人気ブログランキング |

ブログトップ

光を孕む書道 ~Misuzu-ism~

神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu ・嵐の家」Tokyo での上演に向けて⛩️

今日は春の嵐とか、
神戸では恐ろしい程の、

風の音(-_-#)

エミリーブロンテの小説「嵐が丘」の全体にを覆う

グレイの世界・・・

凄まじく吹き荒れる強風の荒野・


窓を叩くのは、

風か、幽霊か~~~~~~

光を孕む書新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です

2018年の夏、

イギリスのヨークシャーで

小泉八雲、エミリーブロンテの研究家により

制作された

日英ウォークインの建築、ビデオ、サウンドのインスタレーション(空間表現)を紹介させてくださ~い☆


平和と感じながらも

窮屈な締め付けの中に暮らす私達ですが、

「オープンマインド・open mind」の世界観を

イギリス人の研究家が

ハーンとブロンテを

比較された空想の世界で

ストーリーを 制作・表現しています


この発想を初めて聞いた時は、

理解が追いつきませんでした~☆

凄いことです

私は驚きの着想に

魅了されています




神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu ・嵐の家」Tokyo での上演に向けて⛩️_a0098174_15235046.jpg



☆嵐の家・日本語パンフレットより☆

支援してくださるIT代表が制作してくださいました✨



神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu ・嵐の家」Tokyo での上演に向けて⛩️_a0098174_15295535.jpg


有り難いです💻🗂️🖱️



Judithからの、紹介文です🌠




[Stormy House/Arashi no ie 嵐の家]  White Stone Arts ~メッセージ

それは小泉八雲の「怪談」と、エミリーブロンテの「嵐が丘」に現れる、現代の子供の幽霊の世界です。小泉八雲(ラフカディオ ハーン)の自伝や彼の日本文化、(日本文化の西の地方の風景の)西洋文化との違いについての著書を深く研究した後、White stone arts

私達主催者3人が2017年に本州の地方都市を旅するための基金を得ました。

松江、京都、神戸というハーンゆかりの地、そして本州北方の遠野、恐山という、霊に深い縁のある地を含みました。

その理由は、私達のショーの核心が、亡くなった子供達とブロンテの子供時代の空想の世界が結合して生まれた、子供の幽霊の存在にあるからです。

笹川財団と大和財団が、共に文化庁と英国国際芸術発展基金と共に、16日間の旅をサポートしてくださいました。

その旅で私達はハーンの曾孫である小泉凡、祥子夫妻、そして神戸発信の書家小阪美鈴と、舞踏家今てん子と村上リコに出逢いました。

これらの人々と、この企画を実現するためのアイデアや、歴史的背景を深めて、イギリスでの公演を行いました。

そのイギリス公演以前の2018年にハワード ムーアという地にスタジオを移す基金を得て、59プロダクツと共に、このショーで組み込まれる幽霊の映像を撮影したのです。

この進行状況下でブロンテNK博物館の協力を得て、小阪美鈴(書家)の為の在留許可を英国大使館より得たのでした。

現在、私たちはまだ訪れたことのない首都東京でのショーの開催を実現するべく、Tokyo Tokyou big world が求める50%の資金のスポンサーとなって頂ける協力企業、団体、もしくは財団を募っています。(東京の団体の協賛がなくてはこのTokyo Tokyo big world には参加が叶いません)

私達の日本での協力団体は東京にはなくて、京都と松江にあり、共に情熱を傾けてきた個々の芸術家も、それぞれ東京の外に拠点があります。Tokyo Tokyo big world その地元東京での母体となる企業や、団体を求めているのです。

ショーはユニークで、子供達にとっても、教育的な意義を多分に持っています。神道とケルト文化の探求、それが持つ女性除外の文化的意味等にも係わる研究です。

このショーが必要とする総額は40,000ユーロ(約400万円)

となります。この金額は日本への旅費と滞在費を含みませんが、この企画が招致に成功し東京での上演が可能となった場合には笹川財団がここに関してのサポートに興味を持ってくださっています。

私達のささやかな、かつ深遠な生と死の魂の経験が、その源となった日本での上演の助けを得られる事を、心より願っています。

  White Stone Arts ,Haworth UK from Judith,Stacey,Simon,Leo and Megan



最後迄、お読み頂きありがとうございます✨📽️🎞️

是非とも、ご賛同を頂き

拡散していただきますようお願いいたします。




,


by shobirei | 2020-01-27 15:57 | Japanesecalligrapher | Comments(0)