ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

神戸から~小泉八雲とブロンテ姉妹の繋りを研究・ヨークシャーから


先週の木曜日に、ヨークシャーから日本に滞在中のSimon,Judith,Stacey、京都在住の浩子さんら4人が神戸に来られました。

浩子様は、昨年の
「京都漱石の会」でダミアン フラナガン氏の講演会に出席されて、同じ会場にいたのですね❗️

不思議なご縁を感ぜずにはいられません。


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

ネットを通してのやりとりでしたので、お会いするのは初めてでした。

三宮で会合を持ちました。
a0098174_14490918.jpg

a0098174_14494867.jpg
(お互いに写真許可済み)


彼らは、
ブロンテ姉妹の作品と、小泉八雲(ラフカディオ ハーン)の「KAIDAN.怪談」の世界を通して、イギリスと日本の・繋り・を模索、研究をされていて、女流書家の書作品が必要不可欠である、との発想から、私の作品がお目に叶ったようでした。

イギリスで、ダミアン フラナガン氏の講演会に参加され、漱石本の「草枕」「倫敦塔」の拙書作品を驚きの目と心で受け止めてくださいました。


脚本、映像、パフォーマンスと書の、アート作品を制作されます。

私は書の担当になります。

どのような、世界観が表れるのか、


私の精神の何が刺激され、


如何様な作品が出現するのが、私にもわかりません。


又々、新しい表現を求める、、、

と言う、未知の境地に入る、、、


家族とか、教室とか、現実の生活とは

別の次元になってしまう。


とにかく、
紙、硯、墨、筆

美しい文房四宝に囲まれ、

髪をひっつめ、手足墨まみれになる。



✡️
ヨークシャーから素晴らしいプレゼントをご持参くださいました。
a0098174_14533051.jpg

ジョン クレアの詩集、

ブロンテ牧師博物館日本語版、

ハワースの美しい絵葉書、

イギリスらしく緑の広大な彼らの

アトリエのカード。

お招き頂いているので、

必ず行きます!

フラナガン氏からも

光栄なお招きを頂いてるので、o(^o^)o

イベントは、来年、再来年に
開催されます。

日本でも開催される予定です。


私からの手土産は、
神戸兵庫津老舗海鮮問屋「樽屋五兵衛」様の

神戸名品に選ばれた

「スモークくぎ煮」

クラッカー、チーズ、ワイン、ビールにもピッタリとお伝えしました。

スモークくぎ煮のパッケージは明治時代の兵庫の古地図なんです。
なんともノスタルジックで、当時の神戸のハイカラな居留地がイメージできますね~
ドイツ人がドイツ語表記で作った地図なんですって。
a0098174_11520229.jpg
私はこの古地図を額に入れて眺めるて、今に繋がる神戸の雰囲気に気分を馳せています。勿論ワインは欠かせません🍷


ヨークシャーで御召し上がりくださいませ🍷


いつもキーワードは、

「出逢いの不思議・繋り・ご縁」ですね。
















[PR]
by shobirei | 2017-05-28 14:11 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)