人気ブログランキング |

ブログトップ

光を孕む書道 ~Misuzu-ism~

今日は春の嵐とか、
神戸では恐ろしい程の、

風の音(-_-#)

エミリーブロンテの小説「嵐が丘」の全体にを覆う

グレイの世界・・・

凄まじく吹き荒れる強風の荒野・


窓を叩くのは、

風か、幽霊か~~~~~~

光を孕む書新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です

2018年の夏、

イギリスのヨークシャーで

小泉八雲、エミリーブロンテの研究家により

制作された

日英ウォークインの建築、ビデオ、サウンドのインスタレーション(空間表現)を紹介させてくださ~い☆


平和と感じながらも

窮屈な締め付けの中に暮らす私達ですが、

「オープンマインド・open mind」の世界観を

イギリス人の研究家が

ハーンとブロンテを

比較された空想の世界で

ストーリーを 制作・表現しています


この発想を初めて聞いた時は、

理解が追いつきませんでした~☆

凄いことです

私は驚きの着想に

魅了されています




神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu ・嵐の家」Tokyo での上演に向けて⛩️_a0098174_15235046.jpg



☆嵐の家・日本語パンフレットより☆

支援してくださるIT代表が制作してくださいました✨



神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu ・嵐の家」Tokyo での上演に向けて⛩️_a0098174_15295535.jpg


有り難いです💻🗂️🖱️



Judithからの、紹介文です🌠




[Stormy House/Arashi no ie 嵐の家]  White Stone Arts ~メッセージ

それは小泉八雲の「怪談」と、エミリーブロンテの「嵐が丘」に現れる、現代の子供の幽霊の世界です。小泉八雲(ラフカディオ ハーン)の自伝や彼の日本文化、(日本文化の西の地方の風景の)西洋文化との違いについての著書を深く研究した後、White stone arts

私達主催者3人が2017年に本州の地方都市を旅するための基金を得ました。

松江、京都、神戸というハーンゆかりの地、そして本州北方の遠野、恐山という、霊に深い縁のある地を含みました。

その理由は、私達のショーの核心が、亡くなった子供達とブロンテの子供時代の空想の世界が結合して生まれた、子供の幽霊の存在にあるからです。

笹川財団と大和財団が、共に文化庁と英国国際芸術発展基金と共に、16日間の旅をサポートしてくださいました。

その旅で私達はハーンの曾孫である小泉凡、祥子夫妻、そして神戸発信の書家小阪美鈴と、舞踏家今てん子と村上リコに出逢いました。

これらの人々と、この企画を実現するためのアイデアや、歴史的背景を深めて、イギリスでの公演を行いました。

そのイギリス公演以前の2018年にハワード ムーアという地にスタジオを移す基金を得て、59プロダクツと共に、このショーで組み込まれる幽霊の映像を撮影したのです。

この進行状況下でブロンテNK博物館の協力を得て、小阪美鈴(書家)の為の在留許可を英国大使館より得たのでした。

現在、私たちはまだ訪れたことのない首都東京でのショーの開催を実現するべく、Tokyo Tokyou big world が求める50%の資金のスポンサーとなって頂ける協力企業、団体、もしくは財団を募っています。(東京の団体の協賛がなくてはこのTokyo Tokyo big world には参加が叶いません)

私達の日本での協力団体は東京にはなくて、京都と松江にあり、共に情熱を傾けてきた個々の芸術家も、それぞれ東京の外に拠点があります。Tokyo Tokyo big world その地元東京での母体となる企業や、団体を求めているのです。

ショーはユニークで、子供達にとっても、教育的な意義を多分に持っています。神道とケルト文化の探求、それが持つ女性除外の文化的意味等にも係わる研究です。

このショーが必要とする総額は40,000ユーロ(約400万円)

となります。この金額は日本への旅費と滞在費を含みませんが、この企画が招致に成功し東京での上演が可能となった場合には笹川財団がここに関してのサポートに興味を持ってくださっています。

私達のささやかな、かつ深遠な生と死の魂の経験が、その源となった日本での上演の助けを得られる事を、心より願っています。

  White Stone Arts ,Haworth UK from Judith,Stacey,Simon,Leo and Megan



最後迄、お読み頂きありがとうございます✨📽️🎞️

是非とも、ご賛同を頂き

拡散していただきますようお願いいたします。




,


by shobirei | 2020-01-27 15:57 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

今日は強烈な雨でした。
皆様、大丈夫でしょうか?

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

不朽の名作
神戸から、Uk.ハワース「エミリーブロンテ博物館」へ書アート活動で行きます_a0098174_21553903.jpg

「嵐が丘・Wuthering Heights」

エミリーブロンテ生誕200年記念イベントが
7月1日ハワースの「エミリーブロンテ博物館」で開催されます。

エミリーブロンテは、この名作を残して翌年に亡くなりました。30才でした。

たった一作の不朽の名作を残して。


エミリーの父はケンブリッジ大学を卒業した牧師でした。

3才の時に母親を亡くし、兄姉に先に旅立たれ、
ハワースの荒野で何を思ってこの悲しい名作を書き残したのでしょうか?

