ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

神戸から、作業の合間に須磨の歴史散歩

こんにちは😃


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

今日もご訪問頂きありがとうございます🌟



今日、明日は、月末月初の私の繁忙期~

教室生徒様方の1ヶ月間のお稽古作品の中から、


各人最高の1枚を選び、競書に出品します。

その作業に丸2日費やされます。

特に今月は、3ヶ月に1度の昇段試験月なので、私も生徒さんも、

頑張りましたよ💪

長年続けている中高生が多く、

皆、本当にレベルが高いです。

最高段位である、「誌友」に2人が挑戦しています。

a0098174_11423171.jpg





この作業を終えたら、

自宅界隈の歴史散歩をしようと思っています。

a0098174_11442528.jpg


まずは、

高御座山(たかみくらやま)の頂きの2つの巨石、白川の高座岩。


伝説では、イザナギノミコト、イザナミノミコトが国を作られた時に、この岩で休憩され、安徳天皇も、ここからの景色を楽しまれた、と伝えられています。


雌岩の深い窪みにはいつも水が溜まっていでこの水は「寿命水」と信じられているのですって。



神社に生を受けた私がこの地に、

住んでいるのは、何らかの思し召しがあると思うようになりました

スサノオ神社は、毎年年明け時に参拝したり、、

制作、事務作業の息抜きに散歩しています。

a0098174_11522278.jpg


この階段は、

私の生家の、
楽楽福神社の階段を思い出します。

生前母は、

「階段が疲れたわ」と、話していましたね~



合間に、

「須磨の歴史散歩」をしていきたいと思っています。



サァ~

今から苦手な事務作業ですが、

一人一人が精魂込めて書き上げた作品です。


私の審美眼で

作業開始~❤️











[PR]
by shobirei | 2017-06-04 11:33 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)