人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

毎日新聞朝刊記事2013.1.10

毎日新聞記事


2012.12.28日に「神戸・書道教室 高1女子 被災者への思い書に」を書かれた、毎日新聞神戸支局の内橋寿明記者が、一面トップに渾身の記事を書いておられます。

是非読んでいただきたいと思っています。

涙が止まりませんでした。

震災の記憶の重要さをわすれてはならないと、自分に言い聞かせています。


小阪美鈴オフィシャルHP
by shobirei | 2013-01-10 13:13 | 大震災 | Comments(0)

森繁久弥氏メッセージ

2月3日金曜日、森繁 建氏が拙書「震災の記憶 ・・Let’s not forget THE DAY
」を見に神戸に来て下さいました。

2010年、森繁久弥氏の詩を揮毫させていただいて以来、2回目です。
拙書を見る為に神戸で途中下車をして下さいました。

とっても恐縮致しましたが、御父上の詩を、じっと見つめておられました。

a0098174_21501069.jpg


今日9日、菱の実ギャラリーショーウィンドウから搬出してきました。

三菱UFJ信託銀行の温かいご協力に深く感謝をしています。

小阪美鈴オフィシャルHP
by shobirei | 2012-02-09 22:09 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

森繁久弥氏メッセージ

a0098174_17152764.jpg



1月10日~2月9日迄 「震災の記憶を忘れないで」 書を展示致します。

神戸元町大丸西南角三菱UFJ信託銀行ショーウインドー・菱の実ギャラリーです。

森繁久弥氏が1995年に、神戸新聞に寄稿された「詩」を、2010年に揮毫させていただき、震災の書を2025年まで発表を控える所存でしたが、2011,3,11 の東日本大震災の悲惨さを目の当たりにして、
阪神淡路大震災の被災者として、「思いを共有したい」と思いました。

もし、森繁久弥氏が御存命なら、きっと慈愛に溢れたメッセージを送られたに違いないでしょう。

ご子息の建氏にその思いを伝えましたところ、「お書きください、父もその思いだと思う。」とあたたかく応えてくださいました。

そして、
 「その時にも   絶望するな   久弥」  の色紙を頂戴いたしました。

小さな色紙ですが、その言葉は大きく見る人の心に入り込むと思います。

展示させていただきます。

神戸在住の一書家の思いに応えて戴き、不思議な気持ちでいっぱいです。

  
小阪美鈴オフィシャルHP
by shobirei | 2012-01-02 17:39 | 神戸の女流書家 | Comments(0)