ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

カテゴリ:神戸の女流書家( 238 )

GWの初日29日から

釉薬の発展により姿を消していたとされている

陶胎漆器という古の技法による美術工芸品と、

御室流の華と

拙書とのコラボ展が実現しました。

コンセプチュアル書アート・神戸発信の女流書家小阪美鈴です



今日、陶胎うつわ・花器・香炉・お花の搬入に立ち会って来ました。

伝統工芸品である陶胎花器に合わせて、今日初めて出会った花器に

素晴らしい感性でお花を生けられる満石陽甫先生



次第に「和モダン」の世界が作り上げられていきます!

a0098174_21562251.jpg


「和」の「研ぎ澄まされた空気」に深呼吸(^_^)v

a0098174_21583458.jpg


a0098174_2291692.jpg


自宅の設えに素晴らしい刺激を戴きました。

「和」回帰です☆

二つの展覧会を終えたら、インテリア・設えの見直し~~~ワクワクしてきました\(^o^)/



企画コラボ展

うつわ・書・華

うつわ・造形工房 和月 [田村一博・石田瑞夫]  

  書・小阪美鈴
 
  華・満石陽甫[御室流]


a0098174_22332676.jpg




5月8日迄、神戸市中央区下山手通り7-14-24
ギャラリー「オスカー」  078-361-3567


金沢美術工芸大学卒業の

穏やかな先生と、

陶胎美術・アートのお話をしてみてくださいね~

a0098174_2275548.jpg


     田村先生・石田先生


会場はモードで凛とした空間が現れました!


a0098174_12263046.jpg




お待ち申しあげています(*^^)v


Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-04-28 22:31 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

今日は真夏の暑さでした。


KOBE 発信の ・光を孕む女流書家小阪美鈴・です。

KOBEのギャラリーでの企画個展も明日搬出!

書に
アイディアとコンセプトを込めて、

コンセプチュアルアートと位置付け制作、発表しました。

言葉と言うコンセプトに、

心象を反映できるように多少の狂気の世界にはまり込んで・・・


はっきり言って疲れます。

心身ともにいっぱいいっぱいになりました。

個展が終わると、

もーしばらくは「個展はしないぞー」って、いつも思います。


個展前の精神の疲れまくっていたとき、、、

ある画廊で

納 健 先生のこの絵画に魅せられてしまいました。

じーーーーーーっと、目が釘付けになり、

涙が流れて来ました。


a0098174_20124228.jpg

・ノートルダム寺院・

購入を決めました。

自宅で掛けるスペースも決まっています(^^)


まだこの作品を取りに行っていないのですが、

明日の搬出が終わったら、自分のところに来る・・・

と凄くワクワクしています。


納先生はほぼ15年くらい存じ上げているのですが、

やっと先生と

「ご縁」が繋がった思いがしています。

先生に

「20年かかってやっと先生とご縁が繋がりました☆」と申し上げました。

先生は「小阪さんにそんなに言ってもらえると嬉しいわ~」

とってもお優しい。。。

恐縮してしまいます。

先生の作品が

「私の心の目」に届いた。

どストライクです!

評論家山本忠勝氏のお言葉・

「みずみずしい心、感性を持ち続けてください」

年月を重ねても、

みずみずしい感性を~


良き「師」に影響を受け

恵まれた「書ARTの道」です。




Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-04-26 20:54 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

