人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

カテゴリ:新書道神戸発信女流書家( 39 )

日本全国、凄まじい暑さの日々、、、

神戸も強烈な、信じられない太陽が、ギラギラ151.png174.png174.png174.png174.png

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


blogも日常に追われたり、グズグズしてたりで、

すっかり遠のいてしまった~"(-""-)"



日本を覆う空気は

スゴく慌ただしく忙しいですね~




情報量、音が多すぎて、疲れませんか?

私は、たま~に、

TVはうるさいし、最近の音は美しくないし~

なーんて、感じてしまいます~(^^♪  
(ごめんなさいです(*'▽'))

それで、美しい音楽鑑賞に出かけたり、音源を聞くと、やっぱり心地よいですわ~(^^♪♫♬



173.png

「気分転換」「環境を変える」「お気に入りの居心地に我が身を置く」...etc.




涼しい環境で筆を持っているときは 日常から昇華できるな~177.png←これ、し・あ・わ・せ~(実は必死💦)


🌻

それにしてもホントに日本の夏は、「No」

それでも未だ私は「避暑」を、あきらめていませんよ~


173.png
モーレツな暑い日に、

2018年、神戸市北前船寄港地として、

日本遺産に認定された「kobe・兵庫津」へ行って来ました。

一昨年、神戸開港150年記念eventで

平清盛が起こした「経が島」を人工的に再現し、

その島の上で「経が島」を揮毫の栄を授かりました🖌️🖌️🖌️

高田社長様、
光栄なご縁に感謝です、

ありがとうございます🚢




記念イベントの船上パフォーマンスのYou Tubuです。↓

制作頂いたN様、いつもありがとうございます✨






兵庫1300年のの歴史遺産である

兵庫津が、

兵庫商人十五代目樽屋五兵衛社長高田様や

官民一体となった多くのご尽力と情熱で、


「日本遺産認定・JAPAN HERITAGE」されましたヽ(^o^)丿




その兵庫津にある、

「樽屋五兵衛商店」へ友人と行きました。

a0098174_01303843.jpg

絶品「天然紅鮭・とれとれ夏しらす」get.


綺麗な鮭です☺️

チリメンジャコは、和食のイメージだけど、

用途無限大です。

パンやチーズとも合っちゃうし❤️

🍷、ビール、🍶のアテに、ささっと出せて便利~(^-^)v


🐟
近年、魚の回遊事情が変わっているとのこと・・・
海産物への熱い思いをお聞きしました。

天然にこだわる高田様の目利きに美味、太鼓判!(^^)!

a0098174_09383731.jpg


沢山お話ができて、

このお写真、良い笑顔ですよねー172.png











173.png
秋に向けて、
昨年、英国人の制作による

 Lafcadio Hean「怪談」」、Emily Bronte 「Wuthering Heights」に参加した日本での発表に向けたpromotion方法、支援してくれる企業、団体等に前向きに進めていきます。


by shobirei | 2019-08-08 01:52 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

