人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

母校・聖句・イザヤ書

新型インフルエンザで世の中が騒然としていますね。

当書道教室も公の措置に準じてお休みでした。

1週間のお休みなのに、相も変わらず多忙な毎日でした。

西宮に戻っておられたダミアン・フラナガン氏とお会いでき旧交を温めることができ、書から貰った縁をありがたく感じています。

イギリス行きを勧められ、本気になりかけています。



4月に奥出雲へ父の一年祭を行った帰路に、突然愛車が壊れてしまいました。

家に着く直前だったので、「不幸中の幸い」でしたが、、、、フォードのディーラーから「不幸中の幸いですね」と言われたときは、唖然としました。
だって、 遠出の2日前に「遠出点検」を受けて、「これで安心!」と出雲へ向かったんですから。

高速道路のトンネル内だったら、大惨事になっていたかも知れません。

「車検でもわからない故障」といわれ、多額の修理費の見積もりを提示され、  「これって、リコールじゃないの????!」  って言ったけど、本社のフォードが認めないんです、 と担当者も応戦一方!

車を提供する側のエンジンの故障に対する追求心は無いのかと、メーカーの姿勢に不信感を抱きました。


「心の時代」といわれながら、信頼関係を築くのは、お金がからむととたんに薄情になりますねー。


CMでは華やかにカッコいい車の映像が流れていますが、 実際の安全性はどおなんでしょうねー。

でー、7年乗った愛車と突然の別れになってしまいました。


気分も変えて、次の車選びにかなりの時間を費やす羽目になってしまいました。




  以前、ブログにも書きましたが、日本におけるキリスト教保育の創始者であるALハウ先生の座右の聖句「イザヤ書・40章・31節」を書かせていただくという栄を与えられました。
a0098174_23105468.jpg


母校の「同窓会報」の掲載の為、依頼された聖句です。
作品を寄贈のため、神戸の山の手にある母校を訪ねました。

伝統的な佇まいの美しい同窓会館に、何とも言えぬ穏やかな空気に包まれました。
母校の存在することの安定感を感じました。
a0098174_23123164.jpg


学生時代は書家に成るなんて思ってもみなかった。。。

教室で隣に座ったKさんが、「字がきれいねー」 と言ったことを覚えているが、その時私は「Kさんの方が上手やわー」と言ったことを覚えている。

実際、彼女の文字は美しく、今でもそのすっきりした文字に形を思い描くことができる。

私は書くことで自分の内面を浄化させているのかもしれない。

書の道に繋がった「人生の妙」を思わずにはいられない。

 
小阪美鈴HP

by shobirei | 2009-05-24 23:19 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

父の一年祭

a0098174_21432518.jpg


19日の日曜日、昨年4月に亡くなった父の一年祭の墓参りに奥出雲亀嵩に行った。

偲ぶということが、故人が生きていた証なのですね。
声とか動作とか、本当に覚えているものですね。

祖先の墓は小高い山の上に建っている。

生みの父、育ての父、同じ墓地に眠っている。

この場は元あったの神社屋敷に近く、数年前に島根県に土地を提供した際の、代替の土地だという。

私の実家は、天正7年、2000年の歴史があると考えられる仁多郡奥出雲町亀嵩湯野神社に宮司新宮家の祖として神主となり、新しい神宮寺「青竜寺」の僧と共に祭祀に当たったと文献記述にある。

もう家系を継ぐのも「風前のともしび」となってしまった。



宗教的には、宗教ではない位置にあるが、「神道学」を勉強したいと思っている。

自分のDNAを確認したい。

美鈴HP
by shobirei | 2009-04-21 22:04 | 神戸の女流書家 | Comments(0)



7月27日伊丹スワンホールで昨年に続いて「親子で書道にチャレンジ」教室が開催された。
オープニングのパフォーマンスとして「日常生活に書を」という私のポリシーにより、扇子、うちわ、Tシャツに文字を書いた。書を身近に感じてもらえたと思う。

