ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

神戸から、Uk.ハワース「エミリーブロンテ博物館」へ書アート活動で行きます

今日は強烈な雨でした。
皆様、大丈夫でしょうか?

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

不朽の名作
a0098174_21553903.jpg

「嵐が丘・Wuthering Heights」

エミリーブロンテ生誕200年記念イベントが
7月1日ハワースの「エミリーブロンテ博物館」で開催されます。

エミリーブロンテは、この名作を残して翌年に亡くなりました。30才でした。

たった一作の不朽の名作を残して。


エミリーの父はケンブリッジ大学を卒業した牧師でした。

3才の時に母親を亡くし、兄姉に先に旅立たれ、
ハワースの荒野で何を思ってこの悲しい名作を書き残したのでしょうか?

今、私はその心理に迫りたいと取り組んでいます。


親愛なる友人であり、
文筆家、評論家Damian Flanagan氏の講演、書のパフォーマンスとトークショー等が開催されます。

小阪美鈴は6月24からWhite Stone Artsのお招きにより滞在し、
「嵐が丘」、小泉八雲「怪談」の不思議な幽霊の世界観を書を用いて映像化するアートに参加します。


この野心的で驚くべき企画をされた、
White stone artsのジュディス、サイモン、ステイシーのイギリス人artistに敬意を捧げます💖


イギリス在住の皆様😍

会いに来てください。そして楽しみましょう。


フラナガン氏は夏目漱石、三島由紀夫研究第一人者であり、拙書の深い理解者でもあります。

イギリスの友人との再会を心待ちにしています。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10155516262175418&id=665915417


[PR]
by shobirei | 2018-05-13 21:54 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)