小阪美鈴書道クラブには、
書の中に何かを見い出し、

色んな目的、目標を抱いて
来られています。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


書くと言う行為は読書(読む)とは違った、

能動的な意味があります。

書道を学びながら、

書道の魅力を見いだし、

お仲間と共に

達成感、充足感を体感されていきます。



今日は、毎月の競書出品事務作業に追われていました~🏃‍♀️

a0098174_00410663.jpg


皆様が其々、真剣に書かれた7月号の課題作品の中から、

最高の一枚を選びます。

この作業がとても重要です。

選ぶ私の審美眼が問われます。



上級者の課題は、草書で、

a0098174_00521242.jpg

唐・孫過庭「書譜」(687)です。↑



その他、進度に応じた課題があります。

a0098174_00544891.jpg

行書
王羲之「蘭亭序」↑



a0098174_00575161.jpg


楷書

北魏・方筆楷書「高貞碑」↑




⭐日本だけの美しい文字、「仮名」

a0098174_01043357.jpg


a0098174_01054486.jpg




日本語特有の漢字と仮名の日本語文を書く、新和様


a0098174_01073769.jpg




まだまだ別途、学生用の課題、コンクールもあります💪



小阪美鈴の教室にご縁の出来る方は、

HP,個展を見て、

「小阪美鈴の字が好き❤️」と言って来てくださるので、


競書だけでなく、

「自分の心から沸き上がってくる言葉」の表現に、


助言したり、提案をします。


その為にきちんと基本を学びたいと、

日本書道教育学会の
「不二」に競書出品を希望されます。


それは、とても重要な要素を含んでいます。

巷に氾濫する「面白い字・へた上手・品格のない文字」を見分ける目を養う事になるのです~🖌️

お役に立てれば~と思いながら

書道クラブが続いています。




書家として、作品製作中は、

精神が、

平常とは異なる場へ昇華する状態にありますね~


しんどいけど、

毎日の継続の途中で、

知らぬ間に、
何かが助けてくれるのかも知れません。

(だいぶ煮詰まってるから与えてあげよう✨)って🌠






by shobirei | 2019-07-08 00:25 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

5月、6月と東京へ行く機会があり、

ご縁を頂いた
開運コンサルタント松田聖子様(本名❤️)

笑顔が素敵です☺️

幅広いジャンルの方々と繋がっておられます✨💞

私の作品パンフレットを見て、

ビビっと、

不思議な思いを直感されたとか😉💖


お声をかけてくださいました。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。



松田聖子様が、

八ヶ岳有機野菜・魔法の万能ドレッシング・フェリチタを

神戸の自宅へ送ってくださいました😃

長年、ドレッシング難民の私、

これは、嬉しいプレゼント~💝


a0098174_21392226.jpg


サラダマニアのあたくし😁


フェリチタとは、

イタリア語で幸せの意味だそうです。

特徴は、

おいしい、かんたん、あんしん


ワクワク😃💕です。


ナチュラルな包装も和む~🌿

a0098174_21404023.jpg

基本、

在宅仕事なので、

淡路島、海、遠くに臨む瀬戸内海、

空、緑と風🌿の中で英気を復活させています🌠



拙書が

誰かの心に響き、

繋がり、
ご縁が拡がって行く✨


神社に生まれた私は、

見えない何かを纏って生きているのかも知れない~

って思う事があるの⭐

そして、

見える、感じる、勘の鋭い方々と

繋がり、

生きているのだわ✨


感謝です🍾♥️😊🌿




古典、現代書、あらゆる書ジャンルの作品を創作しています。
あ、ここに「書」があれば、格が上がるなぁ、格好いいなぁ、
落ち着きそぅ、深呼吸できそぅ、
気持ち良い設えになるかも~✨

お祝い時、本の装丁、格調高い看板、店内作品(和食とは限らないですよ、スペースに合った作品を制作します)、布地へのプリント文字墨絵、etc.


良いかも🤩

と、

閃かれた時は、ご相談下さいませ💖













by shobirei | 2019-07-03 21:38 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

梅雨入りのこの頃、

紫陽花に心が和む、

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。



6月15日(土)、早稲田駅近くの夏目漱石山房記念館で、

イギリス人文筆家、評論家、文学博士ダミアン フラナガン氏の講演会が開催されました。

激しい雨の中、熱心な漱石研究者、ファンが集まりました。



フラナガン氏は、既存の日本の文学について、

ユニークな側面から新しい波紋を投げ掛けてくれます

↓ダミアン フラナガン「こころ」
題字・小阪美鈴
a0098174_22315279.jpg


↓ラフカディオハーン「KOKORO」

a0098174_22321287.jpg



フラナガン氏は同時代に生きた、

漱石、ラフカディオハーンの、


「こころ」の表現の相違に注目し、自身の見解を発表されました。

ラフカディオハーンは素晴らしい文章で客観的に日本を写生し

各地で文章を残しているが、


一方、

漱石は内面的な心模様を分析し、


漱石の意識の中にある想像力により、

小説として物語を構築し、

発表したとの解釈を述べられた。



以下は私の少ない知識からの印象だけど、、、

ラフカディオハーンは、


神戸に来たとき、洋風化するのが先進的とする、


当時の居留地界隈や、西洋化に傾く神戸の様子

に嫌悪感さえ抱いていて、

本来の日本は、

地方、奥地に息づいいる文化、暮らしこそが

「日本的」なのだと、感じていると思われる。

ラフカディオハーンには、

日本文化が新鮮に写り、心から日本文化に心酔し、

愛したのだと思う。

外国人から見た当時の日本文化は、

現代にも各地で継承されているのですね✨

文化人類学的かも知れない。


ラフカディオハーンは、
54才で亡くなったけど、
長生きしていたら、

まだまだ見ぬ世界を旅したかも知れないなぁ~
なんて、思う。




↓ダミアン フラナガン著翻訳「倫敦塔」
題字・小阪美鈴
a0098174_23103193.jpg
2005.コロンビア大学ドナルド・キーン日米友好日本文学翻訳賞受賞


