人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

カテゴリ:Japanesecalligrapher( 20 )

神戸から、春分の日

皆様、ご機嫌如何ですか~💖

前の投稿から、随分日が経過してしまいました。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です

a0098174_19092223.jpg

2月に叔母が亡くなり、先日50日祭で鳥取に帰りました。

仏教で言う四十九日です。

暖かな日が続いていて~もう春だわ~と

思っていたのに、

な、なんと、その日は雪❄️

予報通りだったわ

今年は一度もお役に立たなかった
(数年前にノーマルタイヤで恐怖を体験してからというもの、、、冬のスタッドレスタイヤが安心アイテム💪)


スタッドレスタイヤを外そうかと思ってた矢先~の予報❄️


鳥取行きの前日には遠出になるので、スタッドレスタイヤの点検をしましたよ

田舎の祭事は盛大です。

近頃は近親葬とか、コンパクトな葬儀が良いような気がしてたけど、


初めて会う縁戚親類を紹介しあって、亡き人を「偲ぶ」と言う

「神に召され逝く祭」を

過去から飛び立つ取り決めの様に思いました。

哀しみも、寂しさも深いけど、

誰もが到達するこの日を

神道では「祭」と言う。

私も神道の祭式で逝くと決めています✨

久しぶりの投稿話題がやっぱり静かになりますね~


話題を変えて😃
🌟
長年の友人に誘って貰って

有馬温泉で安らぎました~

金泉、銀泉、露天風呂、ご馳走と、

お喋りしまくり、笑いっぱなし😄、情報収集👂👀💋

a0098174_19105616.jpg


ハーベスト有馬温泉に泊まったけど、


ディナーは、

友人の知り合いがオーナーのレストラン😋

a0098174_19125601.jpg


コスパが良すぎて心配になるくらいでした👀


a0098174_19111431.jpg


六甲黒ビール大好き💖

🌟

今年の花粉症は最強みたいだけど、大丈夫ですか~💖

私はかなり、きついです~



🌟
昨年英国で創作に参加した

「嵐の家・stormy house」のPR videoを英語、日本語で制作しています。

見てくださいませ❤️












by shobirei | 2019-03-20 18:34 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

年が明けて早くも15日が経過しました。

10日には
柳原のえべっさんへ「福」を祈願し、「フグ🐡」を頂くのを恒例にしています。
ヒクヒク動くフグ🐡のお命を有り難く頂戴して「フグの福」に感謝いたします。

神書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

🌟今年も神戸市学生書初め展で選抜された作品ががそごうで展示されました。
どの学校も力を入れています。

小阪美鈴書道教室から今年も7名が選ばれ展示されました🖌️✨🔔

a0098174_18424595.jpg

どの子も選ばれる事が目標でした🖌️
a0098174_18431527.jpg

12月に入ってからほぼ毎週書初めの練習をしました🖌️
a0098174_18433884.jpg

始めは半紙で一字づつ部分練習をします🖌️
基本的な点画の確認を指導しながら、
自分で何枚も書きます🖌️

「ここの筆づかいがわからない」と、各自が気づき始めます。
私はその子の書きぶりを見て、「この子にはこう助言すればいいかな」と対応して指導致します✨

a0098174_18435748.jpg

次に全紙八分の一の、長半紙に文字を配置していきます🖌️
言葉の意味を理解して、伸び伸びとした線、造形が自分の納得行くまで書きます🖌️

いつもは和やかな書道教室が
シーンと緊張感のある空気に包まれます🖌️

a0098174_18441354.jpg

すっごく真剣に取り組んでいます🖌️

卒業生は、「美鈴先生だから書道が好きになり続けられた😃受験の時の集中力がついた」と言います💪
a0098174_18443265.jpg

枚数を重ね、書き進める程、
中々納得しない、って事もあるけど

「それはあなたの目が肥えて来たからよ、後から手、技が付いて来るのよ」と助言します。

a0098174_18445532.jpg

それでも限られた時間内での「一番の作品」を選び学校に提出します😃

今年も小阪美鈴書道教室から7名が選ばれて、私も年末年始に頑張ったのが報われました。やれやれです😄

そごうを出て、大好きな元町旧居留地界隈へ~
見上げると、上弦の月が~✨
a0098174_19013399.jpg

三菱UFJ信託銀行ショーウィンドゥに展示中の拙作品「震災の記憶・Love&Death on us」
を見て、
心安らかに神戸の街を歩きました💖

今年も年初から良いスタートになりました🖌️🌟😄

小阪美鈴書道教室は
🌟毎週土曜日16:00~20:00迄、於:阪神魚崎西町会館 (中学生から大人✨)
🌟月2回、第2、4木曜日15:30~18:00迄、於:須磨自宅教室、(大人の方✨ )🅿️完備