今、私はその心理に迫りたいと取り組んでいます。


親愛なる友人であり、
文筆家、評論家Damian Flanagan氏の講演、書のパフォーマンスとトークショー等が開催されます。

小阪美鈴は6月24からWhite Stone Artsのお招きにより滞在し、
「嵐が丘」、小泉八雲「怪談」の不思議な幽霊の世界観を書を用いて映像化するアートに参加します。


この野心的で驚くべき企画をされた、
White stone artsのジュディス、サイモン、ステイシーのイギリス人artistに敬意を捧げます💖


イギリス在住の皆様😍

会いに来てください。そして楽しみましょう。


フラナガン氏は夏目漱石、三島由紀夫研究第一人者であり、拙書の深い理解者でもあります。

イギリスの友人との再会を心待ちにしています。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10155516262175418&id=665915417


by shobirei | 2018-05-13 21:54 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

神戸発信女流書家小阪美鈴です💖


6月23日から7月3日までイギリスハワースで開催されるエミリー ブロンテ生誕200年記念イベントに書家として招いて頂いており、取材旅行に松江の小泉八雲記念館、旧居を訪問いたしました。


神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22011267.jpg

晩年、文字の世界を心象の表現に昇華された

大好きな副島種臣の書が旧居にかかげられており、ドキドキして見入りました。

空海、良寛、副島種臣、私の書の精神の糧です。


明治の幅広い交遊録に思いを馳せ感動いたしました。
神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22023883.jpg


小泉八雲のひ孫にあたられる小泉凡ご夫妻とお話できて、あるイメージを抱く事がありました。

それは、「古事記」にあります。

ハワースでのパフォーマンスに何らかの雰囲気を映像化できるかしら~と思い描いています。


これぞ日本庭園。書を生業としている私も含めて西洋ナイズされた日本人に真の日本文化の深さが沁み入りました。
神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22032298.jpg


明治以降、没落した士族の父が、家を建てるとき、回り廊下にこだわり設計した思いが忍ばれます。

神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22142120.jpg


神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22230748.jpg

松江城天守閣からの眺めはやはりいいですね~

殿、姫はこの様な景色を下界をみていたのかと。


境港ではいとこと御馳走三昧😋

新鮮な岩牡蠣、もさ海老❗️
もさ海老は鮮度が難しくほぼ現地でしかいただけないらしい😋
神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22264287.jpg


さよりのお刺身も都会人には珍しい😋
神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22285913.jpg

もう、満腹

そして一日はブルームーン満月😍

露天風呂からのブルームーン満月はしあわせを約束してくれました🌕

鬼太郎ロードも水木先生のユーモアがいたるところに😁
神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22334689.jpg


神戸に帰って神戸大丸で
オードリー へプバーン展😍

神戸から、松江へ取材旅行_a0098174_22352611.jpg

気品に溢れ、愛に溢れ、美しすぎるオードリーへプバーン

若い観覧者が多くちょっと予想外でした。

「美」は永遠なのです❗️



ハワースでのパフォーマンスにむけて、袴の着付けを学んでいます。

一寸のズレもない完璧な着付けの先生に学んでいます。感謝で一杯です。

11日には東京有楽町の特派員記者クラブでのダミアンフラナガン氏の講演に出席致します。


「今を生きる」小阪美鈴です🌠







by shobirei | 2018-04-05 22:00 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

2018年になりましたね~🎍

健康で暮し、

夢と希望が叶う年になりますように💖


神戸から、新年に思うこと_a0098174_23455647.jpg


新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。

私の座右の銘は「人生賛歌愛の日々」なんですよ✨


座右の銘は、

その時々の心情で変化しているのですが~

窮極、

「人生賛歌愛の日々」が

心模様にピッタリだと、思うに至っています💫

「座右の銘」と言うと、堅いイメージだけど、

「日々、心がけたいハート」ですね💖💜💛


✡️

多分今年も、
神戸から、新年に思うこと_a0098174_23432478.jpg


作品の愚作のヤマ積みを繰り返し、

まだ見ぬ作品への

試行錯誤を繰り返しながら💪


作品の現れるまで、やるっきゃない💪



❇️

神戸から、新年に思うこと_a0098174_23434984.jpg


今年初めての、

満月🌕、super moonの日の決意💜

そんな事思う、

小阪美鈴です🌠


それにしても、凄い月あかりの陰影❕

神戸から、新年に思うこと_a0098174_01283359.jpg



写真、イマイチ~(*゜Q゜*)

納得のいく1年になりますように~🙆🌠✴️🌸💛


春のよろこびを🌸🌸🌸🌸🌸





https://www.youtube.com/watch?v=9W0LkcIQq4s
神戸港開港150年記念兵庫津「経ヶ島」performance








by shobirei | 2018-01-01 23:41 | Japanesecalligrapher | Comments(0)