ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

神戸から、Manchesterへ✈️

6月21日にKIXを発ち、遠いイギリスへの最初の到着地Manchesterで、ダミアンと再会した✈️

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🌠

思えば彼と出逢ったのは、かれこれ15年近く前になるだろうか、

神戸北野外人クラブへ、書道の講演と、workshopに呼ばれて行った日に始まる。

その時、ダミアンと少し書道のお話をしたと思う。

彼はCambridgeから神戸大学に日本文学の研究で留学に来ていた。

夏目漱石の研究をし、博士号を取得され、

ロンドンで「ロンドン(実際は漢字)塔」の出版を控えていた。

その本の題字の依頼の為に拙宅に来られたのが彼との交流の始まりである。


ロンドンの出版社から出版された彼の「ロンドン塔(実際は漢字)」は、

コロンビア大学の「ドナルドキーン日米友好翻訳賞」を受賞された。

私もNYコロンビア大学の授賞式参列の光栄を与えられた。

物語は長くなるので、話を今回の旅話に戻そう。

a0098174_15251023.jpg


↑彼の子供達の通う学校
a0098174_15263179.jpg


a0098174_15273992.jpg

緑と花に囲まれ、美しい佇まいの学校。

長旅の疲れも吹っ飛ぶ~💫


a0098174_15282071.jpg

時差ぼけを感じることもなかったので、Manchesterの町を案内してくれた。

派手さはないけれど、重厚な石文化の建築物。
a0098174_16081749.jpg



a0098174_16111063.jpg

a0098174_16194342.jpg

a0098174_16201972.jpg
権威、歴史の証↑

a0098174_16120269.jpg


a0098174_16124571.jpg

Manchesterは活気ある賑やかな町だ。

a0098174_16185389.jpg

夜と言っても10:30くらいまで明るい💫


此れから3泊ダミアンの歴史あるマンションに泊めて貰う。
a0098174_15312020.jpg

知りあいの大学教授は、
「イギリス人は信頼していないと自宅に入れない」
と言っていた❤️


神戸で知りあい、Manchesterでダミアンの家に泊めて貰う事を、想像すらしなかった。


今回の旅は、
WhitestoneArtsでの作品制作創作活動、と言う重大な課題を与えられている。


「見えざる采配」はあるのだ🌠✨💫🌠💫




[PR]
by shobirei | 2018-07-14 15:23 | Japanesecalligrapher | Comments(0)