作品制作の様子は次回に書きますね。

文化庁の伝統文化子ども書道教室、伊丹夏休み親子チャレンジ教室等、多くの親子と接する機会が多いですが、今TVでやっている「モンスターペアレンツ」なんて、書道に関心を寄せる意識をお持ちのご父兄とは無縁ですね!!!
どの子も真剣に書道に取組み。完成時には、ガッツポーズもでましたよー。

小阪美鈴HP

by shobirei | 2008-07-28 23:04 | Comments(0)

今、英国人文筆家のダミアン フラナガン氏が、11月講談社より出版予定のため、西宮に滞在しておられる。本のタイトルは「日本文学のスーパースター夏目漱石」。
思えば、フラナガン氏との出会いは2002年の秋である。
長田区鹿松町、「空志堂」のオーナーである友人のMさんからの電話に始まる。
「北野町の神戸ウイメンズクラブで関西在住の外国人に書道の体験と講演をしてもらいたい」
あの日のフラナガン氏を私は今でも鮮明に思い出すことが出来る。
演台で語る私の真正面に腕組みをしながら、ニコヤカに聞いている外国人男性がいた。
通訳の語る日本語のニュアンスより、私の言葉をよーく理解していたと思う。
何故なら、彼はケンブリッジ大学、神戸大学で日本文学を深く研究していたDRであった。
英国での学生時代に4人しかいない日本語科の教師が情熱的に日本を愛していて、その影響が大きいという。
記事、経歴

日本人の知らない夏目漱石」を今までに無い角度から考察、論評を発表する。

2004年漱石著「倫敦塔」の英訳、評論を手がけ、タイトル揮毫の光栄なる依頼を頂く。ピーターオーエン社より出版される。

更に2006年NYコロンビア大学日本文化センター・ドナルド キーン日本文学翻訳賞を受賞。

2006春コロンビア大学にて授賞式、記念講演が執り行われた。
a0098174_0454543.jpg

a0098174_0462878.jpg
a0098174_0465819.jpg

タイトル揮毫の書家として参列の栄を与えられた。
倫敦塔

以降、「門」「こころ」「坊っちゃん」と世界で出版されている。

不思議な「縁」は、続く・・・

美鈴公式WEB
by shobirei | 2007-10-02 01:04 | 書家 | Comments(0)

創作モード

9月も10日になり時のうつろい、流れのはかなさを思う。。。
オーストラリアでの印象的な日々を過去の日々とし、これからの書家としての予定、日程を「足跡」として、自分の美意識の到達点まで持っていく、ストイックな作家としての生活を送っていくことになる。

新作ロゴを書きました。データが出来次第UPしますね。
*三宮生田ロードレストラン「炉壇」
*元町商店街「アパレル かなざわ」
*阪神御影創作居酒屋「なだ番」(東京ミッドタウンの超人気店HAL YAMASHITA 東京のルーツ)

私はストイックな創作生活が一番「自分らしい」と充足感をおぼえる。
1999年の初個展依頼、敬愛してやまない評論家のY氏は:::
制作のほうは進んでいますか? 
いつも心をみずみずしく、がんばってください  
とお葉書を頂きました。
ありがたく涙が溢れた。

2000年の個展以来私の作品に感想を寄せてくださる画家のK氏の、この夏の葉書に記されたアドヴァイスは、ありがたくハッと気付かされた。
~奇麗事に流されず、美鈴さんの心の底から湧き上がってくる前身全能のエネルギーを筆に込めてこれからもさらに、さらに ひたすら願っております。。。
涙が流れました。

豊かで感謝にみちたこの夏のしあわせな記憶を決して忘れない!

