人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

梅雨入りのこの頃、

紫陽花に心が和む、

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。



6月15日(土)、早稲田駅近くの夏目漱石山房記念館で、

イギリス人文筆家、評論家、文学博士ダミアン フラナガン氏の講演会が開催されました。

激しい雨の中、熱心な漱石研究者、ファンが集まりました。



フラナガン氏は、既存の日本の文学について、

ユニークな側面から新しい波紋を投げ掛けてくれます

↓ダミアン フラナガン「こころ」
題字・小阪美鈴
a0098174_22315279.jpg


↓ラフカディオハーン「KOKORO」

a0098174_22321287.jpg



フラナガン氏は同時代に生きた、

漱石、ラフカディオハーンの、


「こころ」の表現の相違に注目し、自身の見解を発表されました。

ラフカディオハーンは素晴らしい文章で客観的に日本を写生し

各地で文章を残しているが、


一方、

漱石は内面的な心模様を分析し、


漱石の意識の中にある想像力により、

小説として物語を構築し、

発表したとの解釈を述べられた。



以下は私の少ない知識からの印象だけど、、、

ラフカディオハーンは、


神戸に来たとき、洋風化するのが先進的とする、


当時の居留地界隈や、西洋化に傾く神戸の様子

に嫌悪感さえ抱いていて、

本来の日本は、

地方、奥地に息づいいる文化、暮らしこそが

「日本的」なのだと、感じていると思われる。

ラフカディオハーンには、

日本文化が新鮮に写り、心から日本文化に心酔し、

愛したのだと思う。

外国人から見た当時の日本文化は、

現代にも各地で継承されているのですね✨

文化人類学的かも知れない。


ラフカディオハーンは、
54才で亡くなったけど、
長生きしていたら、

まだまだ見ぬ世界を旅したかも知れないなぁ~
なんて、思う。




↓ダミアン フラナガン著翻訳「倫敦塔」
題字・小阪美鈴
a0098174_23103193.jpg
2005.コロンビア大学ドナルド・キーン日米友好日本文学翻訳賞受賞


