人気ブログランキング |

ブログトップ

新書道 ~Misuzu-ism~

亡き父が神職宮司をしていた、鳥取県社「楽楽福神社」が私の生家です。

「楽楽福」😃

良い事ずくめの神社です~😄✨🎶

母の話に因ると、亡き父は、私をおんぶして、広い境内を掃き浄めていたそうです。

母から聴いたたった一つの「父と美鈴」のエピソードです。

新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です🌠

a0098174_11181839.jpg




母は、
「私の人生は小説になるわ、瀬戸内寂聴以上だわ」と一度聞いたことがあります。

なぜか、母は、瀬戸内寂聴を「好きではないわ」
と言っていました。


私は瀬戸内寂聴の行間から滲み出る「色気、エロティシズム」につい、引き込まれてかなり読破しましたけどね。



a0098174_11193947.jpg

ユーモラスな「獅子舞くん」

手を叩く音を聞くと、可愛く踊り出します。

神社も色々考えているのですよ😃

a0098174_11211898.jpg

楽楽福神社は、神社庁の鳥取県社でした。

a0098174_11255992.jpg


父は、神社の息子として、國學院大学で学びました。

父は神職の傍ら、短歌の会を主宰したり小説を書いて、「文人墨客」でした🖌️🖌️🖌️

残された写真や、父の書いた小説、短歌にふれてみると、

父は好奇心が強く、旅が好きでハイカラでダンディな男だったと思います。

東京時代には、イギリス人みたいなハットを格好良く着こなしていました。




伯父さん、伯母さんは、書家になった私に

「美鈴ちゃんはお父さんにそっくりで才能を受け継いでいるわ」と、言います。


自分で言うのははばかられますが、

ちょっとは、DNAを受け継いでいるのでしょう❤️
父娘ですから~🌠


由緒ある地に「生を受けた」事を誇りに思います。

a0098174_11215535.jpg



出雲亀嵩の墓参の後は、母の実家の「霞神社」で、一年ぶりに従姉妹達、親戚が集りワイワイお喋り😄

a0098174_11270802.jpg


田舎の「おもてなし」は、沢山食べて~😋😋💖😋😋😋

これでもか、みたいなご馳走を用意してくれます。


夜は、星がクリアに綺麗に見えます✨

北斗七星、流れ星を見ました🌠





帰路、
大山は変わらず「神々しい✨」

a0098174_11272995.jpg



こうして、帰省、墓参で亡き人達を偲ぶ、

と言うことは

亡き人達も、
あの世でニッコリしてくれていると信じています✨

そして自分のルーツの深さを見つめることに繋り、

「今を生きる」一日一日を

「愛を抱いて心映えよく暮らしたい」と、言い聞かせています。


此の世に於ける私のミッションは何か~🌠🌐✨

日々問い続けます。



感謝です🌠


by shobirei | 2018-08-15 11:16 | Japanesecalligrapher | Comments(0)

父の一年祭

a0098174_21432518.jpg


19日の日曜日、昨年4月に亡くなった父の一年祭の墓参りに奥出雲亀嵩に行った。

偲ぶということが、故人が生きていた証なのですね。
声とか動作とか、本当に覚えているものですね。

祖先の墓は小高い山の上に建っている。

生みの父、育ての父、同じ墓地に眠っている。

この場は元あったの神社屋敷に近く、数年前に島根県に土地を提供した際の、代替の土地だという。

私の実家は、天正7年、2000年の歴史があると考えられる仁多郡奥出雲町亀嵩湯野神社に宮司新宮家の祖として神主となり、新しい神宮寺「青竜寺」の僧と共に祭祀に当たったと文献記述にある。

もう家系を継ぐのも「風前のともしび」となってしまった。



宗教的には、宗教ではない位置にあるが、「神道学」を勉強したいと思っている。

自分のDNAを確認したい。

美鈴HP
by shobirei | 2009-04-21 22:04 | 神戸の女流書家 | Comments(0)

父の死

父が4月17日に亡くなった。

島根県士族で代々神官の家の三男だった。
とてつもなくやさしい男前だった。
いつだったか、佐田啓二と言う俳優の写真を見たことがあったが、同じ位ハンサムだと思った記憶がある。

安らかに息をひきとったと言う。妹の安心した表情から読み取れた。

亡くなった夜、聞こえるはずもない「小鳥の明るいさえずり声」が耳元に聞こえた。
その鳥の声を聞いて「父」が私の枕元に「居場所」を伝えに来たのだと思う。

母と結婚してからは、穏やかな人生だったと思う。

「日本の神話」系の本をよく買って帰ってきた。
そのころの神話の残像が私の深層意識に組み込まれているなは間違いない。
今、「書」の道に居るのも、先祖のDNAがある、と思っている。

19日に神社本庁神社神道により葬儀が厳かに執り行われ、家族、親族、関係者に見送られ、穏やかに旅立ったと思う。

女系家族なので、系図が途絶えてしまう。。。

現世ってこの世の契り。。。

輪廻転生、魂は存在します。

我が道である書の道に精進し、明るく心映えよく暮らしたい。

「育ててくれてありがとう。」 感謝。

父を送る。


小阪美鈴サイト
by shobirei | 2008-04-21 01:07 | 女流書家 | Comments(0)