ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

巡り来る季節・KOBEから

秋の訪れ・

いかように巡り来る季節お迎えを致しましょうか

KOBE発信の女流書家小阪美鈴です。



いや~
この夏も色々行動致しましたよ~~~


酷暑の中、着物を楽しみました~(^^♪

a0098174_1332670.jpg


実家の遺品整理を兼ねて母の着物も整理しなくてはならなくて~

古着物って、箪笥一杯分で、ん千円とか(>_<)   なんで~日本人って変~



でもって、妹と在りし日の母の思いを汲んで着物談義。。。

妹と
「お母さんは着物を買うのが楽しかったのね~ 呉服屋さんが家に来て、綺麗な着物を広げてもらったら、買いたくなるわよね!」 ←これ、我が家系のDNA!


私に、妹にと、しつけの付いたままの着物、帯、襦袢、コート、が何枚も!

初めて見るお品、

どれも「美しい(*^_^*)

凄い「美」だと思う。。。


日本人にとって着物が最上の品格を感じさせてくれるのは判っているのに、、、

着物を着る準備、着付け、後始末が今の生活スタイルに合わないのも事実!


妹は着ないというので、職業柄着物は宝物。

私が着ることに致しました。


これは先日の「大人の書道教室」で着用した着物です。
a0098174_13162632.jpg

簡単に半幅帯で「貝の口」に結びました。

生徒さんに褒めてもらえましたよ!


写真は全て「母からの贈り物」です。

実家の和箪笥一棹持って帰らねば~~~~~^^;

今ある箪笥をどれか捨てる?


              ☆


奥出雲亀嵩へ墓参の後、生家の楽楽福神社、母の実家の鳥取霞神社へ泊まり、
a0098174_13301198.jpg


帰路、日野郡道の駅で、特産を購入、
a0098174_13305380.jpg


色々買っちゃいますね~

私が今愛用しているのは、「野草茶」
a0098174_13312776.jpg



なんだか心身がスッキリした気になるのです。

             
          ☆

中秋の名月は曇ってたので、

前日の月をUPします。

9月14日の我が家からの月
a0098174_13372185.jpg



月に願いを・・・・・

 皆様のご健康を願っています。。。


Misuzu Kosaka official HP
[PR]
by shobirei | 2016-09-18 13:41 | コンセプチュアル書ART | Comments(0)

こんにちは~


神戸発信の女流書家小阪美鈴です。





今日から主な学校では2学期がスタートしますね。


小阪美鈴書道教室夏休みのお稽古は、学校自由提出書道作品、不二誌課題、色紙作品制作等、盛り沢山でした。


小中高生、素晴らしい作品が現れて来ました!


どの子も書歴が長いので、

「書」への思い、「自分の書道に対して心のある位置」が何処にあれば、納得いく作品になるのか各々判っているのです。

a0098174_20554217.jpg



凄いことだと思います。

「継続は力」って簡単に言うけれど、


「好き」の世界を子供ながらに体感しているのです

漱石に魅了されたとされる内田百閒によると

「人生で好きなものを見つけてください」← 一番大切な事と言っています。



中学校の提出作品は、課題も自由ですので、

各自、スゴーく悩みます。

今時の子供達、

スマホを駆使したり、熟語辞典を読んだり、、、、


私のアドバイスは、

「この言葉なら頑張って書ける!」って言葉を選んでね!(^^)!


一人一人の「お手本」をその場で書き渡します。

ン十枚書くと、「納得いく自分の字になるよ~」


私も「指導者の目」で、「より高みの作品へ」の助言を致します。

a0098174_20592926.jpg


神戸では「税」の自由提出課題があります。
a0098174_2145883.jpg



みんな、

本当に、物凄ーく、

書き込みました(^^)v


子供達のココロに何らかの「良い過ごし方」が芽生えた!

と、指導者冥利ですね。


指導は、自分への研鑽、、、


書の道、

感謝です。


9月、

長月、色取月、青女月、菊咲月、夜長月、~ 


普段、日本人は忘れているけど、

脳裏にはかすかに情景が思い起こされる~

情緒ありますね~


美しいDNAだと思います。


KOBEでは台風一過~

蒸し暑さがぶり返してます。





今日も拙BLOGをご訪問いただきありがとうございます☆


実りの秋、楽しく、健康にお過ごしくださいませ~\(^o^)/




Misuzu Kosaka official HP



[PR]
by shobirei | 2016-09-01 21:59 | コンセプチュアル書ART | Comments(2)