ココロが満たされない時、私を覚えていてくださる方を思って、ポッと温かさを戴く。
作家としての自分のアイデンティティーを自覚する。

美鈴の作品が一人歩きして、お役に立っていくと作家冥利ですね。
ジャンルを超えて繋がっていきたい。

最後にゴールドコースト、サーファーズパラダイスの美しい街並みと、Australia Zooのコアラを。。。
a0098174_22295466.jpg

コンパクトなエリアでした。道路を渡ると、広がる海。
リゾートのホテル、コンドミニアム、商店があり、初めてでもわかりやすいですよ。
a0098174_22301751.jpg

コアラを抱っこするのは時間が決まっていました。次回訪れる日の楽しみに。
a0098174_2247486.jpg

a0098174_22291534.jpg


美鈴公式WEB

メインストリートギャラリー
by shobirei | 2007-09-09 22:34 | 書家 | Comments(0)

プリズム

a0098174_22134465.jpgある日の午後のプリズム

書家の生活。
ある日、書くことに格闘していると、以前戴いたプリズムが、昼下がりの光を通して、突然、
我が家の壁に、息をのむほど美しく鮮明に、私の視界に入った!!!

美しいってことは、心を和ませてくれる。。。

ARTの力を信じてます。

BIREI公式WEB
by shobirei | 2007-06-10 22:25 | Comments(0)

サローネ デルロト

6月12日18:30分から奈良本門寺;サローネ デルロトにおいて「21世紀の書」と題してお話をさせていただきます
第486回目の講演会に講師としてお呼びいただきました。

文字は時代背景と共に変化をしてきました。
そんな文字の成り立ち、歴史のお話しばかりだと講義みたいになって、退屈しちゃうので、私の書作品の制作過程を作品を見ながら、お話をしようかなって、考えています。
「書」って難しく思われるみたいだけど、物心ついた頃から身近にあるんですよね。
21世紀を生きている「今、感じられる言葉を文字にする。。。あるいは、ピカソの如く抽象化されたココロの目であらわす。。。」 

思いを巡らしていると、実体が掴めなくなって、カラダとアタマが一瞬分離の感覚に襲われます。
頂いた50分を興味深く楽しんでいただけるように、さらに内容を吟味します。
会いに来てくださいね。
a0098174_23124828.jpg


サローネ デルロト

BIREI公式WEBサイト
by shobirei | 2007-05-25 23:08 | Comments(0)

更新

3月のページを、更新しています。
袴姿でパフォーマンスしています。

必見! !!   

BIREI公式WEB
by shobirei | 2007-05-17 00:14 | Comments(0)

手紙

a0098174_21264574.jpg

最近、お手紙を書きましたか?
今日、鳥取に帰省した時に撮った写真を、ラミネートして送ってくれた従妹夫婦にお礼状を出しました。
毛筆で綺麗な便箋、封筒にお気に入りの文房四宝と共に、文をしたためる時、「書道を長年、やってきてよかったー」って、心底思います。

師は、かねがね、「書を学ぶ究極は、自分の字を書くこと」と言っていました。

古来、文人らの書簡が多く残されていますが・・・

野口英世の母、野口しかは、無学な母でしたが、息子である英世に書き送った、平かなで書かれた文章が、母の息子を思う愛に満ちた手紙として、今も人の心を打ちます。
手紙の真髄はここにあります。
ココロを込めて、手紙を書いてくださいね。a0098174_21513849.jpg
私のルーツ鳥取県「楽楽福神社」

BIREI公式WEB
by shobirei | 2007-05-14 21:55 | Comments(0)

書のある暮らし

私の生活空間・・・

彼方に明石海峡大橋、淡路島をのぞみ、海の色、宇宙の色、風の音を我が物にできる。
夕日の美しさは、生きているって証を実感できる。
中也は「ゆふがた、空の下で、身一点に感じられれば、万事に於いて文句はないのだ。」と「いのちの声」で記している。私は、この一節に痛く共感を覚え、書にあらわしたことがある。

訪れた誰もが感動をもって日没を見届ける。
ウチにきてください。

今日は芍薬が時間ごとにアッと言う間に大輪になってしまうので、経過の美しさを追った。
あやめの、あのまっすぐの潔さにキモチが「凛」と清々しくなります。
a0098174_002434.jpg
[#IMBIREI公式WEB
a0098174_031640.jpg

お気に入りの下駄を置いてみました。
by shobirei | 2007-05-09 00:05 | Comments(0)