ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

神戸から、イギリスの素晴らしいアーチストと共に❤️

昨年の今ごろ、イギリスのハワースから神戸へ来られて初めてお会いした、素晴らしいアーチスト、
デュディス、サイモン、ステイシー🎵

a0098174_09450159.jpg

a0098174_09463532.jpg


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

https://twitter.com/kimono04173744/status/996905260307308545?s=19

エミリーブロンテ生誕200年記念「嵐が丘」作品と、小泉八雲の「怪談」の幽霊の世界観をを映像化すると言う野心的で壮大な企画をお聞きしました。

その当時は、私には良くイメージできていなかったのですが、、、

メールでのやり取りを重ね、次第に具体的になってきました。


愈々、あとひと月に迫って来ました。



7月3日には、ロンドンの大和日英基金でのフラナガン氏との「書道の力」について語る機会もあります。

身辺急を告げる🌠

思い付く限りの準備をします。

日本人を印象付ける着物のcoordinate、

エミリー、小泉八雲の本、旅、映像からの考察、イメージの世界を、

自分の世界観で如何に表現できるのかな~

アンテナを張ってヒントを集めています。


FB.ツィッターでも発信しています✨

この機会に改めてエミリーブロンテ「嵐が丘」小泉八雲「怪談」に興味をお持ち頂きたいで~す🌠

日本人は今何処をみているのか、
混沌とした今の世の中、「一途な精神の美」を直視された
イギリス人artistとインスタレーションできるのは、
私の潜んでいて気付かなかった感性を刺激してくれています。



私はエミリーが何故、「WUTHERING HEIGHTS」を不朽の名作として後生に書き残したのか、あることから閃いて「新説」を考え中です。

文章にまとめて、イギリスでトーク致します、




[PR]
by shobirei | 2018-05-17 09:35 | Japanesecalligrapher | Comments(0)