↓中扉字・小阪美鈴
a0098174_23105948.jpg


a0098174_10155419.jpg



漱石はロンドンに留学させられたけど、

ロンドンや、イギリス人にあまり関心がなかったようで、

ただ1度「ロンドン消息」を子規に求められて


「ホトトギス」に発表している。



倫敦塔に漱石は行ったが、


見た印象、写生、風景は一切書かず、

漱石の意識の中で想像したファンタジーとして、


「倫敦塔」を発表した。


フラナガン氏は、

漱石の文学は、

内面性を分析し

表した芸術作品と、

語られた。


私は大いに


納得した。



ウィリアム・ホフマン・ハントの

「雇われの羊飼い」の絵画に於ける

画家の内面の解釈、

観賞者の感じ方の

多様性は、

興味深かった。

a0098174_22100815.jpg



ダミアン フラナガン氏は、

ラフカディオハーンの「心」は、

日本国民、日本文化を分析し、


漱石の「こころ」は、


人間の「こころ・秘密」を分析している、
と、

語られた。



講演を拝聴して、

今回の講演は、


正に
ダミアン フラナガン氏の、

芸術観なのだ、


と、

私は

彼の内面の核心を垣間見たのかも知れないと、

勝手に思っているの。





フラナガン氏の講演も、

彼の内面を

彼自身が分析して、

美しい日本語の文章で綴られ、講演された。



絵画も

書も



作品制作過程に於ける、

芸術に対する

思い入れ、感じ方に、

凄く納得し、

力を与えられ、刺激、感銘を受けた私でした✨





漱石、八雲、子規の研究者、ファンと、
興味深い質疑応答中のフラナガン氏


a0098174_22091998.jpg


イギリス人らしいユーモアとウィットで笑いを誘う場面も~😃




昨年以来半年ぶりの再会です✨
a0098174_22112731.jpg


沢山の学び

気付き

刺激

再会

ご縁は

有難い💞



by shobirei | 2019-06-16 22:27 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

