ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

夏休み親子でチャレンジ・伊丹

夏休みがはじまりました。
29日(日)に「親子でチャレンジIN 伊丹」の講師としてスワンホールにでかけた。
挨拶のあと拙書のパフォーマンスを披露した。
宮沢賢治「星めぐりの歌・一番」と出会いの妙を意識して「一期一会」を書いた。

いよいよ、自分達の作品制作が始まる。
やや緊張気味;;;
綺麗に上手に書かなくていいのよ*とアドヴァイス。
おおらかな点を伸ばすように助言した。


各々、書きたい文字、言葉を、色紙に書いて、家に飾ろう というイヴェントである。小3~小6の親子が参加した。
笑う、うた声、光、大空・・・etc.明るく希望に満ちた言葉がならぶ・・・。


できたー!!!皆笑顔になった。


プロデュースのOさんと。
a0098174_2140221.jpg


BIREIオフィシャルサイト
a0098174_21543148.jpg
a0098174_21545625.jpg
a0098174_21562018.jpg


今の子ども達って色々言われてるけど、
どの子も真剣で素直に心をひらいてくれた。
昨年NYでお会いしたドナルド・キーン先生は「私は今でも、高校の必須を数1.2.3より書道にするべきだと、本気で思っている。」と語っておられる。
戦後の教育に関する会議で、そう意見を述べたが、誰も本気にしてくれなかった・・・と。

書道教育の重要性を再認識した「日」でもあった。  感謝。
a0098174_22143579.jpg

[PR]
by shobirei | 2007-07-30 21:44 | 書家 | Comments(0)