人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

光を孕む書道 ~Misuzu-ism~

神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった


長い書道人生で多くの有り難い「逢」に出逢います。


神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_20261051.jpg


「めぐり逢う不思議」ですね🌈


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🖌️


書道ばかりでなく、広く各分野でご活躍の方々に出逢えるのは、

私の場合、書道を抜きにしてはあり得ないですね


映画ロケサポートリーダーであり、

素晴らしい珈琲マイスターでもあるお方に出逢いました



ジャーン💗
T氏です(アップの許可があればお名前を~🔔🥰)

彼は珈琲のartistです

私は勝手に師匠と語らせて貰っています😊



映画「BLACK RAIN」ロケサポートチームクルーのチームリーダーであり、

高倉建さん、松田優作さん、アンディガルシアさんらと


撮影に同行されました





神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_17105897.jpeg





⭐⭐⭐



神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_17115190.jpg


高倉健氏お好みの

オリジナルブレンド「K.T」




⭐⭐⭐



神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_17124158.jpg


松田優作氏お好みの

オリジナルブレンド「Y.M」



*撮影に同行され、

お二人の好みをお聞きになり、

ブレンドをされました







*有名な

「K.T,」「Y.M」を、

私は

緊張しながら、丁寧に点てています



薫り、テイスト、
やっぱり違いますね~☕


大俳優ですものね、


個性が強烈ですよね❤️



*(師匠によると珈琲は淹れる、ではなく、点てる)




⭐1回目
忠実に、

シンプルに点てて見ました

神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_17174573.jpg





⭐神戸ケーキの私の原点

ユーハイムの「フロッケンザーネトルテ」と「K.T」
お洒落な苦味があります


神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_17134321.jpg





食パンとクロワッサンマニアの朝食です

神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_17170954.jpg

言葉では表現し難い、

珈琲の、

薫り、深み、景色








⭐師匠の教え

珈琲の点て方ですが
先ずはいつも通り点ててください^^

うちの子供たち(珈琲)は
一応ちゃんとしつけておりますので
基本 どの様にお点てになられても
ちゃんと抽出出来るように
なっております^^

実は香料など余分な物を入れたりすると
何かと 何々はしないで下さい とか
温度は 何度以上 は駄目ですとか
お断りを入れるんですね^^

だったら 昔の人はどうしていたのですかね???^^

しっかりと炭火で新まで火を通し
じっくりとパンで焦げを付けて
香りを付ける

160年前命を掛けて海を渡り神戸に色々な文化を教えて頂いた
異人たち そして 今の珈琲や菓子の街 神戸の文化の礎を築いて頂いた名も無き偉人 に教えて頂いたレシピを守っているだけです^^


⭐師匠からの、珈琲愛に満ちた

このメッセージに感動し、

ファンになりました




🌈
アイス珈琲にも挑戦しました🥳

喫茶店で美味しいと思うアイスコーヒーに出会ったことがないのですが、、、

師匠の教え通りに点てると、

氷を入れても薄くならない🤩



神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_21174564.jpg


美しい琥珀色💗

程好い苦味💗

グラスの底迄、水っぽくならなかった😃

これが
本物のアイス珈琲なんだ~💖

マジ、美味しい❗




⭐師匠の教え
本来 珈琲は 嗜むモノ 楽しむモノ
であります!^^

先ずは珈琲を楽しんでください^^

そして 自分に合った味を見つけて下さいね^^⭐



🌿素晴らしい師匠です💐



今日は、私には敷居の高い

水出し珈琲に挑戦しています


神戸から、160年前KOBEに、珈琲と菓子文化が伝わった_a0098174_21430530.jpg


教え通りに

只今「K.T」様、

睡眠中💤です

次回は
水出し珈琲の

お話を~🤗


不順な天候が続きそうですね

ご自愛くださいませ🌿

心からの感謝を込めて🌠










by shobirei | 2020-07-12 17:08 | Japanese Calligraphe | Comments(0)