ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

青空が恋しいですね!

神戸発信のコンセプチュアル書art女流書家小阪美鈴です。


金子みすゞは、陽のあたる場にだけ焦点を当てないで、影を作る陽に、心の目を向けているのですね!

a0098174_22561377.jpg



個々の心の片隅に、思いを寄せて、詩に表す夭折の天才詩人・・・

         ☆


何かと騒がしい世界中の政治、経済、災害、テロ、貧困、、、、、


穏やかな日々、暮らしは誰もが望んでいるはず・


世界が、心身、物質共に飽和状態に陥っていると感じるのは「私」だけでしょうか・・・


金子みすゞの「詩の世界」を思い出していました。




自由って、簡単じゃないね!

責任が重くあって、本当は厳しいものですよね!


一見自由な日本・


意識的には、まだまだ成熟してないと思う。


でも、国が成熟すると、どうなるのかな~~~~~


国が人が成熟するって、どういう事なのかな~



色んな問題を抱えているけど、日本は平和です。

        ☆


今日は山形のさくらんぼ、木になる宝石「佐藤錦」を戴きました。

a0098174_23523599.jpg

a0098174_2353391.jpg


Baccarat glass にあしらい、一息つきました・

甘いわぁ😃

窓の外の雨と濡れた緑を眺めながら~




MIsuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-06-29 23:31 | コンセプチュアル書ART | Comments(0)

今夜も雨だれの音が・・・

神戸発信のコンセプチュアル書art女流書家小阪美鈴です


書のある素敵空間を提唱している「私」ですが、、、


今日は素敵過ぎるお写真が送られてまいりました。


世界を飛び回りインスピレーションをご自分の感性に取り入れ、

モードな空間を設えられるK様

ご自宅では、お華、英語等を教えられ、インテリアコーディネイターとして様々なお教室として場を提供されています。


4月の拙「書art個展」に於いて

「JAZZZZZ」をご購入いただきました。

全く購入する気で来られたのではなくて、!!!(あの空間にぴったり!)って、閃かれたそうです。


a0098174_23284359.jpg


和と洋のfusion!

かっこいいーーーーー!(今風なら、カッケー)

素晴らしすぎます!

これこそ「モードな和モダン

pianoバージョンの写真もあるのそうですので追ってupしますね!

書のある「快適空間」に身を置いて安らいでくださいね~

三浦啓子先生のステンドグラスの灯りと共に☆



個展の最終日、私の大学時代の友人であるTさんとご一緒にご来廊くださいました。


元はと言えば、、、

私の憧れのグラスアーティスト 三浦啓子先生のご縁から・

三浦啓子先生は何か、やっぱり凄い!

美しくおしゃれで、聡明で明るくて、軽妙洒脱~~~
嬉しいことは引き寄せられるのですね☆


                  ☆


今日は昼間は雨も降らず旧居留地界隈、元町ぶらりをしたので、

お気に入りの 

パティスリー  モンプリュ で cake 購入

a0098174_23504341.jpg


何でこんなにフレッシュで濃厚で美味しいのかな~

林シェフの賜物ですね☆


マグカップは、
森繁久弥氏 ご子息 森繁 建氏が、「美鈴と鈴の絵付け」をして特別に制作してくださった「宝物」です。



文化人森繁久弥氏の「オホーツクの舟歌」をリンクしました。

「知床旅情」と同じメロディーです。

是非、お聞きくださいね♪

先の個展ライブで建氏よりお教えお許しを頂き、唄わせていただきました♪



梅雨の真っ只中、

ご自愛くださいませ。


MIsuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-06-28 00:18 | コンセプチュアル書ART | Comments(0)

今日の書・陽光一瞬

ここ神戸市須磨区の高台では先程まで不安になる位 雨足・雨の音が強くて、

思わず外に目を向けました!

九州や各地での更なる大雨被害が気に掛かります。

神戸発信の書art女流書家小阪美鈴です


日本では、これからのシーズン、大雨被害と毎年のように更新される猛暑気温。

地震の発生。。。



こんな夏をどのように過ごそうかと色々思いを巡らせています☆


連日の雨空・・・

一瞬の陽の光が待たれます。

まぶしく心に差込んでほしい。。。

a0098174_14213816.jpg



心の闇を晴らしてくれるかのように~



快適な空間に身を置いて、

気持ちよく穏やかにお過ごしくださいませ~


Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-06-24 14:51 | コンセプチュアル書ART | Comments(0)

梅雨本番ですね~

皆様、いかがお過ごしでしょうか~

神戸発信のconceptual 書art女流書家小阪美鈴です。




先日、生徒さんから、

「医」のかくしがまえ、

「匠」のはこがまえ、

の相違についての質問を受けました。


netで調べる事位は、今時誰でも出来ますので、


書家としての長い書歴で蓄積している文献を読み返しました。

文字に関する興味・関心・追求は、止まりません!

