ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

書道と言っても現代日本には沢山のジャンルがあります。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。


まずは漢字
これは蘭亭序で、書聖と言われる王羲之が、永和九年西暦353年に名士を招いて曲水に盃を流し、詩を作って遊んだ際の序文が蘭亭序です。
今では正当書道の漢字バイブルであり、知らない人はいないでしょう。高校書道で少しは習ったことが有るでしょう🖌️

a0098174_16150910.jpg


公益財団法人日本書道教育学会の不二誌は戦後から続く歴史ある正当書道の競書鍛練の月刊誌です。
毎月課題が変わり、級、段、師範資格を取得できます。

a0098174_16153521.jpg


↓多様な手本が用意されています。
これは、漢字条幅の6月号の課題ですね。
a0098174_16155802.jpg

↓これは、細字です。
a0098174_16161752.jpg
↑法華経、般若心経も書きます。


↓仮名です。日本の美があります。
a0098174_16164536.jpg


↓これは、新和様と呼ばれる、漢字仮名混じり文です。短歌、俳句や、手紙を書いたりできます。
a0098174_16170415.jpg

この他にも、創作を楽しんだり、展覧会に出品できます。今は「千字文」の大会に向けて頑張っている生徒様もおられます。

昨日の小阪美鈴教室に、美しい老婦人が入会されました。

「こんなお婆さんだけど入れますか?競書に出したら毎月の励みになりますよね😃お稽古は発表会とかあるから頑張るのですからね。人前にさらすということは、とても大事だと思います。」
10級から新しいチャレンジをされます❗️

80ん歳と言われたけど、お洒落で素敵な装いの方です。
「お稽古は何も考えずにパッと入るのですが、外れたことはないです」

「生きて来られた人生」を美しく過ごして来られたのだとそのお姿から感じる事ができました💖

教えることは、教えられる事💖

実感した素敵な出逢いがありました~💓

今日も拙ブログにご訪問いただきありがとうございます🌠

[PR]
by shobirei | 2018-05-10 16:14 | JapaneseCalligrapher | Comments(0)

ライブパフォーマンス

a0098174_21424614.jpg
a0098174_21433389.jpg
a0098174_21434457.jpg


昨日の様子です。
お客様のリクエストにお答えして、「桜」「春を待つ」「陽気」の3点。

書のパフォーマンスを始めて見た、という方が多く、感動した、気が迫って来た、涙が出た・・・等
書家冥利のお言葉をいただきました。

やはり、書のダイナミズムを目の前で体感してから、各々の書作品を見て頂くと、心に染みいるようでした。
その後、ゆっくりと軽食で歓談、ご高覧を頂きました(*^^)v

作品として、表装致します(*^^)v


a0098174_21575399.jpg小阪美鈴オフィシャルHP
 
又お会い出来る日迄、必ず御元気で♡
[PR]
by shobirei | 2014-02-24 21:48 | 女流書家 | Comments(0)

個展4日目

今日は、お天気は良かったのですが、風が強くて寒さを感じる一日でした。

寒い中御来場を、ありがとうございました。

今日は比較的ゆっくりとしていましたので、ゆっくりと書について語ったり、観覧していただけたと思います。

私は、個展会場で一人になった時は、書に囲まれて充足感に満たされます。

作家冥利とでも言いますか。。。(*^^)v

a0098174_154412.jpg


会場2階は自然光が入り、室内はポカポカしていました~


残すところ、あと3日。

思いっきり個展を楽しみま~す(^^♪



小阪美鈴オフィシャルHP

23日(日)個展最終日13:00~14:00
ライブと書のパフォーマンスとお楽しみ打ち上げ会♪
GEST 兵庫3区選出衆議院議員 関よしひろ氏(*^^)v

皆様、お待ちしていま~す(^^♪
[PR]
by shobirei | 2014-02-21 01:11 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

ほっともっと神戸野球場

a0098174_22583769.jpg


ほっともっと神戸球場で今期初花火~~~\(^o^)/

花火大好きの私は、自宅から見える打ち上げ花火を毎年楽しみにしています。

花火の上がる日を確認しておいて、もうそろそろ上がる時間かな?って思っているのですが、
どーーーんという一発目の音にあわててカメラモード(゜o゜)

連写するのですが、稚拙な私にはタイミングが難しい・・・・・

もう夏なんだ~って花火に季節を告げられ、元気をもらっています。



話が飛びますが・・・

最近「書道」に関してギモン???があります。
伝統の古典の基礎を無視しても、「3Dとかを用いた書」みたいなのがもてはやされるんだな~~~~って。。。


墨を磨って毛筆を用い文房四宝の美しさと共に、生きた線を追求するという「書道」とは異なるジャンルになりますね。
古典書道の踏襲をしている文字かどうかは、解る人には判るはず。


自分の書の道を迷いながら歩んで行きます!