🌟🖌️🌟
正しく和やかに「美」を学ぶ❤️です💮


3月末で魚崎区民センター小ホールが4月から児童館になるので、閉館になります。
私は「書道教室は充分やりきった😃」との思いから、昨年末で教室を閉めて、書活動にもっと目を向けよう~💪と考えていましたら、

教室の皆様から
「え~っ、続けたい~💖」
とのラブコール💖🖌️💖

悩みましたが、
新年から魚崎西町会館で「魚崎書道クラブ」として継続することになりました。

教室変更に際して、T様には相談に乗って貰ったり、事務手続きをしていただいたり、心身共に助けて頂きました✨
ありがとうございます😄

a0098174_19424181.jpg

今年は「stormy house・arashi no ie」の展開の為の物心両面の支援を戴きたく、
書の学び、創作に精進し、しなやかに流れて行きます❤️

宜しくお願い申し上げます🌠



by shobirei | 2019-01-15 18:21 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

あの1995.1.17、早朝の恐怖の揺れから24年が経過いたしました。

神書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

a0098174_08105712.jpg

あの日、知人、教え子をなくしました。

新聞紙上で知人、教え子の名前を見つけた時の哀しさは24年経った今も忘れることができません。

神戸発信の書家として
「何と惨いことに‼️」と、涙し、複雑な感情に支配され
「書家として震災の作品を発表する」と言う気持ちにはなれませんでした。

震災状況、心情を作品を文字として言葉として発表することは、その惨事、痛み、哀しみを客観的に見る目になる、と思えたからです。


神戸市民、阪神各地域の皆様、震源地淡路、私達みんな被災者でした

a0098174_08142421.jpg


私の気持ちに変化が~🖌️

震災後10年後の2005年から「震災の記憶」として作品を発表しなければ、

どんどん風化されて記憶が薄れて行くと感じるようになりました。

神戸元町大丸西南角三菱UFJ信託銀行様のご理解とご厚情により、

毎年この時期に「震災の記憶」書作品を発表しています。今回でvol.15になりました。

神戸新聞、毎日新聞、朝日新聞様には幾度も取材をしていただき記事になりました。

テレビでは、サンテレビ、NHK、で放映されました。

ご理解をありがとうございます✨

a0098174_08180271.jpg


今回展示しているのは、

「愛も死も」「新世紀(しんじだい)のいちばん桜待ちながら」の2点です。

其々の「愛と死」の深みがあります。

この「愛も死も」は、
震災で亡くなった画家夫妻の言葉です。

生前、画家夫妻に可愛がって頂き沢山の経験、教えを受けとりました。

芸術を生業とするその生活の中から、

「感じとり学ばせていただいたのだ」と、今は思っています。


「死」は誰にでもやってきます。

鳥取の叔母が危篤状態との知らせを受けとりました。
雪深い鳥取に行く事になるでしょう。
❄️❄️❄️❄️❄️


🌟4月には新元号が発表されますね。

新しい時代が平和で自由で豊かな心の育まれる時代になりますように🔔🔔🔔

a0098174_08142421.jpg


神戸元町界隈に行かれたら、
見てくださいね😃
ショーウィンドゥなので通りすがりに鑑賞してくださいませ。
2月8日迄

夜10時迄ライトアップされてます✨🔔🌠

「美鈴さんの作品か来てから良い事ばかり起こるの✨ありがとう🌠」

と言ってくださる方々いらして

「書家冥利」でございます。

見えない力をたよりに、
これからも
神書道神戸発信女流書家小阪美鈴として

生きて参ります🖌️🖌️🖌️

キーワードは「旅、学び」💖です。




これからが厳寒の時期になりますね~❄️❄️❄️


皆様、ご自愛下さいませ✨








by shobirei | 2019-01-12 08:08 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