↓中扉字・小阪美鈴
a0098174_23105948.jpg


a0098174_10155419.jpg



漱石はロンドンに留学させられたけど、

ロンドンや、イギリス人にあまり関心がなかったようで、

ただ1度「ロンドン消息」を子規に求められて


「ホトトギス」に発表している。



倫敦塔に漱石は行ったが、


見た印象、写生、風景は一切書かず、

漱石の意識の中で想像したファンタジーとして、


「倫敦塔」を発表した。


フラナガン氏は、

漱石の文学は、

内面性を分析し

表した芸術作品と、

語られた。


私は大いに


納得した。



ウィリアム・ホフマン・ハントの

「雇われの羊飼い」の絵画に於ける

画家の内面の解釈、

観賞者の感じ方の

多様性は、

興味深かった。

a0098174_22100815.jpg



ダミアン フラナガン氏は、

ラフカディオハーンの「心」は、

日本国民、日本文化を分析し、


漱石の「こころ」は、


人間の「こころ・秘密」を分析している、
と、

語られた。



講演を拝聴して、

今回の講演は、


正に
ダミアン フラナガン氏の、

芸術観なのだ、


と、

私は

彼の内面の核心を垣間見たのかも知れないと、

勝手に思っているの。





フラナガン氏の講演も、

彼の内面を

彼自身が分析して、

美しい日本語の文章で綴られ、講演された。



絵画も

書も



作品制作過程に於ける、

芸術に対する

思い入れ、感じ方に、

凄く納得し、

力を与えられ、刺激、感銘を受けた私でした✨





漱石、八雲、子規の研究者、ファンと、
興味深い質疑応答中のフラナガン氏


a0098174_22091998.jpg


イギリス人らしいユーモアとウィットで笑いを誘う場面も~😃




昨年以来半年ぶりの再会です✨
a0098174_22112731.jpg


沢山の学び

気付き

刺激

再会

ご縁は

有難い💞



# by shobirei | 2019-06-16 22:27 | 新書道神戸発信女流書家 | Comments(0)

小泉八雲と夏目漱石には、明治を生きた接点が数多くあると思う。

新書道神戸発信女流書道家小阪美鈴です。




漱石は小泉八雲の後任として東京帝国大学に赴任していて、

人気のあった小泉八雲を慕う学生が多く、

漱石の苦労はかなりであったと、伝えられていますね~


明治、大正、昭和の風情の牛込界隈を歩いていると、

小泉八雲と夏目漱石の繋がりを思わずにはいられなかったわ🌠


熊本第5高等学校、東京帝国大学、

又「こころ」と言う同じタイトルの本の共通項があり、

何とも不思議な御二人のご縁✨



2月に神戸湊川神社で

佐野史郎氏朗読、山本恭司氏ギター演奏両氏による


小泉八雲朗読会を拝聴しました。


a0098174_23053172.jpg

曾孫の小泉凡氏、夫人の祥子氏と🥰

a0098174_23055288.jpg

(写真掲載許可を頂いています)