神戸では今日も穏やかな空気の下、書の個展の日を有り難く過ごしました。


ご来廊をありがとうございました。

作品に涙してくださったkさま、 

魂のお話を交わし、感動いたしました。

「書と言葉」は

偉大な・something great・ を示唆してくれますね。

神戸発信の女流書家小阪美鈴です。




九州では大きな余震が収まらず、

避難所の事、インフラの事、衛生面の事・・・

不便な日を過ごされお見舞いを申し上げます。

神戸では1995年に阪神淡路大震災を経験しており、

熊本地震への心配が重なり、恐ろしさがわかっていて、本当に神戸人は心配しています。。。




1995年の阪神淡路大震災発生時、

文化勲章を受賞された偉大な俳優、文筆家、文化人であられる森繁久弥氏の寄稿文が神戸新聞に掲載されました。

「我を育てし兵庫の里よ友よ

怨憎会苦といいます

修羅の巷と化した被災地には言葉もつまります

天災とは全く無惨なものですね

はたして対岸の火事でしょうか

遠くに居る無私の老人は迷います

そして心を奈落の底にいためます

やがて加えて加えて昨日今日の青空は

生きものへの嘲笑いでしょうか


   紅梅のこの赤のそら恐ろしげな
   腕さすり頬つねる昨日今日

   兄等の無事をどう祈るや
   その術もなき

   雲 流る  六甲よ」


感銘を覚えいつの日か、書で表したい・・・

とずーっと思いを抱き続けていました。



発生後16年経過した2011に、

ご子息である森繁 建にご許可を戴き作品として発表いたしました。



2011年に発生した東日本大震災。

そして熊本地震。


森繁久弥氏の天からのメッセージを、お読みくださいませ。

a0098174_223967.jpg


a0098174_22395028.jpg


森繁久弥作詞作曲「オホーツクの舟唄」 (知床旅情と同じメロディーです)

23日ライブ&書のパフォーマンスで


熊本の被災者の方々に思いを馳せ、参加くださった皆様と歌いたいと思います(祈)

ご子息の森繁 建様よりご許可を戴きました(感謝)


早く収束に向かいますように☆

Misuzu Kosaka offisial HP
[PR]
by shobirei | 2016-04-20 23:08 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

書の個展初日

よいお天気に恵まれ、個展初日を迎えることが出来ました。

私は、群がるのがにがてなので、

ずーっと個でマイペースで開催させていただいています。

健康で書の個展を開催できる幸運を、かみ締めたいと思っています。


神戸発信の女流書家小阪美鈴です



開始時間には、もう若い友人が作品を鑑賞してくれていました。


「涙が溢れる~」って感想を言ってくれました。


「小阪さんのHPを見て、気持ちに惹かれた」って、嬉しい感想!


お仕事の合間に時間休みを貰って朝一のご来廊でした。


思いがけずも拙作品をお買い上げくださいました

ありがとうございます☆

彼女の益々の発展を願っています☆



「花と爆弾」を出版され、世界の子供達の支援を惜しまない活動をされている、古い友人の小橋かおるさんが

オーストラリア人のご友人と作品鑑賞に来られました。

初来日というご夫婦は、

「字は読めないけど、美しいデザイン、ARTの世界を感じます。」

と、みずみずしいお心で見てくださいました。


「和」が素晴らしい!」と記念写真を。
a0098174_214154.jpg


a0098174_21403983.jpg




「和」は私もデザインとして気に入り、作品に致しました。


モードな感性を「書道に活かす」



平日の初日乍ら、ご来場、作品購入のお電話等、本当にありがとうございました。



27日迄、

健康で書の個展に身を置ける幸運な思いを抱いて、


心映えよく、気持ちよく皆様と

「書のある空間・世界」の安らぎに、


美しく佇みたいと思っています。

ご高覧の程、お待ちしています。




Misuzu Kosaka official HP

ps.

最近各新聞に、アート欄美術情報が無くなっているのですが、

朝日新聞は変らず、掲載の電話をしてきて、きっちり掲載されます。

感謝!

明日、記事をUPしますね~





[PR]
by shobirei | 2016-04-19 22:02 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

19日(火)~27日(水)迄、KOBE下山手通ギャラリーオスカーで個展を開催いたします。

テーマは自在

a0098174_22381324.jpg


KOBE発信の女流書家小阪美鈴です。


1999年の初個展以来、何度の個展を重ねて来た事でしょう!