台風の後の蒸し暑さ~

夜は少し涼しいけど~

今宵思いつくままに、書いています🖌️

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

a0098174_03352681.jpg




今夜は月明りも美しい、満月です。

a0098174_01092862.jpg


一週間の慌ただしい日々の週末安息日の日曜日✨

こんな美しい満月の夜は、

月明かりに身をなげだし、月の美のエネルギーを全身全霊で受けとめたい。

宇宙からの月光光線微粒子は未知の美へと誘ってくれる

今、一番に抱いている願い事を

月と交信して念じました

月は、笑っていた

大丈夫ですよ、って😊



そして、柔らかなランプの灯りに癒され、お紅茶をいただきます。

さっきまでシャンパンを楽しんでいたけどね~💖

イギリス滞在の日々が思い出されます~✨

a0098174_01110435.jpg

すっかり紅茶党になりました😄

お紅茶文化に納得です。
a0098174_01431954.jpg


甘いクッキーには、お紅茶が合います☺️
勿論、サンドイッチも~🙆


a0098174_01140199.jpg


a0098174_02215666.jpg




旅の終わりに足が痛くなりピカデリーサーカスのお店でアシックスのスニーカーを購入。

ロンドン限定ですって。
a0098174_01121526.jpg

a0098174_01531895.jpg

歩きやすくてロンドン塔も疲れ知らずで歩き回りました🙆

流石、世界のASICS💖

ロンドン記念になりました。


帰国してアマゾンで見たらメンズは販売されてました👟





by shobirei | 2018-08-27 01:08 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

亡き父が神職宮司をしていた、鳥取県社「楽楽福神社」が私の生家です。

「楽楽福」😃

良い事ずくめの神社です~😄✨🎶

母の話に因ると、亡き父は、私をおんぶして、広い境内を掃き浄めていたそうです。

母から聴いたたった一つの「父と美鈴」のエピソードです。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🌠

a0098174_11181839.jpg




母は、
「私の人生は小説になるわ、瀬戸内寂聴以上だわ」と一度聞いたことがあります。

なぜか、母は、瀬戸内寂聴を「好きではないわ」
と言っていました。


私は瀬戸内寂聴の行間から滲み出る「色気、エロティシズム」につい、引き込まれてかなり読破しましたけどね。



a0098174_11193947.jpg

ユーモラスな「獅子舞くん」

手を叩く音を聞くと、可愛く踊り出します。

神社も色々考えているのですよ😃

a0098174_11211898.jpg

楽楽福神社は、神社庁の鳥取県社でした。

a0098174_11255992.jpg


父は、神社の息子として、國學院大学で学びました。

父は神職の傍ら、短歌の会を主宰したり小説を書いて、「文人墨客」でした🖌️🖌️🖌️

残された写真や、父の書いた小説、短歌にふれてみると、

父は好奇心が強く、旅が好きでハイカラでダンディな男だったと思います。

東京時代には、イギリス人みたいなハットを格好良く着こなしていました。




伯父さん、伯母さんは、書家になった私に

「美鈴ちゃんはお父さんにそっくりで才能を受け継いでいるわ」と、言います。


自分で言うのははばかられますが、

ちょっとは、DNAを受け継いでいるのでしょう❤️
父娘ですから~🌠


由緒ある地に「生を受けた」事を誇りに思います。

a0098174_11215535.jpg



出雲亀嵩の墓参の後は、母の実家の「霞神社」で、一年ぶりに従姉妹達、親戚が集りワイワイお喋り😄

a0098174_11270802.jpg


田舎の「おもてなし」は、沢山食べて~😋😋💖😋😋😋

これでもか、みたいなご馳走を用意してくれます。


夜は、星がクリアに綺麗に見えます✨

北斗七星、流れ星を見ました🌠





帰路、
大山は変わらず「神々しい✨」

a0098174_11272995.jpg



こうして、帰省、墓参で亡き人達を偲ぶ、

と言うことは

亡き人達も、
あの世でニッコリしてくれていると信じています✨

そして自分のルーツの深さを見つめることに繋り、

「今を生きる」一日一日を

「愛を抱いて心映えよく暮らしたい」と、言い聞かせています。


此の世に於ける私のミッション🌠💪✨

健康でお役に立てたらサイコーだわ🌻🌠🖌️




by shobirei | 2018-08-15 11:16 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