今夜は満月🌕

銀色の月明かりの中に身を置き静かに揺れてみる

a0098174_17022405.jpg

自作の短文を屏風に仕立てました。

ある方が一目で気に入ってくださり、

私が画廊に着くまでに購入を決めてくださいました。

書家冥利につきます😃

沢山のお蔭様が繋がって、

なろうと思った事はない書家になり、

決められた導きのように今日(こんにち)迄歩んできました💖

「人生は不思議だらけ」ですわ🖌️🖌️🖌️


🌟「この屏風ね、今でも凄く気にいって設えを楽しんでるのよ😊」と、
今でも写真を見せて下さいます😊

「お気に入りに囲まれて暮らす」

豊かですね💖



🌟2月8日まで、神戸元町三菱UFJ信託銀行ショーウィンドゥで「震災の記憶!!vol.15」を展示しています。


1995.1.17早朝の経験したことの無い凄い揺れ❗️

「地震やわ❗️❗️」飛び起きました。

直後に実家の父から「地震やぞ、大丈夫か」と電話がかかりましたが、

その直後は通信不能になり途絶えてしまいました。

両親は亡くなってしまったのですが、

あの日の父の様に、大雨やら、地震やらあると、

「大丈夫❕❔」と
父を倣って必ず電話を入れるのを私の役割にしています。

1.17大震災の前日の16日に

ハリソン フオードの「今そこにある危機」という映画を見ていたのですが、

まさか翌朝にこんな大地震に見舞われようとは、
私のみならず

誰もが想像をしなかったことでしょう❕

ある方から、

「先日三宮へ行ったので震災の記憶の作品を見てきました。涙が溢れました。写真を撮りましたが、他の方も撮ってられました。」
と、LINEをいただきました。

a0098174_08105712.jpg


寒い中、誰もが被災者であった「あの日」に思いを馳せる、
そして生半ばにしてなくなった方々を思うのは、

何よりの供養になるのかもしれません。


「忘れない🌟❤️🌠」
a0098174_16443970.jpg

江戸時代の後桜町天皇の残された「仮名心経般」に、

女天皇の深い心情を思うと、
資料を見ながら涙が溢れました。

変体仮名でしたので、
誰にでも読めるようにとオリジナル作品「仮名心経」を発表しています。

画廊に来られた高名な評論家から、

「今までにこんなに優しい般若心経をみたことがあるだろうか」との
論評記事を書いて頂きました。

🌟仮名心経は、

其々の場で見えない力、幸運を引き寄せてくれています✨

🌟必ず「うまく行く」のです。


🌟新時代の夜あけ

今年は災害の無い年でありますように祈ります🌠

そして健康で暮らせますように~💪😄💖


P.S.
fullmoon、midnight、from KOBE
a0098174_09012371.jpg

銀色の月明かりのfullmoon🌕
深夜、拝みました🌕





by shobirei | 2019-01-21 08:10 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

a0098174_21493076.jpg
思い付かない色あいをchoiceしてくださるので、楽しみにしている月一のFlower arrangement


今月29日30日にアート展を開催され拙書出品する西宮のW'B'corporationK様宅での月一のお稽古😊

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です👘


今日のイメージは「お花畑」

ラウンドパターンで活けてみました。

a0098174_20574042.jpg


ラウンドは始めてなのですが、

テーブルの中央に置いて360度

どこから見ても華やかに~と教えていただきました😍

我が家にはこのラウンドパターンが一番ピッタリきます😃

a0098174_10065700.jpg


クロスを和の古典柄布に代えてみました。

a0098174_22272838.jpg

misuzu-ismは、
「新感覚モードな和」

お花は、やさしくて、

人の苦しみとか、

厄を吸ってくれて

お花は枯れていくのだとか☘️


✡️
帰宅すると、

明後日京都で
「塔短歌会」のO様の短歌作品出版記会がひらかれます。

その中の一首を作品にしています。

表具屋さんがモダンに仕上げて来て下さいました💚

a0098174_21473081.jpg


作品は当日お渡しするので

お洒落に梱包をいたします。

作品は後日公開~💖


✡️


11月3日4日5日の自宅感謝展に向けて

まだまだ作品創作しま~す( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


アトリエは、
作品、額などで山積み~🖌️


自宅展なので、
作品、設え、おもてなし等、

気持ちのままに、思い付く限り、時間の許す限り、

Misuzu-ismの空間を作り出します💓



「書のある空間」
安らぎと

やる気が

芽生えてきますよ❤️


今日も心身共に駆け抜けた一日でした。




秋めいた日々が続きますね🍁🍂🌾

季節の移ろいの美をみつけたいですね✨

「小さい秋」🎶🎶🎶🎶🎶



Misuzu Kosaka official HP
http://www.misuzu-ism.com










by shobirei | 2017-10-17 21:22 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

梅雨明け宣言ありましたか?

