュースステイションで概要のみ放送していました。

私も何度か映像ニュースを見て知っている程度でした。

そんな私が、
ダミアン フラナガン氏の出版された夏目漱石の表紙、裏表紙に拙書を起用してくださったご縁により、「三島由紀夫生誕90年 没後45年の「国際三島由紀夫シンポジウム」の講演を聞くために上京しました。


フラナガン氏は日本文学研究に於ける第一人者として招かれ東大で講演をする為に来日されていました。
a0098174_0281728.jpg



場所は、三島ゆかりの、東大駒場キャンパス講堂(900番教室)
a0098174_0285339.jpg




小説家、劇作家として幅広い活動家であった三島。

それ故、学者、文芸評論家、演劇評論家、それぞれの観点からの「研究発表」でした。


それなりに興味深い話もあったけど、、、


フラナガン氏の講演「誰が三島由紀夫を殺したのか」、は綺麗な日本語と共に人間三島由紀夫が簡潔に語られていました。


フラナガン氏の着眼点は既成の日本人の視点とは全く異なっており、新鮮で「なるほど~」って思いました。

その着眼点は「時間、時計」


興味深いですよ!
ダミアン フラナガン著 「Yukio Mishima」



まだまだ書き足りませんが、今日はこのくらいで・・・




Misuzuの東京3日間滞在記→   楽しかった滞在記☆まだまだ 続きますよ~~~~~


ご訪問いただければ嬉しいでーす(^^♪


                                     



Misuzu Kosaka official HP
by shobirei | 2015-11-26 00:18 | 神戸の女流書家 | Comments(0)