6月21日にKIXを発ち、遠いイギリスへの最初の到着地Manchesterで、ダミアンと再会した✈️

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🌠

思えば彼と出逢ったのは、かれこれ15年近く前になるだろうか、

神戸北野外人クラブへ、書道の講演と、workshopに呼ばれて行った日に始まる。

その時、ダミアンと少し書道のお話をしたと思う。

彼はCambridgeから神戸大学に日本文学の研究で留学に来ていた。

夏目漱石の研究をし、博士号を取得され、

ロンドンで「ロンドン(実際は漢字)塔」の出版を控えていた。

その本の題字の依頼の為に拙宅に来られたのが彼との交流の始まりである。


ロンドンの出版社から出版された彼の「ロンドン塔(実際は漢字)」は、

コロンビア大学の「ドナルドキーン日米友好翻訳賞」を受賞された。

私もNYコロンビア大学の授賞式参列の光栄を与えられた。

物語は長くなるので、話を今回の旅話に戻そう。

a0098174_15251023.jpg


↑彼の子供達の通う学校
a0098174_15263179.jpg


a0098174_15273992.jpg

緑と花に囲まれ、美しい佇まいの学校。

長旅の疲れも吹っ飛ぶ~💫


a0098174_15282071.jpg

時差ぼけを感じることもなかったので、Manchesterの町を案内してくれた。

派手さはないけれど、重厚な石文化の建築物。
a0098174_16081749.jpg



a0098174_16111063.jpg

a0098174_16194342.jpg

a0098174_16201972.jpg
権威、歴史の証↑

a0098174_16120269.jpg


a0098174_16124571.jpg

Manchesterは活気ある賑やかな町だ。

a0098174_16185389.jpg

夜と言っても10:30くらいまで明るい💫


此れから3泊ダミアンの歴史あるマンションに泊めて貰う。
a0098174_15312020.jpg

知りあいの大学教授は、
「イギリス人は信頼していないと自宅に入れない」
と言っていた❤️


神戸で知りあい、Manchesterでダミアンの家に泊めて貰う事を、想像すらしなかった。


今回の旅は、
WhitestoneArtsでの作品制作創作活動、と言う重大な課題を与えられている。


「見えざる采配」はあるのだ🌠✨💫🌠💫




by shobirei | 2018-07-14 15:23 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

英国滞在中に受け取った「沢山のありがとう」で私の心は溢れています。


a0098174_23191193.jpg

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🌠


現地時間6日12時過ぎにマンチェスターを離陸して、
a0098174_23180761.jpg


音楽を聞きながら🎧🎶寝ましょう~✈️と思いましたら、最初にデビットボウイが現れて~💖



マンチェスターの上空から陸地をながめながら

「英国」と「日本」

一点に集約されたこの度の私の

「Manchester、white stone arts、Londonのイギリス紀行体験の日々」が

感動的に思い出され、

a0098174_23233864.jpg


a0098174_23244224.jpg



a0098174_23280336.jpg




亡くなってしまった

デビットボウイの繊細なリズム、歌声も

私の心を共有してくれてるようで涙が止まりませんでした。

a0098174_23510941.jpg




6日、日本時間の12時半頃KIXに到着致しましたが、


いきなりの災害で、通行止めが神戸でも多発して渋滞、迂回を余儀なくされ、帰宅できたのは5時半頃になっていました。

皆様のご安全を祈念しています。


🌟
英国滞在中は、連日晴天で、珍しい らしいです。

a0098174_23303835.jpg



イギリスは、曇りがちらしいですものね☂️

🌟
沢山の愛と感謝を抱けて生きている私は

「しあわせ」の中で生きています🌠

a0098174_23194997.jpg




書ききれない愛と感謝を込めて🌠


久しぶりに

ブログを投稿致します❤️


イギリスでの、
日々は、おいおい投稿いたしますね✈️


ご訪問くださいませ~🎵


by shobirei | 2018-07-07 23:04 | Japanesecalligrapher | Comments(2)


神戸発信女流書家小阪美鈴です✨



a0098174_08520691.jpg

又大きな震災が発生してしまいました。

1995年の阪神淡路大震災の被災者として、

心に涙が滲みます。


平穏な何でもない「日常」を、
いとおしく(愛おしく)思います💖



✴️
愈々、ハワースへ発つ日が明日になりました
✈️

UKのartistの皆様と出会いから1年🌠

a0098174_08434862.jpg


エミリーブロンテの生地、ハワースで、

イギリス人artist達と、

創作作業を試行錯誤しながら

どんな作品が生まれるのか今から心躍りワクワクしています。

現地での様子を発信したいと思います。






https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=955455264632303&id=100005035148851



by shobirei | 2018-06-20 08:31 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