小阪美鈴オフィシャルHP

[PR]
by shobirei | 2013-05-22 23:22 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

http://damianflanagan.blogspot.com/↑日本語サイト

マンチェスターと西宮に住まいを持つ、ダミアン フラナガン氏のブログです。
尊敬する友人です。

↓English サイトです。
http://djflanagan.blogspot.com/

訪問してくださいね。

圧倒的な博識と文章に驚かされます。


小阪美鈴オフィシャルHP
[PR]
by shobirei | 2010-12-10 10:21 | 大震災 | Comments(0)

魚崎の歴史文化を学ぶ

19日は郷土の歴史に詳しいN様に魚崎の歴史跡を教えていただきました。
いつも歩いている道が、いわれのある街道だったり、魚崎小学校発祥の覚浄寺も行きました。
震災で倒壊し、寺はありませんでした。

国道43号線は、魚崎の昔の「本通り」でした。今は震災で壊れたが、新しい阪神高速3号神戸線が頭上を走り、阪神間でも、交通量の多い道路です。
a0098174_2152079.jpg
a0098174_21545850.jpg
a0098174_21554259.jpg
a0098174_21562235.jpg
a0098174_2157180.jpg
a0098174_21573434.jpg
a0098174_21581948.jpg
a0098174_2158567.jpg
a0098174_21592640.jpg
a0098174_2202383.jpg
a0098174_2211346.jpg
a0098174_2215648.jpg

a0098174_2245654.jpg


熱心にメモを取る子もいて、難しいけど、何らかの思いは、各々の胸に残ったようです。

感想を、小筆で書きました。
かなり小筆に慣れて、配置もよく考えられるようになってきました。

潜在能力は学習によって、芽生えてくるのですね。

快く、案内を引き受けてくださった、N様ご夫妻、ありがとうございました。
良いお天気で、気持ちのいい一日でした。
 感謝。
[PR]
by shobirei | 2008-10-20 22:27 | 伝統文化 | Comments(0)

私の「書と暮らし」の根底には必ず「美」が存在します。
「美」は身近に存在します。
今日の場合なら、着物の模様、真剣なまなざし、書に取り組む姿、お母様方の温かいお気持ち・・・、そして着付けの先生方の熱意。 うーん、書ききれない!

今日は「愛」に包まれた着物の着付けを習いました。
毎回感じることですが、私たち大人の危惧を吹き飛ばしてくれる、まっすぐなまなざしに感動しています。
着付けを教えてくださった先生方も、「本当によくできましたね、一生懸命の子どもたちの姿に、こころが洗われました」 ととても喜んでいただけました。
書道を通して、すばらしい子どもたちや、多くの温かい方々にお会いでき、そして喜んでいただけるのは、ありがたい事と深く感じています。

自分で着た後で「七夕の願い・空のこころ」を前回に続いて書きました。自分のこころと対話して、文字に思いを表しました。





来週は落款、はんこ作りです。

小阪美鈴サイト

伝統文化子ども教室

日本和装学園
[PR]
by shobirei | 2008-07-07 00:04 | Comments(0)

ひとあし早い春・桜

連日、雲色の空の下、、気分も中々、スッキリとは晴れないですね。

先日
「ひとあし早い春を」と「桜」をいただきました。
温かい心遣いを学びました。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、と言ってね、アッと言う間に日が過ぎるのよ」と母が言っていた。

私は「冬篭り」を決め込みたいのですが。。。
a0098174_22535670.jpg


小阪美鈴オフィシャルサイト
[PR]
by shobirei | 2008-02-12 22:59 | Comments(0)

白い冬

神戸でも雪が降りました。
温かい部屋で降ってくる白い雪を、シーンとした気分で眺めていると、気持ちが落ち着くのです。

何でかなー???って自問してみました。

多分、記憶には無いのですが、

鳥取の母の実家の霞神社で幼い頃、おばあちゃんと室内から人待ち顔で誰かの帰りを待っていたのだ思っています。

白川郷の真っ白な景色に心ひかれるのも、過去のDNAなのだと思っています。

雪篭もりしながら、愛のある暮らしをおくりたい・・・(コレ、潜在意識)

震災の頃も雪が舞っていました。
心には、ガーネットクロウの「この冬の白さに」がながれます。

*数えきれないやさしい思い出を
 この街で君がくれた幸福な時
 まだ色あせずに胸をさす
 強く生きるよ 
 旅立つ君がためらわないように
 強く生きるよ
 最後の雨が虹に変わるよ

 彼女の声、詩、凄いです。
ハートのある優しい男声かと思いました。
魂に響きます。

 いつかお知り合いになって「書」にできるかなー。

三菱UFJ信託銀行ショーウインドウに「震災の記憶・寒椿 この木も震度七を知る」を発表しています。
a0098174_1104449.jpg


小阪美鈴オフィシャルサイト
[PR]
by shobirei | 2008-01-27 11:14 | Comments(0)

神戸から・・女流書展

2008,1月5日からの・・・
小阪美鈴ー新春書展、神戸からの発信・LOVE&PEACE と
2008、1月10日からの「震災の記憶・vol4 」
の制作を終えました。

小橋かおるさんの短歌のおおらかさの中の愛と痛み、叶夏海さんの俳句の繊細な感情の中の愛と痛みに触れながら、「女」の深淵さを拙書で表現しました。

この作業はまさしく没頭しました。書漬けの幸福な毎日でした。
書に因る表現・・・墨・筆・紙の試行錯誤を重ね、文字の線と造形の中に、いかなる思いが詰められているのか・・・
  それが書作品だと思います。
書制作の時間を与えられている「わが道」に感謝。
これ!という作品が産まれるから、HAPPY*

その関連でSUN-TVの収録が拙宅でありました。
1月10日17:00から放映の予定です。
収録風景は平松愛理さんからの画像UPの許可を頂き次第UPします。
a0098174_22273548.jpg


HAL YAMASHITA  東京の実家・なだ番で忘年会をしました

a0098174_22285146.jpg


小阪美鈴WEBサイト
[PR]
by shobirei | 2007-12-23 22:38 | Comments(0)