人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

小橋かおる著「花と爆弾」原画展・

a0098174_2312431.jpg
1日から芦屋・男女参画センターで小橋かおる短歌集「花と爆弾」原画展が始まっている。
メッセージとしての、絵と短歌が、ピッタリと、読む者のココロを揺さぶり続け、平和活動を啓蒙している。

書家として、かおる氏のアフガニスタンの子供を思う精神に賛同し、短歌を拙書として協賛させていただいているが・・・

今回、初めて原画をまじまじと拝見した。
彼女は大学の英語教師であり、絵は全くのシロウトとのこと。
そんな彼女が突如として、何かに取り憑かれたように2日間で24枚の絵を描き上げたと言う。

卓越したバランス感覚で描かれていた。
彼女も、卓越したバランス感覚を与えられていると、思った(前日ブログ参照)

原画を見ながら、絵の構想は、どのように考えたのか、聞いてみた。

「全く何も考えないで、ひたすら鉛筆を動かした・・・」と。

これって、凄くないですか?  ホント、凄いことです。
神がかりで描けたとしか、言いようがありません。

人のココロを打つところには、必ず「神がかり」が存在すると、私は確信しています。

書に携わっている私にも、そんな「時空を超えた無の時」が来てくれる事があります。


真摯に追求するところに「奇跡」が降ってくるのかも知れません。


会場は、かおる氏の「アフガニスタンのこどもの平和を願う心」に包まれ、キラキラと多くのかけらが舞っていました。
綺麗な空気の流れる会場になっていました。



小阪美鈴HP
by shobirei | 2008-09-04 23:07 | 平和 | Comments(0)