やはり「宣言」が現代社会には必要なのでしょうね。

「宣言」は未だのような気がしますが、

局地的な豪雨のニュースが連日ですね。

自然には勝てません。


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。



座右の銘「心映えよく暮したい」

a0098174_22091814.jpg



長年に亘り書道に関わり、

書art作品を発信していますが、

最初の師匠に必需品として教えて貰った

「五体字類」
a0098174_21115780.jpg


もう30年位年期がいってます。

a0098174_21135830.jpg



草書のくずしかた、読み解き方など、

書道に関わる人なら誰でも持っている辞書です。
a0098174_21141731.jpg



a0098174_21143760.jpg


使い込んでますね~📖

因みにAmazonでみたら、「古書」となっていましたが、価格は下がっておらず時代を越えて値打ちあるなぁ~と、感慨が深かったです。

あ、
新刊も勿論ありますよ😊


思えば遠くに来たもんだ🎵

でも終着点はないのよね。


小阪美鈴書道教室の生徒さんが師範取得の為、

大阪書学院で書道を再開して

「草書がわからない~」ってことなので、

「五体字類」を勧めました。

彼女は高校時代は最高有段者でしたが、

4月から師範コースで頑張っています。

本まるごと臨書の課題があり、

それでも❤️書くことが楽しい❤️と書きこんでいます。

✡️
若い頃、自分に投資するのは、

必ず人生の引き出しになり、

厚みの有る人生の道に繋がっていきます。


頑張る時は、
人それぞれ必ずあり、

誤解を恐れずに言えば、

「頑張りのおつり」が、

その後の人生を送る糧になるとも言えますね。


とはいえ、

書道は、固いイメージ、敷居の高いイメージですが、、、

文字を書く事で書法を取得し、上達し、まだまだだわ~
と、納得いくまで又書き込んで行く。

その時点での納得でいいのです。

目が肥えて、手、腕がついていくのです。



ガチガチに臨書、練習して、
病む方は男性に多いですね。



とはいえ、みんなが高度な書道を望んでいるわけでは無いですよ🎵

手紙、年賀状を自筆で書きたい💓から始めてみましょう🎵


皆さま、
文字に親しみ、楽しみを見出して下さいね❣️







by shobirei | 2017-07-18 21:11 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

こんにちは😃


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

今日もご訪問頂きありがとうございます🌟



今日、明日は、月末月初の私の繁忙期~

教室生徒様方の1ヶ月間のお稽古作品の中から、


各人最高の1枚を選び、競書に出品します。

その作業に丸2日費やされます。

特に今月は、3ヶ月に1度の昇段試験月なので、私も生徒さんも、

頑張りましたよ💪

長年続けている中高生が多く、

皆、本当にレベルが高いです。

最高段位である、「誌友」に2人が挑戦しています。

a0098174_11423171.jpg





この作業を終えたら、

自宅界隈の歴史散歩をしようと思っています。

a0098174_11442528.jpg


まずは、

高御座山(たかみくらやま)の頂きの2つの巨石、白川の高座岩。


伝説では、イザナギノミコト、イザナミノミコトが国を作られた時に、この岩で休憩され、安徳天皇も、ここからの景色を楽しまれた、と伝えられています。


雌岩の深い窪みにはいつも水が溜まっていでこの水は「寿命水」と信じられているのですって。



神社に生を受けた私がこの地に、

住んでいるのは、何らかの思し召しがあると思うようになりました

スサノオ神社は、毎年年明け時に参拝したり、、

制作、事務作業の息抜きに散歩しています。

a0098174_11522278.jpg


この階段は、

私の生家の、
楽楽福神社の階段を思い出します。

生前母は、

「階段が疲れたわ」と、話していましたね~



合間に、

「須磨の歴史散歩」をしていきたいと思っています。



サァ~

今から苦手な事務作業ですが、

一人一人が精魂込めて書き上げた作品です。


私の審美眼で

作業開始~❤️











by shobirei | 2017-06-04 11:33 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)


先週の木曜日に、ヨークシャーから日本に滞在中のSimon,Judith,Stacey、京都在住の浩子さんら4人が神戸に来られました。

浩子様は、昨年の
「京都漱石の会」でダミアン フラナガン氏の講演会に出席されて、同じ会場にいたのですね❗️

不思議なご縁を感ぜずにはいられません。


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

ネットを通してのやりとりでしたので、お会いするのは初めてでした。

三宮で会合を持ちました。
a0098174_14490918.jpg

a0098174_14494867.jpg
(お互いに写真許可済み)


彼らは、
ブロンテ姉妹の作品と、小泉八雲(ラフカディオ ハーン)の「KAIDAN.怪談」の世界を通して、イギリスと日本の・繋り・を模索、研究をされていて、女流書家の書作品が必要不可欠である、との発想から、私の作品がお目に叶ったようでした。

イギリスで、ダミアン フラナガン氏の講演会に参加され、漱石本の「草枕」「倫敦塔」の拙書作品を驚きの目と心で受け止めてくださいました。


脚本、映像、パフォーマンスと書の、アート作品を制作されます。

私は書の担当になります。

どのような、世界観が表れるのか、


私の精神の何が刺激され、


如何様な作品が出現するのが、私にもわかりません。


又々、新しい表現を求める、、、

と言う、未知の境地に入る、、、


家族とか、教室とか、現実の生活とは

別の次元になってしまう。


とにかく、
紙、硯、墨、筆

美しい文房四宝に囲まれ、

髪をひっつめ、手足墨まみれになる。



✡️
ヨークシャーから素晴らしいプレゼントをご持参くださいました。
a0098174_14533051.jpg

ジョン クレアの詩集、

ブロンテ牧師博物館日本語版、

ハワースの美しい絵葉書、

イギリスらしく緑の広大な彼らの

アトリエのカード。

お招き頂いているので、

必ず行きます!

