人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

神戸では、例年になく梅雨入りが遅れていて、

今日も暑い1日でした。

毎日のニュースは、
地震、火事、事件、事故、スキャンダル、等々。

私は、

テレビのニュースはなるべく見ないの。

杓子定規だし、辛くなるし、

楽しくないからね。


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


昨年のこのシーズンはイギリスにいて、

地震、大雨の災害を知らないで、暮らしていました。

日本は災害が多くて、

ネットでは地震雲の情報とかが流れ
目にしてしまうと

何かと不安な気持ちになりますよね。



この夏の避暑を、如何に過ごそうかと考え中です。



そんな日々に、

いたわりを~🌿


同級生の妹さんが、オーストラリア人と結婚して、

オーストラリアでオーガニックアロマサロンをされています。


オーストラリア現地で経験を積まれたセラピストです。


そして、何と、

KOBEにサロンをオープンされました~💖


交通の便も良く、

元町・鯉川筋にあります。


a0098174_20032441.jpg





オーストラリアオーガニックオイル使用の

オーストラリアマッサージを神戸で~✨


深層圧でほぐされ、

身も心も癒されますよ~🌹🌺🌸🥀🏵️



心身を明るい方向に向けて、

日々の事象から
目をそらすのではなく、

自分の価値観で、

毎日を、

心はまったり、過ごしている🌿

(体はそうはいかないけどね・でも基本・マイペース・これ・有難い)



でも、、、

期限ギリギリになると、

俄然、

心のベクトルが、

やるべき課題に、

一方通行になる、


小阪美鈴です~💪💪❤️⭕😃

古典、現代書、あらゆる書ジャンルの作品を創作しています。
あ、ここに「書」があれば、格が上がるなぁ、格好いいなぁ、
落ち着きそぅ、深呼吸できそぅ、
気持ち良い設えになるかも~✨

お祝い時、本の装丁、格調高い看板、店内作品(和食とは限らないですよ、スペースに合った作品を制作します)、布地へのプリント文字墨絵、etc.


良いかも🤩

と、

閃かれた時は、ご相談下さいませ💖

















by shobirei | 2019-06-25 20:02 | Japanese Calligraphe | Comments(0)

ヒマラヤの青いケシは、
ブルーポピーとも言われています。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


栽培が難しくて、

西日本では、野外で見られるのは、

神戸六甲高山植物園にだけです。


やわらかな透明感のある

神秘的なブルーのお花です。


a0098174_22190497.jpg


5月頃が見所ですが、

ギり、

今日行って来ました。

レッスンのお仲間、学生時代の同級生から

今朝にお誘いを頂き、

良いお天気だし~

久しぶりにケーブルカーに乗りたいなぁ~

って気分になり、

仕事の割り振り時間調整をして、

いそいそと、でかけました。

阪急六甲駅から、

ケーブル下行きのバスに乗って

六甲ケーブル駅に到着。

ROKKO CABLECARは、

随分久しぶりに乗りました。

a0098174_23560434.jpg

レトロな美しいケーブルカーです。

車内は、
木材でナチュラルで、

窓は

開いていて

風と緑と空を感じ

ケーブルの轍を見ながら

ケーブルカーのゴトゴトとした感覚に、
何だか

懐かしい気分的を纏います。





a0098174_22242150.jpg


六甲山上には、

企業の保養所が沢山あり

賑わってた時代もありましたが、

今は落ちついていましたね。


a0098174_00012602.jpg



山上からの神戸↓
a0098174_22262697.jpg


六甲山系から見る

神戸は、

町、ビル、港が
一望できて、

深呼吸~


自然の緑が目に優しくて


a0098174_22283240.jpg


紫陽花も綺麗で

自然に囲まれ

心が清々しくなりました。


インテリアコーディネーターや、
芸術に関わる、

ちょっと
ファンキーな
お仲間と、


女子高校生みたいな、

無心で愉快な

神戸人による、

神戸観光でした~😃🌿👟


神戸に来られたら、

六甲山もお薦めです。

六甲オルゴールミュージアム、

六甲高山植物園

自然体感展望台六甲枝垂れ

六甲ガーデンテラス

六甲カンツリーハウス、

冬は、
六甲山人工スキー場
もあります⛷️

その他、

季節のイベントも開催されてます😃

要チェックです🍾♥️😊🌿






by shobirei | 2019-06-20 22:22 | Japanese Calligraphe | Comments(0)

