ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

次世代に残したい名曲tbsを聴いて思った事。

今夜、tbsテレビで、「次世代に伝えたい名曲」を聴いてしまった~♪

日本には、こんなにも美しい名曲が作られ、歌われてきたのですね!

歌、音色、再発見、心に沁みて来ます♪



お風邪など、召されていませんか?

今日のご訪問に感謝申し上げます。


神戸発信の女流書家小阪美鈴です。


子供のころから歌謡曲とか全く興味がなくて、ラジオが好きで、聞こえてくる洋楽(古い?(^^))に心奪われていました。
今でもFM良く聴きます🎵

又、大人になって心が空っぽになった頃、

ルービンシュタインのピアノに涙した頃がありました。

この真摯な演奏姿は!
この圧倒的なタッチは!


今、聴いても涙が滲みます。


日本のポピュラー音楽史って、ていうか音楽って

その時代と心模様を反映してますよね~  

人の心に届く楽曲を世に送り出す。。。

凄い!
素直に思いました。



先週、書道教室に来ておられる音楽に造詣の深いお方が、

「もう音楽はある意味、出尽くしていますね。」って、言っておられました。

確かに、

あらゆる芸術の世界・・・

書の世界も然り・・・

地球上の人間の創作は、まだまだ未知の世界が潜んでいると思いたい。



美しい創造があるのでしょうか?


書を学び、携わっている自分は、

書きたい事象・心象を熟慮し、具現化するべく試行錯誤の日々。

a0098174_2392497.jpg

ダミアン フラナガン著「倫敦塔」開きページ掲載。
a0098174_23113077.jpg

ダミアン フラナガン著・評「草枕」開きページ掲載。

作品制作には暗礁に乗り上げる事ばかりだけど・・・・・

天から何かが降って来てくれるまで、枚数を重ねるしかない(甘くは無いのだ)


逃避行。。。願望。


そんな複雑な思いを抱きながらも、

日常は経過していく。

お誕生日にお花を貰った。
a0098174_2343268.jpg


お花は「邪気、淋しさ」を吸い取って枯れていく、

優しい存在なのですね。


自宅ギャラリーを訪ねてくださる大切な方々を思って、

書の設えを、

静かに春の訪れを迎えられる様に架け替え中(^^♪
作品を適材適所にと考慮中(*^^)v
a0098174_2339823.jpg

a0098174_23374895.jpg



Misuzu Kosaka offisial HP
[PR]
by shobirei | 2016-02-09 00:07 | 神戸の女流書家 | Comments(0)