多くの温かいご支援・ご縁を賜り続けて参りました。



書の概念をアヴァンギャルドに打ち壊し「小阪美鈴ワールド」を展開しています。


日々に感じること、深く心に届いた「言葉・心象」を Misuzu-ism として展開しています。


きっと新しくご来場の方は、


「これが書道?」って思われるかも。

(大御所ほどそう思われます。自分の築いてきた書道と違うから・)



概念を変える時代がやってきています。

書道も進化しなければ・・・



尊敬する大好きなオノヨーコも、


ごく当たり前の言葉が大切だと語っていますね。



偉大な芸術家も

「日々に与えられたことを精進するだけ」と語っているのには、


大いに勇気付けられました。



ご来場の皆様の「みずみずしい心・美を見る目・感じる心」に触れたいです、語り合いたいです。




今日、作品の搬入をしました。

コンクリートの打ちっぱなしのモダンなギャラリーです。

a0098174_22251063.jpg


a0098174_22254850.jpg


a0098174_22261471.jpg




充電と放電をくり返し、多少の狂気を孕みながらの作品制作。


続けて来られた感謝と


私の作品のケジメとして、


今までで最多の70点ほど展示しています。


ご高覧の程、お待ち申し上げます。




MIsuzu Kosaka officiar HP


☆☆☆
毎年、阪神淡路大震災の記憶を作品として発表していますが・・・

熊本地震に心が痛みます。。。


深い祈りを抱いて・・・・・☆☆☆
[PR]
by shobirei | 2016-04-18 23:05 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

余震の中で

大きな地震が起きてしまいました。

阪神淡路大震災を身をもって体験したKOBE人にとって、あの凄まじい状況、光景が鮮明に脳裏に甦ってしまいます。

KOBE発信の女流書家Kosaka Misuzuです。


昨日で収束に向かうかと思われた熊本地震。。。

まだ厳しい揺れ、余震がひっきりなしですね。。。


被害状況の拡大が心配です。。。

a0098174_1016342.jpg



みんなの優しい支援・お心が届きますように・・・


小阪美鈴
Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-04-16 10:27 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

作品制作の合間に

桜の花もほころびはじめ・・・

私も3日の日曜日にお花見をしま~す

KOBE発信の女流書家小阪美鈴です



先週の土曜日26日に、東灘区民センターで1dayフェスタが開催されました。

第1回目なのですが、

予想を上回る大勢のお客様が、ご来場くださいました。


以前区民センターと言われていたこの会館は、「落語寄席」を開催していました。


桂 文枝、笑福亭鶴瓶、明石家さんまさんら今をときめく大物さんたちが、荷物運びとか、修行中だったと言う話も聞きました。


「落語で東灘をめぐる~」

復活しました!


この日のご出演は神戸在住の

桂 三ノ助さん
a0098174_22324937.jpg


笑福亭智之介さん
a0098174_22343280.jpg


高座に上がられました。


つかみから皆、大笑い\(^o^)/

さすが~!って思いました。

厳しい稽古に明け暮れてられるのだろーなー\(~o~)/


メクリを書かせていただきました(^^♪


灘の酒造り唄保存会による実演も拝見しました。
a0098174_22391113.jpg



二つの個展の企画を戴き、

チョー
過密スケジュールの毎日ですが、

愛車でお出かけしたり
a0098174_22424123.jpg



気分転換に、RODANで習ったスパイスティーを作ったり、、、
a0098174_22435063.jpg


スパイスティーは、茶葉やスパイスの微妙な分量や時間の違いで、出来上がりが違うー

奥が深いわー


こんな日々をけなげに過ごしている女流書家でーすが~

(内心、実はものすごーくプレッシャーと葛藤しているのです^^;)

a0098174_22492753.jpg

a0098174_22494834.jpg


ご高覧くださいますようお願い致しますm(__)m


Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-03-30 23:02 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