フラナガン氏からも

光栄なお招きを頂いてるので、o(^o^)o

イベントは、来年、再来年に
開催されます。

日本でも開催される予定です。


私からの手土産は、
神戸兵庫津老舗海鮮問屋「樽屋五兵衛」様の

神戸名品に選ばれた

「スモークくぎ煮」

クラッカー、チーズ、ワイン、ビールにもピッタリとお伝えしました。

スモークくぎ煮のパッケージは明治時代の兵庫の古地図なんです。
なんともノスタルジックで、当時の神戸のハイカラな居留地がイメージできますね~
ドイツ人がドイツ語表記で作った地図なんですって。
a0098174_11520229.jpg
私はこの古地図を額に入れて眺めるて、今に繋がる神戸の雰囲気に気分を馳せています。勿論ワインは欠かせません🍷


ヨークシャーで御召し上がりくださいませ🍷


いつもキーワードは、

「出逢いの不思議・繋り・ご縁」ですね。
















by shobirei | 2017-05-28 14:11 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

今日の日曜日も爽やかな神戸です。

こんな日はベランダにオーニングを揺らして5月の風に吹かれる時を持ちたいと思います~

お3時に、晩ごはんに、、、

a0098174_14001714.jpg


こんにちは😃
新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です



先日は、オリックスの試合があり、盛大に花火が上がりました。

自宅から夜空に上がるオリックスの球場の花火を見ると、
夏が来たんだ~

と実感いたします。

厳しい暑さの前の
束の間の爽やかな季節を、

全身で感じていま~す



書道教室等、書関連の日々の合間にも、
私らしく楽しんでます(^_^)



先日は、梅田阪急のHAL YAMASHITA梅田へ、

今流行りの、もちむぎレシピのレッスへ
HAL YAMASHITA神戸なだ番会の素敵なお仲間と参加しました。

a0098174_14102255.jpg

山下シェフとは、
拙書に深いご理解とご支援を頂いているご両親様とのご縁でございます。

HAL YAMASHITA様の益々のご健康とご発展を願っています(^^)v

このもち麦おかゆいりシンガポールココナッツミルク美味しかった🎵
a0098174_14111550.jpg
好評につき、次回も開催されるようです

私達愉快なお仲間は、梅田阪急店開店以来の
皆勤賞でーす



あ、
映画「美女と野獣」見ましたよ♪

圧倒的な画面の豊潤さ❗️

豪華絢爛西洋の美満載👑


それぞれのキャストの、感動的な歌唱力❗️

野獣が去って行った彼女への思いを歌うシーン、
感動で涙しました。


映画見て感動の涙って、久しぶり。

ファンタジーってわかっているのに、見る側の魂に入り込んで来ます。

これぞミュージカルファンタジー🎶

子供の頃、亡き父はディズニー映画に色々連れて行ってくれたわ☺️

白雪姫とか、眠れる森の美女とか~

今でも、「大人の少女」でいられる事に

感謝です。


✡️
与えられた生涯の仕事、書。

しんどい(関西弁独特のニュアンス)し、

かなり体力要ります。

独楽鼠(こまねずみ)か、と我が身を客観視する時もあります。

資料を集めて熟読、独学。


書道会から独立してからは、

しがらみもなく、

思い通りの書生活の日々~💖

かなり身辺整理をしました。←これ、断捨離?



こさか美鈴に関わって下さる、

全ての皆様のおかげです。



a0098174_14463164.jpg
(東灘区民センター小ホール教室)


10月には、生徒作品発表会を開催いたします。


お教室につきまして詳しくは、

http://www.misuzu-ism.com
下部の、
書art教室のバナーをクリックしてくださいね😃

素敵なご縁に乾杯で~す🍸


心からの感謝を込めて💓






↑神戸港開港150年記念プレイベント兵庫津「経ヶ島」海上での書パフォーマンス


by shobirei | 2017-05-21 13:41 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)