当たり前っちゃー当たり前!!!!!



調べてみましたら、

医のかくしがまえは

矢を箱の中におさめている形です。

匿名の匿のように、隠すと意味合いをもつようです。

医は、醫の略字として現代の常用漢字に用いられています。


かくしがまえのつくりの由来は、呪器としての矢を殴つ形で、それが、古代医術の方法であったようです。

その医は、秘匿のところで巫舞を行い、

呪矢を秘匿のところに収め、

これに向かって祝祷し、これを殴ち、

その呪霊によって病魔を祓うと言う意味合いがあるようです。


古く医療には、巫術や、呪具を用い、また酒を用いたので、醫の字が作られた、と文献には記されています。




はこがまえは、礼器、祭器であり、

匠は、そのような器を斤を用いて製作することです。

斤は、器を作る所以なり、とあります。

大は都の建設から、小は車輿弓矢の矢に至るまで、すべて斧斤をもって製作するものを匠といい、

後にそれぞれの術に達した者を宗匠、師匠、鵜匠、鷹匠というようです。



よって、結論としては、

呼び名通り、かくしがまえ、かこがまえと、言われているようですが、、、



現代においては、筆順、形は余り考えなくて良いです。

厳密には、上下どちらかが長いとか、

下が丸くとか、あるようですが、

名筆と言われる古典書でも、明白な相違は見られません。



まったく成り立ちの意味合いは異なりますが。。。



やはり醫、医の成り立ちは呪が根底にありますね。


文献を調べて漢字の成り立ちの面白さ、興味深さに、改めて虜になりました。

簡単に記してみました。


やっぱり文字は研究に値します☆
a0098174_22382532.jpg





そんな日々の暮らしの中の和みは、美しいもの、お気に入りに囲まれて暮らすこと・


なんだか落ち着く旧居留地にある神戸大丸で

新潟県の和紙陶器
をget!(^^)!

a0098174_22103081.jpg


一目ぼれしました~
手前の茶托は、実家から伝わる江戸時代のものです。

急須とかあれば追加購入したいな。。。


そして、
リラックスtea time
a0098174_22125623.jpg

葛餅を冷やしてました。


「深呼吸  ひと休み」


Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-06-20 22:30 | コンセプチュアル書ART | Comments(0)

ほぼほぼ1ヶ月もブログを更新しないなんて、ありえな~い!

4月5月の個展を

感謝と神のお導きとご加護を身をもって感じながら終えさせていただきました。

神戸発信のコンセプチュアル書art女流書家小阪美鈴です。


全力投球の私、、、体力・気力を使い果たしました~

小阪美鈴を覚えてご来廊戴いた「温かいお心・お気持ち」を支えに、

溢れんばかりの感謝・感動で書art展を終えました。


気がつけば「梅雨シーズン」


この夏をどう過ごそうかな~って思ってみたり、、、


書art教室、書道教室との並行なのでまずは日程調整~~~



そんな日々の中、
我が家は大規模修繕の真っ只中!

ベランダを普通に作業の方がおられるので、
目隠しと、気分のリラックスの為、

屏風を設えてみました。

a0098174_12543472.jpg


四季の言葉、屏風の表装は自分のコンセプトで!

数年前、この様な細長い屏風を制作したところ、即ご購入いただき、

新たに制作致しました。


「日々の暮らしに書art」を!

提案を続けて参りますね。

だって、書は副交感神経が優位になって、気分がリラックスするのですから(^^)

皆様~
書を鑑賞することは敷居が高くないですよ。





今年は夏目漱石没後100年目の年

日本文学研究家・文筆家・評論家Damian Flanagan氏の著書
「コロンビア大学Donald Keene文化センター日米友好翻訳賞受賞!」

「倫敦塔」 「門」 「こころ」 「草枕」 「坊っちゃん」のタイトル文字中扉文字揮毫のご縁で、
a0098174_13254194.jpg

a0098174_13291058.jpg


アマゾン、各書店にて絶賛発売中!

夏目漱石を読み直し、フォーカスしていきたいと思っています。

Damian Flanagan著「世界のスーパースター夏目漱石」も合わせてお読みくださいませ。(日本語の本です)

イギリス人のグローバルな視野、Flanagan氏の深い見識により、漱石の作品、人となりの考察が非常に興味深く、貴方を「とりこ」にする事でしょう!!!!!


お付き合いいただければ嬉しいです。

Misuzu Kosaca official HP Renewal soon
[PR]
by shobirei | 2016-06-14 13:36 | コンセプチュアル書ART | Comments(2)