3月26日(土)、KOBE東灘区民センター小ホールで、

~東灘名所めぐり・まち歩き・灘の酒造り唄、落語で東灘をめぐる~

が開催されます。

すっかり春めいて参りましたね♪

KOBE発信の女流書家小阪美鈴です。



*当日の午前中は、魚崎界隈の史跡や建物を案内人の説明を聞きながらまち歩きをします。



書道教室を長年続けているおなじみの会館で、スタッフの皆様には大変良くしていただいています!(^^)!
a0098174_2315119.jpg



文化庁からの推薦で伝統文化書道教室を2年間、開催したこともありました。



組んだカリキュラムの中で魚崎、住吉界隈の史跡を歩いた日を思い出しています。


午後は東灘区民センター小ホールで、東灘の歴史、成り立ちを、昔の写真、映像により学習します。

 講演、解説は、神戸深江生活文化資料館副館長、道谷 卓氏。



灘の酒造り唄保存会による唄の鑑賞。





落語~落語で東灘の名所めぐり~


 出演・桂 三ノ助 (上方落語協会所属~神戸在住)
     笑福亭 智之介 (上方落語協会所属~神戸在住)

  お二方の「メクリ」を書かせて頂いています。
「メクリ」とは、高座で、芸人の名前が書かれている紙です。


どうぞ、ご来場くださいませ~



私は、17:00 ~

この会館で書道教室があって、

「メクリ」を書かせていただいたご縁もあるので、

落語会を楽しみに聞かせて頂きま~す\(^o^)/


Misuzu Kosaka official HP




  
[PR]
by shobirei | 2016-03-22 23:06 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

有り難いことに4月~5月のゴールデンウイーク明けの8日迄、2件の企画個展開催のお話を戴きました。


KOBE発信の女流書家小阪美鈴です。

第1弾は、

中央区氏も山手通り7-13-24 ギャラリー オスカー

4月19日(火)~27日(水)  11:00~17:00  最終日16:00迄

テーマは

自在

自由な人間、女であり、

奔放に生きる。



文字、言葉の意味に捉われることなく、

墨色、描き出される線の中に孕まれる

心象表現を産み出したい。。。

自分の心象を表してくれる作品が現れるまで、、、

多少の狂気を

帯電、放電しながら、

作品を表具屋に渡すまで

まだまだ、しんどい日々が続くわ~


DM作品は

昇り龍
a0098174_22233550.jpg


生きる道・未来も運も 

上げ上げになって拓けます様に、

との祈りと願いを込めてます☆

23日(土)は、13:30~


ライブ&書のパフォーマンス、クラシックギター演奏、演武(居合)の披露等、盛りだくさんでーす。
a0098174_22331983.jpg


4月のうららかな午後のひと時をご一緒しましょう♪  

ご来場をお待ちしています!

もしかして、私も歌って、書いて~~~


頑張った分、

個展会期中、皆様と楽しみたい~!!!!!


順次、追ってDMを発送させていただきます





Misizu Kosaka OFFICIAL HP
[PR]
by shobirei | 2016-03-16 22:48 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

方丈記・五大厄災・3・11

鴨長明は存命中に五大厄災を体験している。

その光景を美文随筆「方丈記」として、緊張感ある筆致でリアルに書き残してくれている。

天変地異はいつ襲って来るかわからない。

神戸発信の女流書家小阪美鈴です。



a0098174_2052511.jpg


山はくづれて 河は埋み 海は傾きて 陸地をひたせり。

地の動き 家のやぶるる音 雷(いかずち) にことならず。

走り出ずれば 地割れ裂く。

恐れの中に恐るべかりけるは ただ地震なりけりとこそ覚え侍りしか。

a0098174_20532965.jpg




「人とすみか」には、長明のゆきついた心境、人生観、住居の美意識、

日本人の「数奇心」に生きる心情への「憧れ」が脈々と流れているのだと思う。


天災の発生のありませんように、

1・17、3・11
愛と祈りを込めて


Misuzu Kosaka official HP




追伸、
4月19日(火)~27日(水)まで、小阪美鈴書展。
23日(土)ライブ&書のパフォーマンス、クラシックギター演奏、演武(居合)の披露 等のお楽しみ会があります。
詳しくはHPを見てくださいね♪



ご来場をお待ちしています♪
[PR]
by shobirei | 2016-03-10 21:46 | 神戸の女流書家 | Comments(0)