神話の国出雲生まれの私、


松江は何故か身近な空気を感じるのです~🌠





楠木正成をまつる神戸湊川神社、

神戸人は親しみを込めて


「楠公さん」って言いますよ⛩️

a0098174_23045763.jpg


立派な湊川神社神能殿、

a0098174_23051370.jpg



東京漱石山房記念館での

フリーアナウンサー、ナレーター槁野ひろ子氏による

凛とした朗読と、


佐野史郎氏の

八雲の世界を再現する朗読と、

山本恭司氏の卓越したギターの共演が、


私の中で

八雲と漱石の交差点の様に


鳴り響き、交錯してる~✨


島村抱月の死により後を追い、自ら命を絶った松井須磨子の生きた地。
その跡地はひっそりと歴史の現実を伝えてくれる。

情熱的でもの悲しい。


a0098174_21555084.jpg

杉田玄白生誕の地、

今はごくありふれた公園で、

親子が遊んでいた😃

こんな景色に

歴史の深遠さを感じますね~



何故か、

りすちゃん⁉️

a0098174_21591721.jpg



矢来能楽堂

趣ある佇まいで、フツーに存在する

スゴさ🌠
a0098174_22012342.jpg


夏目漱石をシェイクスピアと並ぶ二大文豪と著した、

イギリス人日本文学研究家、文筆家Damian Flanagan氏が訳と評論をされた、

漱石海外版✨

「The Tower of london・ロンドン塔」「門」「草枕」「こころ」の、

タイトル、中扉文字を担当
しています。

アマゾン等、好評発売中✨


拙HPに掲載しています🖌️










# by shobirei | 2019-05-14 21:47 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

神楽坂は懐の深い街であった。


a0098174_23400531.jpg


明治、大正、昭和の時代の風情を纏い、

作家、俳人、能役者、落語家、古典芸能、政治家、


自由人や風流びとの暮らした息づかいや、

そぞろ歩き、色っぽい話やきな臭い話、

そんな話し声が確かに耳元に聞こえてくる。

時代を包み込んできた神楽坂は、

何とも艶やかで、

私はすっかり魅了されている。

a0098174_23440083.jpg



新書道神戸発信女流書道家小阪美鈴です。


5月5日、6日に東京へ行きました
令和の初めの皇居は、すごい人出の中、

お堀の白鳥は、

我知らず~と、

水面を撫でているようで、かわいい☺️


a0098174_22542968.jpg



漱石生誕150年を記念して建てられた

新宿区立漱石山房記念館↓

a0098174_00112361.jpg


モダンで
アットホームで、ユーモアがあり、

知的で居心地が良い。

漱石が晩年の9年を過ごし

亡くなった場所である。



カフェスペースもありますよ。

満席で外国の方が多く、

漱石の文学論が会話され、

本を読む人もいる。

ステキ❤️


児童文学者鈴木三重吉の親友の

加計正文の

ご子孫が

ボランティアで、

素晴らしく高級なマシーンで

こだわりの珈琲を提供してくださっている☕🥧🍵

a0098174_00140348.jpg


漱石も歩いた

牛込、矢来、神楽坂の路地、裏道を

歩いた。

有名な松井須磨子が島村抱月の後追い自殺した話の

ピンポイントの場所に立ち、


能の観世流、落語、など、

心打つ佇まいの裏道の風情・・・

感慨に耽りながら歩いていました。


長く書いてしまいそうなので

次回に続けます~🖌️


村上弘月様、

沢山のご尽力とご縁をありがとうございます✨







# by shobirei | 2019-05-08 22:55 | japanesecalligrapher | Comments(0)

平成31年4月30日、平成の時代が幕を閉じ、

まもなく

新しい日本の時代「令和」の

幕が明けますね~✨


a0098174_22171797.jpg


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


この春は

桜と新しい元号が

かなりの話題となりましたね、


「平成」の時代は

「日本国憲法」による

象徴天皇制が実現されたのだと思います。

「令和」の時代が始まりますが、

新天皇は、

平成天皇皇后両陛下のご意志を受け継いで

平和な日本の象徴として、

存在していただきたいと思います。


退位と言う選択をされた

天皇皇后両陛下は、

我が国の象徴として、

素晴らしく思慮深く御立派な

「人」

であると


私達国民のお手本となりました。


日本という

国の歴史に思いを馳せ、

品位と尊厳を持ちながら、

誇りを持って

世界の中の日本人として、

生きていく姿を見せて頂きました。


新しい「令和」の時代が

明るく楽しく

平和で豊かな国の民として暮らし、


天皇制を考える事を忘れないで居たいと思います。




新しい時代を迎えるワクワクした風潮は、

ステキだと思っています❤️

私も、

自分の心に深く寄り添い、

より良い

明るい方へ~🌹🌺🌸🥀🏵️

向かって歩きたいと思っています。

「令和」の時代が、

思い出に残る暖かい記憶に包まれますように、

祈念致します⭐⭐⭐⭐⭐














# by shobirei | 2019-04-30 21:06 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

パリのノートルダム大聖堂火災の衝撃の映像🔥🔥🔥



新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

a0098174_19115013.jpg


この絵画は私物で数年前、

心身共にしんどかった時に、

お知り合いの画廊でこの

「ノートルダム大聖堂」の作品に出会いました。


作品の前で涙があふれました。

画廊オーナーのMさんが、「どうした( -_・)?美鈴さん」と、

私を察して下さいました。


🌟
作品に出逢って立ち止まり、涙するのは、

何かしらの

深い感情、えにし(古来からの見えない縁)に

由来していると思います✨


即購入を決めました。


以来、私の枕元で、何とも静かに佇んでおります。


🌟
その「ノートルダム大聖堂」が炎上している・・・


日本が源平の合戦のころ、


イスラム文化の美しさの様式を、


カトリックの教会が取り入れた、

歴史上画期的で

かけがえの無い世界遺産が


炎上している🔥🔥🔥





🌟
報道にはイマイチ

不満足に思っていたところ、


指揮者の伊東乾氏の

興味深い文章が目に留まりました。


音楽と、ロマネスク、イスラム文化の考察も読んでみたいです。



🌟
私はかねてから、

建築家と指揮者の頭の中は、

どうなってるんだろう✨と思っていましたが~

やはり、ステキに、フクザツ❤️






http://jbpress.ismedia.jp/


a0098174_20050283.jpg


あこがれの尖塔が焼け落ちた✨


木製だから焼け落ちた✨


木材で無ければ30メートルの高い尖塔は不可能だった✨


🌟
この美は

再建が叶ったとしても・・・

最新の知恵を駆使して再建が叶っても

取り返しがつかないが、


「祈り」を孕む。




しかし、

実在していた

歴史を孕んだ

「美」ではない✨



金閣寺と同じだ✨





小阪美鈴参加プロジェクト↓

ご高覧下さいませ💖





# by shobirei | 2019-04-17 19:11 | 神戸の女流書家 | Comments(0)