神戸から、新時代の始り

2019年、明けましておめでとうございます🎍

昨年も拙ブログをご訪問頂きありがとうございます🔔

早くも正月三が日が過ぎようとしていますね。


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🖌️

🖌️新世紀(しんじだい)の一ばん桜待ちながら🖌️

a0098174_17200108.jpg


新しい元号が4月1日に発表されますね。

近年は西暦に慣れてしまって
「平成何年だった?」とちょっと迷う時もあった私😊


日本人としての尊厳、形式美を忘れず、

しなやかに生きて暮らして居たいと思っています。

🌟
普段は余り凝ったお料理はしない私ですが、何かイベントがあると手早く頑張って料理をします。

御節料理に関しては基本、亡き母の料理を思い出しながら作ります😋

一緒に年末に御節料理を作った実家での光景がありありとよみがえります。

母は、大晦日の夜になると、慌てて小走りでいる私を見て、

毎年「ほら、又、美鈴が走り出した😄」と笑っていました。

私は早く重箱に詰めて年越蕎麦を作って食べて💨と、小走りになってたみたいです🎍

a0098174_17454656.jpg


母はお正月の決まり事をきっちり守っていました⛩️

母の母は、神社の祀り事に、

凄い量の料理を作っていたと、生前母が言っていました。

伝わる漆器とかを妹と分けましたが、
まだまだあるようです。

a0098174_17510063.jpg


お花の後ろの紫の屏風は、母の着物で仕立てました。
a0098174_17523711.jpg

母からの着物がありすぎて、
妹は着ないと言うので、

仕事柄着る機会が多い私に回ってきます。

和箪笥三棹パンパンなんですけど~😂

a0098174_17205156.jpg


今日の夕陽です。良き一年となりますように祈りました✨

a0098174_17210630.jpg


21世紀の新時代が平和でありますように❤️

皆様のご健康とご発展を祈念申し上げます✨

今年もご支援、お付き合いの程、

宜しくお願い申し上げます✨


by shobirei | 2019-01-03 17:19 | Japanese Calligraphe | Comments(0)

whitestoneartsで、偉大なartistsと、神憑りな創作、制作の8日間を過ごし、7月2日にロンドンへ移動した🚃

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


🌍
イギリスはクラブ文化で、紳士、淑女の集う歴史あるクラブが沢山あります。

ダミアンはCambridgeの卒業生で、卒業生しか会員になれない「OxfordCambridgeCLUB」へ予約を取って下さいました。


ドレスコードは厳しく守られており、その中に身を置くことは自然体で居られる心地良さがあった。


写真は勿論厳禁なので、写真は一枚もないけれど、

(どこでもかしこでも取敢ず食物やら、写真にとりSNSにアップするのは私は好まないの、あ、でも本当に感激して写真に残したい🎥はだれにでもありますよね😍)



歴史と権威を持ちながらも、

柔らかな物腰、立ち居ふるまいは格好良かったわ。

年配の方も蝶ネクタイ✨





ちょうどベルギー🆚日本のサッカーの試合をリアルタイムで放映していて、

私は着物姿でしたので、日本人とすぐわかり、

日本がその時は予想に反して勝っていたので、

軽食を取りながらサッカー観戦をしていたBritish gentlemanの方々が

日本の良いシーンでは、
にこやかに応援して下さった⚽️

私も思わずカッツポーズ💪


dinner restaurantの内部は、
美しくも落ち着いた照明が美しく和やかで、美食を楽しみながら会話を楽しむ風景が、私には心地良かった。

イギリスの文化度の深さ、高さ、プライドある自然な振る舞いは、

歴史と知性ですね~💖


翌日、ロンドンの大和日英基金foundationで、

ダミアンの講演があり、

Misuzu-ismの作品を解説してくださいました。
光栄な事です🌠


a0098174_11321203.jpg

私も私自身の書家への道、途、作品制作の試行錯誤等を語りました。

ダミアン、通訳をありがとうございます~💖

a0098174_11334051.jpg


その後会場を移し、demonstrationをしました。

a0098174_11352029.jpg


「一期一会」「不思議」を揮毫しましたが、

「一期一会」はありきたり過ぎたわ❗️
違う言葉にすれば良かった✨と、後になって思った次第です。


それでも、ロンドン在住の数名の日本人からメールを受けとりました。

「娘の学校でdemonstration、指導をしてほしい」

「年末年始に日本へ帰国するので、‐震災の記憶‐大丸西南角三菱UFJ信託銀行ショーウィンドゥへ必ず見に行きます」
等々🎵

異国の地で日本人と出逢える「不思議」🌠

一人の日本語の堪能なイギリス人女子高生は、
「9月から神戸の高校へ留学します😃」と言い、

遠慮がちに
「不思議の作品を頂いても宜しいですか😊」と。

勿論、サイン🖌️してお持ち帰りいただきました。


私は帰国したけと、

数点の作品がイギリスに滞在している~✨

私はとても嬉しく、

喜んでいます。


セッティングしてくださった
事務局長のジェイムズ樣(此の方日本語は勿論堪能ですごい方なんです)

なな樣、細やかなご配慮をありがとうございます✨


素晴らしい日に心から感謝とお礼を抱いています💖
a0098174_11362762.jpg



a0098174_11380957.jpg


翌日、ロンドン塔へ行きました😃

a0098174_14180846.jpg

数少ない観光できた日🎵

a0098174_14190658.jpg

楽しいロンドン観光~💖
次回に続く~~~💖


http://dajf.org.uk/event/the-power-of-calligraphy


只今 HP 更新中🎵


by shobirei | 2018-08-06 11:27 | Japanese Calligraphe | Comments(0)