昨年の今ごろ、イギリスのハワースから神戸へ来られて初めてお会いした、素晴らしいアーチスト、
デュディス、サイモン、ステイシー🎵

a0098174_09450159.jpg

a0098174_09463532.jpg


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

https://twitter.com/kimono04173744/status/996905260307308545?s=19

エミリーブロンテ生誕200年記念「嵐が丘」作品と、小泉八雲の「怪談」の幽霊の世界観をを映像化すると言う野心的で壮大な企画をお聞きしました。

その当時は、私には良くイメージできていなかったのですが、、、

メールでのやり取りを重ね、次第に具体的になってきました。


愈々、あとひと月に迫って来ました。



7月3日には、ロンドンの大和日英基金でのフラナガン氏との「書道の力」について語る機会もあります。

身辺急を告げる🌠

思い付く限りの準備をします。

日本人を印象付ける着物のcoordinate、

エミリー、小泉八雲の本、旅、映像からの考察、イメージの世界を、

自分の世界観で如何に表現できるのかな~

アンテナを張ってヒントを集めています。


FB.ツィッターでも発信しています✨

この機会に改めてエミリーブロンテ「嵐が丘」小泉八雲「怪談」に興味をお持ち頂きたいで~す🌠

日本人は今何処をみているのか、
混沌とした今の世の中、「一途な精神の美」を直視された
イギリス人artistとインスタレーションできるのは、
私の潜んでいて気付かなかった感性を刺激してくれています。



私はエミリーが何故、「WUTHERING HEIGHTS」を不朽の名作として後生に書き残したのか、あることから閃いて「新説」を考え中です。

文章にまとめて、イギリスでトーク致します、




by shobirei | 2018-05-17 09:35 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

先週の神戸はすさまじい風雨かと思いきや、

今日は真夏みたいな暑さと乾燥~⛅️

今年の夏を思うと、うんざり~

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


強い風雨に揺れる「こでまり」

昨年は数本だったのに成長してくれました~😃
a0098174_11070975.jpg


a0098174_11082023.jpg


風雨に耐えて、さらされて可哀相~に感じて室内で愛でることにしました🎵

a0098174_11085498.jpg


a0098174_11103653.jpg


a0098174_11110241.jpg



✡️
水曜日の教室を終えて、

伊丹の隠れ家「鳥源」さんに行きました😋

a0098174_22144247.jpg

昨年開業されたばかりなのに、
早くも「あまから手帳」に掲載されました🎵💖🙆

鳥料理屋さんですが、コースのみで
串のない鳥源😋

お口直しに「大根おろし」🍶
うーん、憎いね😁っていうか、

気分がひと息つきますね😊

ニッポンは本当に美味しくて、清潔で、親切で、

やっぱりニッポンで食べる料理は安心だし素晴らしいと思う💖


✡️
車をこすってしまいました。
a0098174_22345990.jpg
↑左横


右うしろ↓

a0098174_22555192.jpg



ヤナセに連絡するも
GWで保険会社が休みとの事で、

連休明け迄待つことになりますわ。

お気に入りの愛車を傷めてしまってごめんなさいねm(__)mと、
愛車にもっと気を配らなくてわ、愛さないと~💓と、
最近の多忙にかまけていたわ、

と、反省しています。


一週間もたつのに、連絡なし。

ヤナセは仕事がユルい~🐌💨💨

新車は直ぐに勧められるけどね😏


保険は長年払い続けて一度も使ってないので、

この際、使う!!

新車の如くなるように直してもらうことにしました🙆


最近のもろもろでした。

ニッポン列島GW~💨

自分らしい休暇をお過ごし下さいませm(__)m💖

5月6日、東灘区民センター小ホールにて、

「みんなで遊ぼうアートサーカスvol.1」が開催されます。

a0098174_23242123.jpg

社会的に何かできないか?

と言う、初めての試みです。

ふるってご参加下さいませm(__)m

今日もご訪問をありがとうございます✨











by shobirei | 2018-04-25 11:06 | Japanesecalligrapher | Comments(0)